腰痛対策に!整体などのリラクゼーションで和らげよう

腰痛対策は整体

整体などのリラクゼーションを受ける目的として、腰痛といった不調を緩和させたいと希望している方も多いのではないでしょうか。
実際にそうしたサービスにおいては、腰痛や肩こりなどその原因となっている筋肉の緊張を改善させるという効果を謳っているものが少なくありません。

特に近年ではパソコンやスマートフォン、そしてインターネットの普及から、就業先でもデスクワークが増え姿勢が悪化すると共に腰痛といった慢性的な症状を発症しやすい現状があります。
しかし腰痛とは言っても、上記だけの原因によって発症するというわけでもなく様々な症状があるようです。

腰痛の種類はさまざま

実際に腰痛と分類されている症状にはどういったものがあるのか、まずは見ていきたいと思います。

代表的な腰痛の種類としては、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症などが考えられます。このように、症状としてはかなりの分類になるものの、この全てがいわゆる腰痛と言われている状態をもたらしているものです。

腰痛の主たる原因とは?

その原因としては、急激な運動によって負荷がかかり筋肉がキズついてしまったり、また慢性的なものでは筋肉が疲労することによって緊張状態となってしまっていたり、脊柱に負担がかかることによって腰にも影響が表れていたり、加齢といった要因から骨格が変形したり、その他にもなんらかの疾病にかかることによって発症しますが、腰痛の種類によってはその原因がよくわからないというケースも少なくありません。

冒頭でも述べたように、腰痛は現在において実にその症状を持っているという方が多く現代病とも称されているほどで、腰痛を経験したことのあるという方は実に全体の8割もの数に及ぶとされています。

今まさに腰痛に悩んでいるという方も多いと思いますが、その根本的な原因としては人間が二本の足にて歩行するようになったためであると言われています。

進化に伴った腰痛

人間は他の動物と比較すると脳が発達し高い知能を有していますが、その背景として二足歩行を行うようになった折に、脊柱にて脳の重量を支えることが可能となったことから、より脳を発達させることができるようになったためです。
更に二足歩行で歩けるようになると、両手を歩行以外の用途に使用することができるようになり、手によって行う複雑な作業もまた脳の発達を促したとされています。

脳の重量を支えている脊柱は下に向かい腰の部分に接続されていますが、そのために全身の動きを支えるという役割を腰が担うようになっています。
このことから腰には四足歩行の際よりはるかに大きな負荷がかかるようになってしまい、もちろん骨格や骨格を支えている筋肉なども同様に負荷がかかっていることから、なんらかの症状が伴いやすくあるというわけです。

そのために腰痛とされる症状のほとんどは上記の負荷が蓄積したためであるとされており、また現代における腰に負担のかかりやすい姿勢が長時間維持されることの多い状況によって、突発性の腰痛などを発症しやすくもなっています。

おすすめの腰痛対策

そんな人間に発症しやすいとされる腰痛を対策するには、どんな手段を講じればよいのかが気になる部分ではないでしょうか。

冒頭でも述べたように、現在では多くのリラクゼーションをサービスとしている店舗が軒を連ねており、こうした店舗に通うなど比較的その手段は多くあります。
例えば、整体といったマッサージや鍼、灸、または柔道整復術といった選択肢など豊富となっていますので、最寄りの施術院の中から選んでみるのもよいでしょう。

また最近では医療機関でもリラクゼーションの技術を取り入れているところも少なくなく、同時に医療行為としてのケアを受けることもできますので、整形外科の診察を受けてみるのもいいかもしれません。

インターネット上では腰痛に効果があるとされる、自宅で手軽にできる運動やエクササイズ、ストレッチの詳細な行い方が紹介されていたりもします。近年では当たり前となってきた動画投稿サイトなどでも解説動画などを見つけることができますので、こちらも参考にしてみるとよいでしょう。