生活習慣病の原因は?今すぐ始められるたった4つの予防方法もご紹介!

「歳をとっても健康でいたい!」「いつまでも若々しくいたい!」誰もがそう思いますよね?そう思う方は、生活習慣病に気をつける必要があります。生活習慣病は、普段の何気ない生活の中に潜むいわば”魔物”のようなもの。若いからといって油断していると、後々大変なことになるかもしれませんよ。

今回は生活習慣病の原因やそれが原因で引き起こされること、また改善方法についてご紹介。
「気付いた時には手遅れだった……」なんてことにならないよう、しっかりと生活習慣病のことを知って快適な毎日を手に入れましょう!!

生活習慣病を知ろう!

まず、はじめに生活習慣病とはどのようなものを指すのか?生活習慣病とは何かを見ていきます。生活習慣病の疑いがある方はぜひチェックしてみてくださいね。

そもそも生活習慣病って何?

生活習慣病とは、不規則な生活リズムや不摂生が原因で起こる現代病のこと。90年代中頃までは「成人病」とも呼ばれ、主に40代〜60代の働き盛りの世代に多く見られるものでした。
しかし、最近では20代〜30代の比較的若い世代にもその症状は見られるようになったことから「生活習慣病」と呼ばれるようになったそうです。
生活習慣病は無自覚のうちに進行し、大きな病にもつながっていく可能性もあります。

生活習慣病が原因で引き起こされる代表例

では、生活習慣病が原因で引き起こされる代表的なものとはどのようなものがあるのでしょうか?以下に挙げてみました。

  • 高血圧
  • 肥満
  • 糖尿病

上記はほんの一部にすぎません。健康診断で数値を見ることもできるようなので、気になる方はまず健康診断を受けてみるといいかもしれません。

肥満男性と医師

引用:https://www.shutterstock.com/

知らなかったでは済まされない!6つの原因とその症状

生活習慣病の原因とは一体どのようなものが考えられるのか?今回は6つの原因をご紹介します。

生活習慣病になる原因その1|飲酒・喫煙

適度なお酒は体に良いとされていますが、飲み過ぎは禁物。一度に大量のアルコールを摂取すると、急激に血圧が上昇してしまうほか、肝臓への負担がかなり掛かってしまいます。
また、たばこに含まれる「タール」や「ニコチン」といった有害物質も生活習慣病と深く関係しています。

生活習慣病になる原因その2|偏食

コンビニ弁当やファストフード、お菓子やジュースなど、高カロリーかつ塩分の高いもの・糖分の高いものばかり食べていると生活習慣病になる可能性があります。また、「お肉中心の料理ばかり食べている。」「普段から野菜はほとんど食べない。」という方も要注意。栄養バランスの取れていない、いわゆる「偏食」が続くことで、生活習慣病の原因となってしまいます。

お菓子

引用:https://www.shutterstock.com/

生活習慣病になる原因その3|過労・ストレス

過労やストレスも生活習慣病になる原因のひとつとして挙げることができます。「毎日仕事に追われている。」「ストレスを発散する方法がない。」こんな方は特に要注意です。気づかぬところで生活習慣病が進行している可能性がありますよ。
ストレスには、交感神経を刺激する効果があると言われ、血管が収縮し血圧が上昇してしまうそうです。そうなることで、脂肪がつきやすい体になったり、胃や腸など、消化器官の機能を低下させる可能性もあるのです。”働きすぎ、休まなさすぎ”が生活習慣病の原因になるのです。

ストレス解消法について知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

生活習慣病になる原因その4|運動不足

運動不足に悩まれている方、知らず知らずの間に生活習慣病の原因を作っているかもしれません。運動不足に陥ると血液の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなったり、疲労やストレスを感じやすい体になったりしてしまいます。そうなると余計に運動をするのがおっくうになってしまい、負の連鎖に陥ってしまいます。そのような状態が続くと体のさまざまな機能が低下し、生活習慣病の原因となってしまう可能性があります。

生活習慣病になる原因その5|睡眠不足

しっかりと睡眠時間は取れていますか?厚生労働省の調べによると、男性の約38%、女性の約40%が睡眠不足に悩まされているとされています。「5時間寝たから平気だよ!」とおっしゃるあなた。実は、生活習慣病の予備軍かもしれません。
睡眠不足になると体内で分泌されるホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。

  • 夜中に突然ものが食べたくなる
  • 興奮して寝られない
  • 喉が渇きやすい

などは睡眠不足が原因かもしれません。それが結果的に、生活習慣病につながりかねませんので気を付けましょう。

生活習慣病になる原因その6|生活リズムの乱れ

生活リズムの乱れ=体内時計の乱れです。昼夜逆転した生活を送っていたり、食事の回数や睡眠時間がバラバラだったり、休日は家でこもっているなど……生活リズムが乱れることでホルモンバランスが崩れたり、人間に備わっている回復機能・治癒能力が低下してしまいます。それが生活習慣病の原因となるのです。

今すぐ始められる!生活習慣病を予防するたった5つの方法

ここまで生活習慣病の原因やそれによって引き起こされることについてお話してきました。原因がわかれば、あとは改善するだけ!そこでここからは、生活習慣病を予防する”たった4つ”の方法についてご紹介します。ぜひこの機会に、少しずつでも生活習慣を変えてみませんか?

生活習慣病を予防する方法その1|禁煙

喫煙者の方はたばこをやめることをおすすめします。とは言え習慣になっているものを今すぐやめるというのも難しいこと。自身のストレスにならないように徐々に禁煙していくのがいいかもしれません。たばこは”百害あって一利なし”。生活習慣病を予防するためにも禁煙を心掛けましょう。

禁煙を決意した男性

引用:https://www.shutterstock.com/

生活習慣病を予防する方法その2|お酒はほどほどに!

お酒好きの方やお酒が趣味の方にはつらいかもしれませんが、お酒は適量を守って飲むようにしましょう。週に何日か”休肝日”を作っても良いかもしれません。自身の健康のために、一度お酒の量を見直しましょう。

生活習慣病を予防する方法その3|食事はバランス良く食べましょう!

今あなたが好んで食べているコンビニ弁当やファストフードが、将来的にあなたの健康を脅かす存在になるかもしれません。特に味の濃いもの・塩気の強いもの・量が多いものは要注意です。カロリー値や脂質の高い、揚げ物やハンバーガー、フライドチキンやお菓子などばかり食べずに野菜・魚・豆腐・納豆(和食中心の食事)など、栄養価の高い食事も摂取するように心掛けましょう。

生活習慣病を予防する方法その4|適度な運動をする

運動不足に心当たりがある方は、少しずつでもいいので体を動かしましょう。初めはつらく感じる運動も、慣れてくれば楽しくなってくるはず。ウォーキングやランニング、水泳などご自身に無理のない程度の運動から始めてみましょう。まずは天気の良い日に外に出て、散歩するのもおすすめですよ!

生活習慣病を予防する方法その5|ストレス発散方法を見つける!

ストレス発散方法は人それぞれ。なんでも大丈夫です。

  • カラオケで大きな声を出す
  • スポーツで汗を流す
  • ショッピングを楽しむ
  • 料理を作る
  • ダンスを踊る
  • 音楽にのめり込む

ご自身で「ストレスが発散できた!」と思える方法であれば何でも良いのです。もしストレス発散について、今まであまり考えてこなかった方はぜひこの機会に、自身が一番気分転換できる方法を見つけてみませんか?

ライフスタイルを整えて生活習慣病を予防しよう!

いかがでしたか?今回は生活習慣病の原因やそれにより引き起こされること、また予防方法についてご紹介しました。普段、生活している中で気づかないうちに進行してしまう生活習慣病。放っておくと、大きな病につながってしまう可能性もあります。そうならないためにも、今回ご紹介した予防方法をできるだけ習慣化することが大切です。この記事を参考に、ひとりでも多くの方が健康的に暮らしていけることを願っています。