整体で身長が伸びた!?整体と身長・ホルモンバランスの関係

何らかの原因によって、成長期であっても身長が伸び悩んでいるという症状を持つ方がいるようです。

成長ホルモンの分泌が抑えられてしまう要因としては、過度の運動や酸性の強い食べ物を食べ過ぎたり、または甘い食べ物と食べ過ぎたりすることが考えられています。
逆に牛乳を飲んだり、早い時間から良質な睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌されやすくなるそうです。

身長はホルモンバランスが関係している?

幼い頃では女性と男性の身長に関してそれほど大きな差が見られません。
しかし成長期の際に、女性は初潮を迎えることによってホルモンバランスが女性ホルモン側に偏り、身長が伸びなくなってしまいます。
女性ホルモンは成長期の折に身長を伸ばし、その後は身長を抑えてしまうという特徴を持っているために、早期に初潮を迎えてしまうとその分身長が伸び悩んでしまうことになってしまいます。
ですので男性の場合も幼いころに男性ホルモンの割合が高過ぎると、これが原因となって成長が伸びなくなってしまうことがあります。

もちろん成長ホルモンの働き以外にも、身長が伸びるかどうかについては身体の代謝も関わってくる部分です。
ですので普段の生活習慣が乱れていれば、身体が本来の代謝を行うことができずに身長が伸びないといった問題に繋がることもあるかもしれません。

身長が伸びなくなる原因としてはホルモンだけの問題ではなく、遺伝的な問題も関わってきます。
統計から身長が伸び悩む傾向を見てみると、遺伝が原因となっているケースは約25%ほどで、残りの大部分である約75%は生活習慣が主な原因となっています。
ですので、現在成長期を迎えるお子様をお持ちの方は、将来のためにも生活習慣については注意したほうがよいでしょう。
例えば食生活が乱れており必要な栄養が摂取できない場合や、睡眠が不規則で十分な休息が取れていなかったり、または強いストレスを感じていたりすることが該当しますので、心当たりがあるという方は改善することをおすすめします。

整体と身長

こうした身長が低いことに対する治療に関しては、冒頭でも述べたように医療機関で治療しようとすると高額な料金がかかってしまいます。
経済的な理由によって諦めなければならないのか、というとそうでもなく、意外なところで悩みを解決できたという話もあるようです。
それはなにかというと、整体によって身長が伸びたという報告例があります。
この報告例の特徴として成長期の子供だけではなく、成長期を遥かに過ぎた老齢の方に対しても数センチも身長が伸びたというケースが存在しています。
もちろん全ての整体において身長を伸ばす効果があるというわけではありませんので、身長の低さを整体でどうにかしたいと考えるのであれば、まずはお住まいの最寄りの整体院などにて身長を伸ばしたいという旨を相談してみるとよいでしょう。