整体の料金相場・保険の話

健康ブームから近年ではリラクゼーション関連が注目を浴びており、それに伴い多くのリラクゼーションをサービスとする店舗が開業するに至りました。
そうしたリラクゼーションのサービスの一つとして比較的ポピュラーなものに、整体と呼ばれる施術があるのをご存知かと思います。

この整体は昔から日本において民間治療として存在していた技術ではありますが、現在における整体は海外由来の技術や知識が取り入れられており、店舗ごとに整体と一口に言ってもその内容は異なったりする部分も見られ、他のリラクゼーションと組み合わされたものなどの派生版とも言える整体も少なくありません。
こうした多くの整体をサービスとする店舗が軒を連ねる中、利用者にとってはよくわからない部分もあったり、それに伴い料金設定が曖昧であることから高額な請求をされてしまったというトラブルも起こっているようです。

整体院の料金設定の相場

主に整体を行っている施術院としては整体院があります。
似たようなものとしては接骨院や整骨院、または整形外科のような名前が近しいものがいくつかあるのをご存知かと思いますが、それぞれの違いについてはどうでしょうか。

まず整体についてですが、これはあくまでリラクゼーションとしてのサービスを行っている店舗で、平均的な料金の相場としては3~5,000円あたりとなっています。

接骨院や整骨院の場合、名前が似ていることから整体院と混同されがちですが、実はまったく違うものです。
接骨院や整骨院で行われている施術は柔道整復術と呼ばれるもので、こちらは整体とは違って国家資格が存在するという点が異なります。

この柔道整復術の特徴として、医師以外に軽いケガ程度に留まるものの治療行為が認められている唯一の資格であり、その治療には保険の適用も可能となっています。
ですので治療内容によって料金が変動するという部分があり、安ければ数百円程度で済むこともあるものの、治療内容次第では数千円請求されることもあるでしょう。
もちろん、接骨院や整骨院を開業するにあたっては柔道整復師の資格がなければ違法となってしまいます。

整形外科の場合は最近ではクリニックといった医療機関も少なくないために、比較的混同されることは無いかと思います。
医療機関にもよりますがその内容は様々で、整体のような技術を取り入れているようなところもあれば、審美性のための外科手術を行っているところも多くあります。

整体に保険は適用できる?

よくあるケースとしては整体では保険は適用することができないのか?という疑問があるようです。
先でも述べたように整体はあくまでリラクゼーションであり、治療行為として施術されているものではありません。
柔道整復術のような国家資格も存在していませんので、あくまで整体をサービスとして提供する場合は無資格にて開業することも可能です。
もちろん料金設定も個々の店舗によって自由に設定することができますので、場合によって数万円といった高額を請求されるようなケースも仕方ないといえば仕方無いと言えます。
当然ながら国家資格がないということは政府から認められた施術ではありませんので保険を適用することはできません。

実際に整体における料金設定が高いか安いかについては、ある程度相場はあるものの個人個人で判断するしかありません。
値段相応のところもあれば、値段に見合わないようなところもあるでしょうし、逆に体感効果は優れていれども非常に安くサービスを提供している場合も考えられます。
冒頭でも述べたように近年では店舗が増加傾向にあることから価格競争といった動きもみられますので、全体的な相場としては以前より安くなっていると言えるでしょう。