頭が臭い!?臭いを消すにはシャンプーで頭皮ケア!

頭や髪から良い香りがしている人は、清潔感があって良い印象を持ちますよね。一方で、頭が臭う人はそれだけで近づきたくないと思われるかもしれません。
自分の頭のにおいは確かめにくいので気付いていないことも多いようです。あなたの頭は大丈夫ですか?
不安に思った人も大丈夫です!頭皮ケアをすることで臭いにおいは防ぐことができます。
今回は頭皮が臭う原因やその改善策、シャンプーでの頭皮ケアの方法についてご紹介します。

<img src="2.jpg" alt="きれいな髪">

引用:https://foryourimages.com

頭皮のにおいはどうして発生するの?

頭皮は皮脂腺が多く、皮脂が出やすい箇所なのです。なんとその量は顔のTゾーンの約2倍とも言われています。
頭皮のにおいは、実はこの多く分泌される皮脂に関係しています。
皮脂と毛穴に溜まった汚れや古い角質が酸化することで、古くなった油のような嫌なにおいがするようになるのです。
さらに、皮脂や古くなった角質が雑菌のエサとなって繁殖を促すことも、においの原因の1つになります。

頭皮が臭くなる行動習慣ってなに!?

頭皮の嫌な脂臭いようなにおいは、皮脂の過剰な分泌や毛穴の汚れなどによって引き起こされていることを上げました。
では、その頭皮に皮脂が溜まりやすくなり、臭いにおいになりやすくしている行動はどうのような行動なのでしょうか?

<img src="3.jpg" alt="悪い生活習慣">

引用:https://foryourimages.com

頭皮が臭い原因その1 偏った栄養バランス

栄養バランスの悪い食事、例えば野菜をあまり食べない、外食が多いなどの場合は皮脂が多く分泌されるようになっていきます。
特に肉類や乳製品などの動物性のタンパク質を多く摂っていると、皮脂分泌が盛んになりにおいがきつくなってしまう傾向にあります。

頭皮が臭い原因その2 シャンプーの仕方

皆さんはシャンプーをする時に、根元から洗っていますか?髪の毛だけを洗って、根元や頭皮がきちんと洗えていなくて、古い角質や汚れ、皮脂がそのままになっていることもあります。
根元から、頭皮の汚れを浮き出させるように洗わなければなりません。
しかしながら、実は洗いすぎも良くありません。最近のシャンプーはすっきり感を求めすぎて、洗浄力が強すぎるものも多くあります。
そうなると、頭皮に必要な皮脂までも全て奪いさってしまうようになります。失われた皮脂を補うように、皮脂分泌が過剰になってしまうと、かえってそれが臭いの原因になったりもします。

頭皮が臭い原因その3 ホルモンバランスの乱れ

皮脂分泌は男性ホルモンが関与しています。女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂分泌が多くなり頭のにおいがしやすくなってしまいます。

頭皮が臭い原因その4 乾かし方

シャンプーをした後、ちゃんと乾かして寝ていますか?ざっくりと乾かして髪の毛の表面は乾いていても、内側や根元は乾いていないという状態で寝ている人は要注意です。
半乾きのような状態は、雑菌にとって繁殖しやすい快適な環境になります。雑菌の繁殖がにおいにつながってしまうのです。

頭皮が臭い原因その5 活性酸素の増加

活性酸素は、私達の身体の老化現象を引き起こすとされていますが、その活性酸素は皮脂が酸化することによって、臭いにおいの原因にもなっているのです。
また活性酸素によって頭皮の血液循環が悪くなることで、皮脂分泌のバランスが崩れてしまうことも臭いにおいの原因になります。

ちなみに活性酸素は紫外線・喫煙・ストレス・化学物質などによって体内で増加していると言われているので注意してください。

(参考資料:http://www.skincare-univ.com/article/017297/)

頭の臭いを取る頭皮ケアをしながらシャンプーをしよう!

毎日何気なくしているシャンプー。シャンプーは髪の毛の汚れを取るだけでなく、頭皮のケアにも大切なものなのです。
頭皮のにおいに着目して、頭皮のにおいを改善する正しいシャンプーの仕方をするようにしましょう。

<img src="4.jpg" alt="シャンプーする少女">

引用:https://foryourimages.com

  1. ブラッシング

  2. シャンプーをする前に、髪全体をブラッシングしましょう。ブラッシングをすることで、髪や地肌についたほこりやごみを取ることができます。
    ブラッシング用のヘアブラシを使いましょう。頭皮のマッサージにもなるので血行促進になります。

  3. プレシャンプー

  4. シャンプーをする前に、しっかりとぬるめのお湯(38度くらい)で髪と頭皮を洗い流すようにします。これでほとんどの汚れや皮脂が取れると言われています。
    お湯は熱くしてしまうと、頭皮が乾燥する原因になるので温度にも気を付けましょう。

  5. 根元から洗う

  6. シャンプーを付ける時には、直接頭皮につけないようにします。手で泡立ててから使うか、髪の毛の方につけて泡立てていきましょう。
    指の腹使って優しく毛穴に詰まった汚れや皮脂を浮かびあがらせるようなイメージで洗っていきます。
    ゴシゴシ力を入れて洗っていると、頭皮に傷がついてしまうので力を入れすぎず、爪を立てないようにしながら行います。

  7. 洗い流しに注意

  8. シャンプーの後のすすぎはしっかりと行いましょう。そしてシャンプーの後にはトリートメントやコンディショナーを使う人が多いと思います。
    トリートメントなども直接頭皮に付けずに、毛先につけるようにします。すすぐ時にはしっかりと洗い流すようにして下さい。洗い残しがあると雑菌が繁殖してしまうことになります。この時もぬるま湯を使いましょう。

  9. すぐに乾かす

  10. 洗い終わったら、タオルドライをしっかりとして水気を取ります。そして、ドライヤーですぐに乾かすようにしましょう。
    地肌に直接温風を当てると乾燥してしまい、頭皮を傷めてしまうこともあるので、ドライヤーを離して動かしながら当てるようにしましょう。
    髪の表面だけに風を当てずに、内側をめくるようにしながら乾かします。

    オイルを使って頭皮ケア

    毛穴につまってしまった皮脂や汚れは、普通のシャンプーだけではとりきることができなくなります。
    そういった時にはオイルを使っての頭皮ケアがおすすめです。皮脂は脂です。脂の汚れを取るには脂を使うのです。
    週に2~3回程度、アルガンオイルやホホバオイルなどの植物オイルを頭皮になじませて汚れを浮き上がらせてからシャンプーをすると汚れが取りやすくなります。

    <img src="5.jpg" alt="シャンプーの種類">

    引用:https://foryourimages.com

    頭皮に良いシャンプーを選ぶ

    シャンプーはたくさんの種類がドラッグストアにもならんでいますよね。何を基準にして選んでいますか?
    香りが良いものや髪質を良くするものなどいろいろだと思います。良い香りのシャンプーを使ったところで、頭の臭いにおいは取れません。
    頭のにおいを改善するためには「頭皮の健康」を考えているシャンプーが良いでしょう。シャンプーの洗浄成分は大きく分けると3種類あるとされています。

    • 高級アルコール系
    • 石けん系
    • アミノ酸系

    毛穴の汚れを取る方が良いからと言って、洗浄力が強いものを選んではいけません。おすすめは「アミノ酸シャンプー」です。
    アミノ酸シャンプーは、刺激が少ない洗浄力の優しいシャンプーなので、頭皮にダメージが少なくなります。
    頭皮の皮脂を適度に残しながら、余分な汚れはしっかりと摂り除いてくれるシャンプーなのです。
    「スカルプシャンプー」というように、頭皮のケアを考えて作られているものもありますが、成分を見て購入すると良いでしょう。

    シャンプー以外に頭の臭いを抑える方法ってある?

    シャンプーの仕方以外にも、頭のにおいを抑える方法があります。シャンプーの仕方を見直すのと一緒に、気を付けてみて下さい。

    食生活の見直し

    ジャンクフードや脂っこい食事をしていると、皮脂が過剰に分泌されることもありますので、控えるようにしましょう。
    また、皮脂が酸化することで臭いにおいになるので、酸化を防ぐ抗酸化作用のある食べ物を積極的に取ると良いでしょう。
    栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。その中で、緑黄色野菜やポリフェノールを含む食材がおすすめです。

    生活習慣の見直し

    睡眠が足りない、運動不足、ストレスが溜まるなどの生活をしていると、身体の活性酸素が溜まりやすい身体になってしまいます。
    さらにホルモンバランスも崩れやすくなるので、要注意です。
    規則正しい生活を心がけるようにしましょう。そして、ストレスを溜めこまないようにリフレッシュできる時間を見つけていると良いでしょう。

    <img src="6.jpg" alt="きれいな頭皮">

    引用:https://foryourimages.com

    (参考資料:http://www.skincare-univ.com/article/045591/)

    正しいシャンプーで頭のにおいを改善!

    なんだか気になる頭のにおい…頭の臭いにおいは過剰な皮脂分泌や古い角質が溜まって酸化してしまうことが原因だと考えられます。
    それは、食生活や生活習慣などによっても引き起こされていますが、シャンプーの仕方、選び方を見直すことによっても大きく影響を受けます。
    洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーを選び、シャンプーをしながら頭皮ケアをするようにしてみましょう。毎日続けることで、頭皮が健康になりにおいが改善されてくるはずですよ。