整体とカイロプラクティックの共通点と違い

リラクゼーションの中でも非常にポピュラーな存在として整体を皆さんご存知かと思います。
今では整体の民間資格や、またはそうした民間資格を取得するための専門学校といったものも少なくなく、整体師になりたいという方はこうした手順を踏むことになるでしょう。
しかし現在ある各整体の店舗に目を向けてみると、その施術内容は個々の店舗にて異なる場合があります。
例えば普通に揉んだり叩いたりしているような整体もあれば、皆さんがイメージする整体にように関節をゴキゴキと鳴らしているような施術を行っているところも珍しくありません。
それぞれに整体と銘打っていても、なぜその内容が違うのか皆さんは疑問に感じたことはないでしょうか。

整体とカイロプラクティックの違い

実は整体にもいくつか種類が存在しており、ごくごく一般的な日本にも昔からある整体と、そしてアメリカにて発祥したとされるカイロプラクティックやオステオパシーも今の日本では整体に内包されています。
このうち整体の場合は揉んだり叩いたりする施術が主に行われており、そしてゴキゴキと関節を鳴らす施術は主にカイロプラクティックにて行われています。
カイロプラクティックは直接骨にアプローチすることで歪んだ骨格を矯正し、その歪みが原因となっている症状を改善するという効果を持っていますが、一方整体では筋肉の緊張を手技にて解消することによってその筋肉が支えている骨格の歪みを整えたり、また血行を促進さえることで不調を改善させるという目的があります。

整体とカイロプラクティックの共通点

一口に整体と言っても上記のように細かい部分にて異なる部分があることが分かるかと思いますが、共通している部分も存在しています。
その一つとして整体、カイロプラクティック、そしてオステオパシーまでも国家資格が存在していないという点です。
マッサージをサービスとして提供する店舗を開業するには、法律上あん摩マッサージ指圧師と呼ばれる国家資格が必要となるのですが、上記の整体などはあくまでマッサージの類似行為としてリラクゼーションという認識となっていますので、マッサージではないという建前から例え全く無資格かつなんら技術や経験を持たずとも開業することは可能です。
もちろん技術や経験を持たずに開業したとしても経営はすぐに立ちゆかなくなるかと思いますので、サービスを提供していくにあたってはそれなりのものが求められてくることにはなります。
ですが、例えば技術的には近しいものの厳密に言えばそうではないリラクゼーションであったとしても、これは整体であると言えばそのまま通ってしまうことにもなり、これが個々の店舗にて施術の内容が違ってくることに繋がっています。

近年の傾向としては、整体やカイロプラクティックをサービスとして開業するにあたっても、あん摩マッサージ指圧師や、はり師、きゅう師、または柔道整復師といった国家資格を取得している方が増えてきています。
マッサージの類似行為と言えども全くの無資格にて開業するよりは当然と言えば当然のことではありますが、残念ながら現状では無資格にて営業している店舗も多くあるとされています。

上記で柔道整復師と言う名称の国家資格を挙げましたが、これも整体と誤認されやすいものの一つとなっています。
なぜかというと柔道整復師として開業するにあたって、整骨院や接骨院といった名称が使われるからであり、整体を行う整体院と混同されてしまうためです。
この柔道整復師はマッサージとは全く異なるジャンルの資格となっており、医師以外に軽度の外傷程度ではあるものの治療行為が認められている数少ない資格です。
ですので治療の内容次第ではその費用が異なってくることがあり、一般的には時間あたりで固定となっている料金体制をとっている整体などのリラクゼーションと比べるとかなり違うことが分かるかと思います。
更に治療行為ということで保険の適用も可能なために、リラクゼーションにてかかる費用より安価に済ますことができるのも特徴です。