たるみ毛穴の改善方法は?化粧水を選ぶ4つのポイント

女性が抱える肌悩みの中でもポピュラーな「毛穴の開き」。しかし、その毛穴の開きにもいくつか種類があり、放っておくとシワやたるみに繋がるものがあるって知っていましたか?
それが「たるみ毛穴」!
今回はこの恐ろしい「たるみ毛穴」について原因や改善策をお話し、さらに効果的な化粧水の選び方について紹介したいと思います!


【まだ間に合う!?顔のたるみの原因と自分でできる改善方法!】の記事もおすすめ☆


その毛穴の開き、もしかして「たるみ毛穴」かも?

毛穴の目立つ肌

https://www.shutterstock.com/home

毛穴が目立つ理由には、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 遺伝や先天的なもの

毛穴の大小には個人差があり、もともと毛穴が大きい人は思春期以降、開きやすくなったりニキビができやすくなります。

  • 角栓の詰まり

いわゆる詰まり毛穴。皮脂と角質が詰まった状態で、肌質的な要因もありますが、洗浄不足や誤ったスキンケアなども原因になります。

  • たるみ毛穴

加齢によって毛穴がたるみ、開いて目立つようになった状態です。原因は加齢とはいえ、早ければ20代後半くらいから見られる場合も。

誰しもどれかひとつくらいは経験があるのではないでしょうか?とくに、思春期なら角栓の詰まりによる毛穴の開きはポピュラーなトラブルです。
しかし、思春期以降の毛穴の開きの場合、気を付けたいのはたるみ毛穴

3つの毛穴トラブルを一目で見分けることはなかなか難しいものですが、もしあなたが「昔はこんな毛穴じゃなかった」「角栓が詰まってるわけじゃないのに毛穴が開いてる?」なんて感じる場合は、たるみ毛穴を疑うべきでしょう!

たるみ毛穴っていったい何?原因は?

実際、たるみ毛穴とはどんなものなのか?加齢が原因とは言うけれど、根本的な原因は?
ここではそんな疑問を解決していきましょう!

毛穴がしずく型にたるむ!

たるみ毛穴はある程度年齢を重ねることで万人に見られるものであり、けして珍しいものではありません。近くに鏡がある人は、顔の中でも目立つ毛穴の場所や形をチェックしてみましょう!たるみ毛穴は鼻周りや頬などから目立つようになり、その特徴はよく見えると毛穴が縦長に見えること。開いた毛穴はよく「しずく型」と形容され、その形から「涙毛穴」や「帯状毛穴」と呼ばれることもあります。

たるみ毛穴の原因は?

たるみ毛穴はその名の通り、毛穴の周りの皮膚がたるむことで引き起こされます。たるみはコラーゲンやエラスチンといった、皮膚の弾力を保つ組織の減少や劣化によるものですね。さらに細かく言うと、コラーゲン・エラスチンを生み出す線維芽細胞の衰えが根本的な原因です。


【まだ間に合う!?顔のたるみの原因と自分でできる改善方法!】では、顔のたるみについて詳しく説明しています☆


ではなぜ線維芽細胞は衰えてしまうのでしょうか?
その要因はいくつかありますが、1番大きいのは加齢です。
そのほか、紫外線や睡眠不足、女性ホルモンであるエストロゲンの乱れや減少、喫煙習慣なども無視できません。これらは加齢によるたるみをいっそう加速させてしまう要注意事項です。

たるんだ毛穴

引用https://www.shutterstock.com

また、中には「たるみは顔全体で起こるものでは?どうして毛穴の周りだけたるむの?」と疑問に思う人もいるでしょう。
紫外線・ホルモンの乱れ・喫煙以外にも、実は皮脂もたるみの大きな要因です。

みなさん、毛穴に詰まった皮脂が酸化し、過酸化脂質という物質になるのをご存知ですか?これは肌にとって有害な物質で、毛穴周辺の老化を促してしまうのです。鼻や頬は顔の中でも毛穴が開きやすく、皮脂も詰まりやすいため、結果的にたるみ毛穴になりやすいというわけですね。

放っておくとどうなる?

小ジワに悩む女性

https://www.shutterstock.com/home

では、たるみ毛穴をそのまま放っておくとどうなるのでしょうか?加齢によるたるみは自然現象だから、放っておいても害はない?
いいえ、そんなことはありません!確かに原因が老化のみのたるみ毛穴は一種の自然現象です。しかし、だからといって放っておくと、シワができやすくなり、ますます肌を老化させてしまうのです!

なぜなら、顔は表情によって細かく、頻繁に動くパーツ。開いた毛穴が頻繁に折りたたまれれば、シワができやすくなるのは当然ですね。
これは、まっさらな厚紙を折るより穴がたくさんあいた厚紙のほうが折りたたみやすく、折り目がつきやすいのと同じ原理です。

たるみ毛穴を改善する方法はこれ!

たるみ毛穴の改善を目指すなら、次に紹介する2つのアプローチが有効です。

コラーゲン・エラスチンの増加および強化

毛穴周りのコラーゲンやエラスチンが減少してたるんでしまったのなら、これらをを強化して、肌に弾力とハリを蘇らせるのが1番!つまり、線維芽細胞の働きを強化する、あるいはコラーゲン生成に必要なものを外側から補給してあげるということですね。

まずは、紫外線対策をしたり食生活や睡眠習慣を見直したり、日常的に喫煙している人は禁煙を目指して本数を減らすなどしてみましょう。一般的なエイジングケア商品をスキンケアに取り入れるのも効果的です。

肌代謝(=ターンオーバー)を促して線維芽細胞の働きを促進するなら、適度なピーリングも効果を望めるでしょう。ただし、ゴマージュタイプやスクラブタイプは肌への摩擦が刺激になりやすいのが難点。赤みや黒ずみを誘発したり、たるみ毛穴が発生しているときは小ジワも引き起こしやすいため、できるだけ摩擦の少ないミルクやジェルタイプを選ぶといいですね。

適切な皮脂ケア

分泌された皮脂が過酸化脂質になるのを防ぐ、あるいは皮脂分泌そのものを抑制するのも効果的でしょう。
生まれ持った毛穴や皮脂腺の大きさは変えられませんが、たとえ脂性肌の人でも、ある程度皮脂の量をコントロールすることは可能です。例えば、毛穴引き締めや皮脂分泌抑制作用のある化粧水をスキンケアに取り入れる、なんていうのはとっても簡単ですよね。また、食生活に気を付けて油ものや甘いものを少しだけ控えるようにしたり、適切な頻度を守ったピーリングや毛穴パックも有効です。

毛穴パックをする女性

https://www.shutterstock.com/home

意識して日常的に取り組むケアとしては、あぶらとり紙を使って皮脂をまめに取るのも大事。「あぶらとり紙=皮脂を取り過ぎてしまう」と思っている人も多いかもしれませんが、それは誤解です。皮脂は固体と液体が混ざり合ったもので、あぶらとり紙でその全てを吸い取ることはできません。べたつきが気になる人は、毛穴が詰まったり開いたり、ニキビができるなどのトラブルに見舞われる前に、積極的にあぶらとり紙を使うといいでしょう。

たるみ毛穴のケアに効果ありな化粧水は?

コラーゲンやエラスチンを強化したり、皮脂分泌を抑制する成分はいくつかあありますが、化粧水に配合できるもの=水溶性のもので、肌への刺激が少ないものとなると、ある程度種類が限られてきます。というわけで、ここではたるみ毛穴の改善に効果的な化粧水の選び方について、ポインを4つに絞って紹介しましょう!

ポイント1 ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンCを象徴するレモン

https://www.shutterstock.com/home

ビタミンCはコラーゲン生成に欠かせない栄養素ですが、肌への浸透率はいまいち。ビタミンC誘導体はそんなビタミンCを肌に浸透しやすい形に加工したものです。わずかながら皮脂分泌抑制作用もあるので、コラーゲンの生成促進に加えて過酸化脂質の生成予防にも役立つでしょう。ピーリングしたあとにイオン導入するとさらに効果的なので、これを機に家庭用のイオン導入器の購入を検討してもいいかもしれませんね。

ポイント2 ヒアルロン酸配合の化粧水

ターンオーバーや水分保持力、肌を外部の衝撃や有害物質から守るバリア機能など、基本的な肌機能を正しく働かせるためには十分な水分が必須です。そこで役に立つのがヒアルロン酸。1gで2~6Lもの水分を保持することができる優秀な保湿成分なので、継続して使い続けることで肌機能が回復し、線維芽細胞の活性化も期待できます。前述のビタミンC誘導体はとても優秀な成分ではありますが、場合によっては乾燥を促すこともあるため、ヒアルロン酸も一緒に配合されているものを選ぶといいですね。

ポイント3 ナイアシン配合の化粧水

ナイアシンとはビタミンB3のことで、コラーゲンを増やす作用をもっています。ビタミンC誘導体よりも刺激が少なく、敏感肌の人のたるみケアに向いている成分です。もともと肌が弱め、ニキビなどのトラブルを抱えている、周期的に肌が敏感になりやすい、といった人は、意識的にビタミンC誘導体よりナイアシンを選ぶといいでしょう。
ちなみに、ナイアシンは保湿性もあるので乾燥肌の人にもぴったり。乾燥肌に悩んでいる人は、「乾燥肌のケアは正しい化粧水選びから!大事な3つのポイントとは?」もチェックしていくださいね。

ポイント4 抗酸化物質配合の化粧水

植物エキスのイメージ

https://www.shutterstock.com/home

紫外線や有害物質、ストレスなどによって発生する活性酸素は、肌細胞やコラーゲン線維を傷つけてたるみやシワを加速させてしまいます。これに打ち勝つためには、抗酸化物質が配合された化粧水を選ぶのがベスト。
すでに紹介済みのビタミンC誘導体やナイアシンも抗酸化物質のひとつですが、そのほかにも、カテキン、リコピン、オウゴンエキス、多くの植物エキスなどに抗酸化作用が認められています。植物エキスは肌への刺激性も低い傾向があるので、おすすめですよ。

今ならまだ間に合う!たるみ毛穴を解消してエイジレスな肌へ

たるみ毛穴のケアには根気が欠かせません。1週間、1ヶ月間、半年間ケアを続けただけでは期待する効果は見えないこともあるでしょう。しかし、効果のあるケアを確実に積み重ねていけば少なくとも悪化することはありませんし、諦めなければいつかきっと実を結ぶはずです!今回紹介した化粧水を使ったセルフケアやピーリングの実践、加えて生活習慣を見直すことで、少しずつ肌にハリが蘇ってくるでしょう。
また、サロンで行う毛穴の吸引や高保湿のトリートメント、血行を促進して肌機能を回復させるフェイシャルマッサージなども高い効果が期待できます。専門家の力を借りて、賢くエイジレスな肌を目指しましょう!


エステを探すなら【EPARKリラク&エステ】のクーポンを使ってお得に美肌ケア♪
EPARKリラク&エステ

引用https://mitsuraku.jp/genre-facial/


ayame07プロフィール写真〈この記事を作成したのは〉
Ayame
北海道在住。化粧品会社で研究職をしていた知識を生かし、現在は主に美容系のライティングを行っている。薬事に関わる仕事をしていたため、化粧品の安全性や品質に関する分野や肌生理学が得意。