マッサージ店を開業するならあん摩マッサージ指圧師の資格が必要?

ブームとなり、様々なリラクゼーションがサービスとして提供され、現在では多くの店舗が軒を連ねています。
こうしたリラクゼーションについて、最近では団体などが民間資格を発行している状況も多くなってきています。
しかしあくまで民間資格ですので、きちんと国に認められた資格ではないことから、その信頼性については個人で判断するしかありません。
ですが、マッサージのための国家資格も存在しており、あん摩マッサージ指圧師が該当するものです。
言い換えるのであれば、このあん摩マッサージ指圧師の資格を持っている方のみがマッサージ店を開業することができるということになります。

現在においてリラクゼーションをサービスとして提供している店舗は、コンビニエンスストアより多い状況となっているようです。
中には現在そうしたリラクゼーションの店舗にて働いているという方も少なく無いと思います。
将来的には独立開業といった意気込みを持って働いている方も多くいると思いますが、そのためにはやはり資格を所持しておきたいところではないでしょうか。
マッサージを行うという店舗を開業したいと考えるのであれば、先でも述べたあん摩マッサージ指圧師の資格を取得するのがベストでしょう。
しかし現状ではリラクゼーションというジャンルはかなり多岐に渡っていますので、場合によってはその他のリラクゼーションを開業したいというケースもあるかもしれません。
国家資格として存在しているリラクゼーションのジャンルには、あん摩マッサージ指圧師以外にもはり師、きゅう師、そして若干リラクゼーションとは違うものの、柔道整復師も最近では注目されている資格の一つです。

マッサージの業務を行っていない、あくまで施術を受ける一般的な側からすると、リラクゼーションの店舗で行われている施術はその全てをマッサージの一言で済ませがちですが、厳密には異なってくる部分もあります。
というものの、前述の通りにマッサージ店として営業するのであれば国家資格が必要となってくるからであり、あん摩やマッサージ、そして指圧に該当しない外国の技術、または独自に考案されたようなリラクゼーションは、現状マッサージの類似行為として認識されているために、あくまでマッサージの類似行為をサービスとして提供する店舗を開業するのであれば、あん摩マッサージ指圧師の資格は必要ないという点があります。
簡単に言うと、一見マッサージには見えるものの看板や広告上にてマッサージやあん摩、指圧という言葉さえ使用しなければ、無資格にて開業は可能であるということになります。
しかしながら完全に無資格にて開業したとしても、一般的な客側から見ると信頼性が低い店舗と見なされることも考えられますので、民間資格程度は取得して開業することが望ましいと言えるでしょう。

民間資格を取得する場合、その資格を認定している団体の指定校などにて課程を履修することによって、より有利に資格を取得することができるようになっています。
どこの学校などが指定校になっているかについては、その資格を認定している団体の公式サイトなどにて確認することができます。

一方、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師については、やはり若干敷居が高く設定されているようです。
その受験資格を得るには最低三年間の学習が必要となることから、その分費用も高くなってしまう傾向にあります。
ですが、もちろんあん摩マッサージ指圧師の資格ならば民間資格と比較すると様々な点で有利となりますので、マッサージ店を開業するにあたってはなるべく取得しておいたほうがよいでしょう。
また独立開業するにしても、施術師としての技術や資格だけでなく経営能力も問われてくることになりますので、そのための勉強も欠かすことはできません。