【元エステティシャンが教える】肌のくすみの原因とは?くすみ改善には原因の見極めが大事

〈この記事を作成しているのは〉
Marie
◎プロフィール
海外在住のライター。エステティシャンとして働いていた経験を生かし、美容系の記事をメインにライティングしている。メイクやスキンケアについての情報を集めるのが好きで、常に最新情報を検索しながらキレイを模索中。

 

肌にくすみが見られると、メイクをしても冴えない雰囲気になります。できれば早く解消したいものですが、くすみを解消するためには、まずは原因を見極めることが大切。今回は肌のくすみでお悩みの方のために、肌のくすみの原因とは何なのか、解説していきたいと思います!

肌のくすみとは?

よく「肌がくすんでいる」とはいうものの、どういう状態の肌のことをいうのかよく分からないという人もいますよね。

肌のくすみとは、肌の透明感が失われて、なんだか肌がどんよりとした感じになる状態のことをいいます。色としては少し暗めの色で、日焼けした後のような小麦色の健康的な肌色ではなく、影があるような薄暗い肌色です。

肌のくすみが起こるとどうなる?

肌にくすみが見られると、メイクの仕上がりがパッとしません。肌色が暗いので不健康に見え、「体調が悪いの?」と聞かれることも多くなります。また、肌の透明感が失われるので、老けて見られることもしばしばです。

最近、「顔色が悪いけど、疲れているの?」と言われることが増えたり、ベースメイクの仕上がりに満足できないことが多かったりするという人は、肌のくすみが原因なのかもしれません。

肌がくすんでいる女性

引用https://www.shutterstock.com

どうして肌はくすむ?肌のくすみの原因とは?

年齢を重ねるにつれ、いつしか見られるようになる肌のくすみ。肌のくすみの原因とは、何なのでしょうか?

実は、肌のくすみはひとつではなく複数の原因が考えられます。肌のくすみを解決したいなら、まずは自分の肌の原因がどれなのかを見極めることが大切です。そうすることで、どのように対策を講じればいいのかが分かってくるからです。

では、代表的な肌のくすみの原因をご紹介していきますので、自分の肌のくすみはどれに当てはまるのか探してみてください。

肌のターンオーバーが低下している

くすみの原因のひとつが肌のターンオーバーの低下。肌のターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクルのことをいいます。わたし達の肌は通常28日周期で生まれ変わっており、その肌のターンオーバーが正常に行われることで、肌に傷がついても治り、日焼けしても肌が白く戻ることができるのです。

しかし、肌のターンオーバーは加齢や食生活などの影響で低下するもの。肌のターンオーバーが低下すると、本来肌から剥がれ落ちるべき古い角質が肌の表面にとどまってしまいます。そのため、肌の透明感が失われ、肌がくすんでしまうのです。

30代を過ぎている人、肌のツヤ感が失われてきたと感じる人、睡眠不足などが多い人は、肌のターンオーバーの低下によるくすみが原因の可能性があります。

 

肌くすみ

引用https://www.shutterstock.com/download

紫外線の影響が原因

紫外線を浴びすぎることも、くすみを引き起こす原因のひとつ。紫外線を浴びすぎると、メラニン色素が大量につくられてしまいます。通常、つくられたメラニン色素は肌のターンオーバーによって排出されますが、メラニン色素がつくられ過ぎてしまうと、うまく排出されなくなってしまいます。そのため、メラニン色素が肌に残ってしまい、肌をくすませてしまうのです。

日頃、外で活動することが多い人、日焼け止めは海に行く時くらいしか使用しないという人、ちょっとした外出なら帽子や日傘は使わずに外出するという人は、紫外線によるくすみの可能性があります。また、夏の時期に急に肌のくすみが気になり始めたという場合も、紫外線がくすみの原因かもしれません。

 

紫外線を受ける女性

引用https://www.shutterstock.com/download

肌の乾燥が原因のことも!

肌の乾燥もくすみの原因です。もし、肌がカサつきやすかったり、肌がシワっぽくなりやすかったりする場合は、肌の乾燥がくすみの原因として考えられます。冬になって肌のくすみが気になりだしたという場合も、乾燥によるくすみの可能性があります。

透明感やツヤ感のある肌とは、肌がみずみずしくうるおっている状態です。逆に肌のうるおいが失われて乾燥すると、肌のツヤは失われ、肌のキメも粗くなってしまいます。そのため、肌にくすみが見られるようになるのです。

 

引用https://www.shutterstock.com/download

血行不良によるくすみもあり

血行不良によってもくすみが引き起こされることもあります。血液の流れが悪いと、肌を巡る血液の量が減少し、肌の黒ずみなどが目立つようになってしまうのです。また、目の周りなどに血液がたまると、その部分に青クマができてしまい、それが顔のくすみを目立たせてしまうことも。

冷え性の人は血液の流れが悪いので、肌のくすみが起きやすい傾向にあります。また、慢性的に血液の流れが悪いと、肌のターンオーバーの低下を招きます。そのため、透明感のないくすみ肌になることもあります。

 

引用https://www.shutterstock.com

肌の糖化が原因

肌の糖化もくすみの原因です。糖化とは、食事などで取り入れた糖が体内のタンパク質と結合することをいいます。糖化したタンパク質は、最終的にAGEsという物質に変化します。そして、体内でAGEsが増えると、肌が黄ばんで黄くすみの原因となります。

糖化の原因とは?

糖化の主な原因は、糖分の取り過ぎです。甘いものを食べるのが好きな人、炭水化物中心の食生活を送っている人は、糖化によるAGEsがつくられやすくなります。糖化によるくすみを避けるためには、糖質の多い食べ物を控えること、また食事の際は野菜から食べて、血糖値の急上昇を防ぐようにするなどが効果的です。

引用https://www.shutterstock.com/download

化粧品の成分がくすみの原因となることも。

化粧品が肌のくすみの原因となることがあります。開封した化粧品を1年、2年と使い続けると、化粧品に使用されているオイルが酸化してしまいます。オイルが酸化した化粧品を使ってメイクをすると、肌が炎症を起こしてしまい、くすみが引き起こされてしまうのです。

化粧品の成分によって起こるくすみは、一般的に油やけと呼ばれています。昔の化粧品は純度が低いオイルを使っていたために、不純物が酸化して油やけが起きることがしばしばありました。しかし、最近は石油の精製技術が向上したために、新しい化粧品を使って油やけをすることはほとんどありません。ただ、開封して1年、2年とたった化粧品は徐々に酸化するため、古い化粧品を使ってスキンケアやメイクをすると、油やけしてしまうことがあります。

 

引用https://www.shutterstock.com/download

毛穴の汚れもくすみにつながる

毛穴で悩んでいる人も少なくないと思いますが、毛穴に汚れが詰まると、それがくすみの原因になることも。メイクがきちんと落ちていなかったり、皮脂が毛穴に詰まったままだったりすると、それが酸化して肌が黒ずんできます。そのため、くすんだ顔になってしまうのです。

脂性肌の人、メイク落としにあまり時間をかけない人、メイクを落とさずに休むことが多い人は、毛穴の汚れがくすみの原因の可能性があります。

 

引用https://www.shutterstock.com/download

喫煙

喫煙も肌のくすみの原因のひとつ。なぜなら、タバコを吸うと血液の流れが悪くなり、肌色が暗くなりがちになるから。また、血液が細胞に十分な栄養分や酸素を運べなくなってしまう為、肌のターンオーバーが低下してしまいます。なので、喫煙者はそうでない人に比べて、肌がくすみやすくなります。

引用https://www.shutterstock.com/download

くすみの原因が分かったら早めに対策を!

代表的なくすみの原因を挙げましたが、自分の肌のくすみがどの原因に当てはまるか分かりましたか?原因が分かったら、くすみの原因となっている要因を取り除くことで、くすみを改善していくことができます。同時に、肌のターンオーバーを高めたり、肌の血行を良くしたりするためにできることを行っていくようにすると、くすみを改善する効果が高まるでしょう。肌のくすみを放置していると、どんどんとくすみがひどくなる可能性が高いので、早めに対策を講じることは大切です。

くすみ改善にも効果的!リンパマッサージのやり方はこちらから