整体師として開業する料金は安い方がいい?

整体などリラクゼーションをサービスとして提供している店舗の金額を見ると、時間当たりで固定となっている場合がほとんどです。

相場で言えば一時間あたり1,000円ほどとなっていることが多く有りますが、個々の店舗によっては相場より安かったり逆に高かったりと幅があるのがわかると思います。

もちろん整体を受けたいと考えている方にとっては、安ければ安いほど経済的にも負担が少なくなりますので望ましくあると言えるでしょう。
ですがあまりに安ければ、安かろう悪かろうといった言葉もあるように、その施術の質に対して懐疑的となってしまう部分もでてきますので難しいところではないでしょうか。

価格競争は本当に重要なのか?

現状を見てみると、リラクゼーションは日本において大きなブームとなっていることから、そんなサービスを提供している店舗が実に多く存在しています。

同業者が増えてくると、それに伴い起こるのが価格競争です。
他店より安くサービスを提供することができれば、もちろんそれを目当てとして利用客が料金の高い店舗より偏る傾向となるためです。

言うなれば薄利多売を目的として営業していくことになるものの、果たしてこの方法は整体師ならびにリラクゼーションをサービスとする店舗にとってベストな経営方法と言えるのでしょうか。

価格の決め方

もちろん安ければ安いほどそれを目当てに利用客は増える傾向にあるものの、結果を見ればあまり経営者としての成功例は少ないそうです。

これはなぜかというと、例え利用客が増えたとしても利益がそれほど増えないどころか、施術者の疲労が溜まっていき最終的には立ちゆかなくなるためだと言われています。

では逆に高くすれば良いのかというと、やはり高い金額となると消費者の心理としては出し渋ってしまう面が出てきますので、単純に高ければいいというわけでもありません。
じゃあどうすればいいんだということになってきますが、利用者が納得できる価格において質の高いサービスを提供することがまず第一ではないでしょうか。

質の高いサービスを目指す

施術の質も当然ながら重要な要素ではありますが、リラクゼーションは客商売ですので利用者への応対も大事です。
例え施術そのものは素晴らしくとも、施術者が無愛想ならば今後その店舗を利用したいという考えには行き着きにくくなってしまいます。

つまりはリピーターとなってもらうためにも、利用客に心身ともに気持ちよくなってもらうことを考える必要があるということです。

これは開業しているという整体師だけではなく、店舗に雇われている立場の施術者にとっても同様のことが言えます。
本当に質のよい接客を含むサービスを提供することができるのならば、多少高いと感じる金額であったとしても利用客は増えていくことでしょう。

お店選びは慎重に!

しかし残念なことに、近年ではリラクゼーションがブームということから、それだけに悪質な店舗も少なからずあるようです。

例えば詐欺目的であったり、いわゆるぼったくりなどの元々から良くないことを考えて開業されている店舗や、またはそうでなくとも事故などの件数も増加傾向にあります。
利用客から見ると初見ではそうした店舗なのか、はたまた良質な店舗であるのかは区別がつきません。

これから整体などのリラクゼーションを受けたいと考えている方は、なるべくこうした悪質な店舗は避けるようにしましょう。