整体院、整骨院、接骨院。それぞれの違いって?

さまざまなリラクゼーション施設

近年ではリラクゼーションがブームとなっており、一歩外に出れば多種多様なリラクゼーションをサービスとする店舗を目にすることができるようになりました。
その中でも比較的ポピュラーなものとして整体を行ってくれる整体院といったものも良く見かけるのではないでしょうか。
しかし他に目を向けてみると、整骨院や接骨院といった施術院もあります。
名称だけを見ると整体院も整骨院、そして接骨院もなんだか似た部分がありますが、これらの違いについて皆さんはご存知でしょうか。

方や身体を整える施術院と書いて整体院、そして骨を整える施術院として整骨院、骨を接ぐ施術院として接骨院、名前の意味だけを見てもそれほど大きな違いはないように思えます。
このうち整骨院と接骨院は同じもので名前以外に違いはありませんが、整体院と比べてみるとかなり異なる部分があります。
まず整体院とはなんなのかについてとなりますが、整体院は名前の通りに整体をサービスとして提供している店舗のことであり、整体とは現在ブームであるリラクゼーションの一つです。
そして整骨院および接骨院の特徴としては柔道整復術と呼ばれる治療を行っている施術院となっています。

柔道整復術と聞いてもなんだか耳慣れない感じもしますが、これは国家資格も存在しており、柔道整復術を行う施術者である柔道整復師は医者以外に唯一治療行為が認められている資格でもあります。
言い換えるならば、柔道整復師の資格を持っていなければ整骨院や接骨院として開業することは法律によって禁じられています。
その治療内容は主に軽度の外傷のみが許されており、例えば捻挫やちょっとしたキズ、骨折や脱臼などといったものが該当します。
治療行為ということもあって保険の適用も可能となっており、リラクゼーションにおけるサービスでの料金と比較すると整骨院での施術の料金は治療内容にもよりますが安価で済ますことができます。
しかし、いくら治療行為が行えるとは言っても柔道整復術自体が医療類似行為となっていますので、重篤な症状の場合は医療機関の診断を受けるようにしたほうがよいでしょう。

整体院の違いとは

こうした点を踏まえて整体院にはどのような違いがあるのかが気になるところではないでしょうか。
まず資格についてはどうなっているのかというと、整体そのものの国家資格というものは存在しておらず、民間団体が認定している資格があるのみです。
何度も述べているように整体はリラクゼーションという点から、そもそもその開業に当たっては民間資格すら必要とすることなく、また柔道整復師といった国家資格も必要なく無資格にて開業することも可能です。
もちろん整体は治療行為ではありませんので、保険を適用することもできませんしケガの治療を行うことも不可能です。
この点から若干ながら費用が高額となりがちですが、施術の内容が身体の不調次第で変わることがありませんので、費用は時間当たりで固定されていることがほとんどです。
場合によっては治療効果を謳っていることもありますが、実際にそうした効果があるのかは個々の整体を行っている施術院ごとやまた個人ごとに差異が出てくる部分ですので、施術院選びは慎重に行いたいところです。

交通事故などから鞭打ちといった外傷由来の後遺症が残った場合に、前述した整体院や整骨院、または整形外科のうちどこに通うべきか迷うことも今後出てくるかもしれません。
交通事故の場合では保険会社も関わってくることがあるかと思いますが、上記のうち整体のみ例えその施術を受けたとしても保険がおりることはありませんので注意して下さい。
ですので後遺症を治療するとともに保険の請求を行うことを考えるのであれば、柔道整復術での治療を行ってくれる整骨院または接骨院か、医療行為としての治療を行ってくれる整形外科に通う必要があります。