整体を受けた後に頭痛が…これって大丈夫?その原因とは

整体後の頭痛の原因

現在、整体といったリラクゼーションを定期的に受けているという方も多いのではないでしょうか。

そんな方の中で、ひょっとしたら整体を受けた後に頭痛がしたり、または気だるさを感じたり、整体を受けた場所が痛くなったといった経験はありませんか?

一般的には身体を揉んだり、指や手で圧力をかけていくだけの施術を行う整体において、気持ちよさが味わえるだけでその他に心配することはないと考えられがちですが、実はこうした身体に圧力を加えるタイプのリラクゼーションには副作用が起こる場合があります。

整体の副作用とは

もちろん全ての整体での施術においてそうした副作用が起こるというわけではなく、施術の内容やまたは患者の持っている症状もしくは体調などによって左右されてくる部分があります。

例えば、そんな整体にてよくある副作用としては揉み返しが代表的なものでしょう。

この揉み返しとは患部を強く揉む、もしくは叩いたりすることによってその部分の筋肉が傷んでしまい、施術の後に痛みを感じるという症状です。

場合によっては平常にて痛みを感じずとも、冷やした際に筋肉が収縮した折に鋭い痛みを感じるというケースもあるようです。

副作用と好転反応

そしてもう一つ、好転反応と呼ばれる症状もあります。

これは整体によって血行またはリンパ液の流れが促進されることによって、身体の代謝機能などが高まった折にお腹がゆるくなったりすることがあります。

こうした一度不調を経て身体は自然な健康状態が取り戻されるために、身体の機能が活発化したことによる一次的な不調として捉えられているのが好転反応というわけです。

血行促進が頭痛の原因

頭痛の多くのケースとして、頭の中の血管が膨張することによってその周囲の神経を圧迫してしまいます。

これが痛みとなって表れるのが頭痛の仕組みとなっているのですが、血管が膨張してしまう原因は個人個人によって様々となってきます。

整体にて頭痛が起こってしまうという場合は、やはり整体によって血行が促進されてしまったのが一つの要因となっていることが考えられます。

整体後の頭痛はなぜ起こる?

整体後に頭痛が起こったという一つの例として、患者は普段あまり睡眠を取っておらずハードワークをこなすという方が整体を受けた折に頭痛が治ったりぶり返したりするという症状に見舞われていました。

痛みを感じる部分として後頭部から頭頂付近と、一般的な頭痛とは若干違う場所に痛みを感じたそうです。

この患者はハードワークによって胸鎖乳突筋と呼ばれる後頭部から首の横を経て鎖骨に繋がっている筋肉に酷いコリが潜在していたために、整体によって起こった好転反応から頭痛が生じてしまったとされています。

胸鎖乳突筋のコリによって伴った症状は頭痛だけでなく、コリが生じていた側の耳も聞こえにくくなっていたという報告もあったことから胸鎖乳突筋に不調を抱えていたということが判明することに至りました。

まとめ

昨今ではリラクゼーションによって事故といったニュースもよく目にすることができるようになりましたが、皆さんも整体などのリラクゼーションによってなんらかの不調が起こってしまったとしても、軽率にこれはリラクゼーションによる事故だと断定せずに、まずはその症状について施術を受けたところや、または医療機関などにて診察を受けてみたほうがよいでしょう。