男性ホルモンが多いとどうなるの?男性ホルモンを減らすメリットとデメリット

女性なのに、男性ホルモンが多くなることがあるというのをご存じですか?「男性化」してくるというのはどういうこと!?男性ホルモンを減らすメリット、デメリットを知ろう!

引用https://www.shutterstock.com

男性ホルモンが多いって?

女性には、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されているのはご存じの方も多いかもしれません。

しかし、女性の中にも男性ホルモンが分泌されているというのです。

男性ホルモンが多いというのはどういうことなのでしょうか?今感じている身体の異変がもしかしたら、男性ホルモンが多いことによって引き起こされているかもしれませんよ。

男性ホルモンを減らすには、どのようにすれば良いのでしょうか?男性ホルモンを減らすメリットとデメリットについてもご紹介します。

男性ホルモンが多い時の症状とは?

女性の中で男性ホルモンが増えてしまった時には、どのような症状が引き起こされるのでしょうか?

自分に当てはまるものがないか見てみて下さい。

そもそも男性ホルモンって?

男性ホルモンは、やはり男性に多く分泌されるホルモンです。

その中には、テストステロンの他に、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロストロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンなどがあります。

男性ホルモンには次のような働きがあります。

  1. 体毛の成長
  2. 筋肉や骨格の形成
  3. 生殖器の発育
  4. 性欲の亢進

男性ホルモンと言いますが、男性だけではなく女性にも分泌されています。

ただし、男性の方が圧倒的に分泌量は多く、女性の体内で生成される量は男性の約1/10~1/20ほどです。男性の場合は精巣で生成されますが、女性は卵巣や副腎などで作られてい
ます。

女性の中で男性ホルモンが増えたらどうなる?

通常は男性ホルモンの働きは、女性ホルモンのエストロゲンによって抑えられています。しかし、男性ホルモンが多くなりすぎると、次のような支障が生じてきます。

  1. 体毛が濃くなる
  2. 声が低くなる
  3. 薄毛になる
  4. 生理不順、不妊
  5. ニキビが増える
  6. 筋肉質になる
  7. 闘争心が強くなる

一般的に言われているような女性らしさが少なくなり、「男性化」が進んでしまうのです。見た目にも性格的にも変化が見られるようになります。

男性ホルモンを減らすとどんなメリットがあるの?

バリバリと働いている「かっこいい女性」は憧れの的にもなりますが、身体が男性ホルモンの影響で「男性化」してしまうのは、やはり嫌ですよね。

男性ホルモンを減らすとどのような変化がみられるのでしょうか?

美肌になる

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進させる作用があります。男性が女性よりも皮脂が多くテカるのは、男性ホルモンによるもの。

ニキビの原因は過剰な皮脂分泌によって、毛穴が詰まってしまうことがあります。男性ホルモンが減って、皮脂分泌が抑えられることで、ニキビが出来にくい肌になります。

肌のざらつきも減り、水分と脂分のバランスが取れた美肌になれます。

抜け毛が減る

「ハゲ」と言われる毛髪が薄い人は男性に多いですよね。ただし、女性も「薄毛」に悩まされる人もいます。それは、男性ホルモンが増えていることが影響しています。

男性ホルモンが少なくなることで、抜け毛が減り、しっかりとした髪の毛が生えてきやすくなります。

「髪は女の命」と言われるくらい、「女性らしさ」を現わす女性にとって大切なもの。男性ホルモンが減ることで、太くて健康な髪の毛を維持することができます。

女性ホルモンのバランスが整う

通常は女性の身体は、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンのバランスで調整されています。

そこに男性ホルモンが多くなると、バランスが崩れて生理不順や不妊などの症状が現れるのです。

男性ホルモンが減ることで、女性ホルモンのバランスが整い、子宮や卵巣の働きも正常に行われるようになります。

女性らしくなる

男性ホルモンが多いと、見た目的にも性格的にも強くてたくましい雰囲気になりがちです。男性ホルモンを減らすことで、女性らしい丸みのある身体つき、体毛の少ない肌になります。

内面的にも、やたらと負けず嫌いだったり、抑圧的だったりする性格が柔らかくなることもあるでしょう。

引用https://www.shutterstock.com

男性ホルモンはどうして増えるの?

男性ホルモンが女性の中で増えるのはどういった時なのでしょうか?男性ホルモンが増える原因について見てみましょう。

ストレス

男性ホルモンが増える原因に、自律神経の乱れがあります。自律神経はストレスによって乱れてしまうことが多くなります。

最近の女性は夜遅くまで働いていたり、重要な役割を任されていたりして、ストレスを抱えている人が多いのです。

また、育児や家事などでも時間に追われていてストレスを抱えてしまうということも多いでしょう。

冷え

多くの女性が抱える悩みとして「冷え」があります。低体温の人も多いと言われています。

薄着、運動不足による筋力の低下や血液循環の悪化で冷えてしまうことによって、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

過度のダイエット

女性はスタイルを良くしたい、きれいになりたいということで、ダイエット経験がある人は多いでしょう。

極端な食事制限のような過度なダイエットは栄養不足になってしまいます。そうなることで、身体のホルモンバランスが乱れてしまい男性ホルモンが増えてしまうということもあります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足、運動不足、暴飲暴食、喫煙など生活習慣の乱れも自律神経やホルモンバランスの乱れにつながり、男性ホルモンが増える原因になります。

栄養バランスが偏った食事によってもホルモンバランスに影響を及ぼしてしまいます。

男性ホルモンはどうやったら減るの?

男性ホルモンが身体の中で適切に働くために、増えた男性ホルモンを減らすようにしたいですよね。

男性ホルモンを減らすためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大切になります。男性ホルモンを減らすための方法をご紹介します。

食生活を改善する

基本的には、栄養バランスの整った食事摂るということが大切になります。その中で、特に気を付けて摂取した方が良いのは、次のような栄養素です。

  1. 大豆製品(豆腐、納豆、きなこ、豆乳など)
  2. 亜鉛(牡蠣、レバーなど)
  3. ビタミンB6(肉類、レバーなど)
  4. ビタミンE(ナッツ類、オリーブオイルなど)

大豆製品には、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」が多く含まれているので、女性ホルモンを増やしてくれます。

亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンの生成に関わっているミネラルです。そしてその亜鉛の吸収に欠かせないのがビタミンB6で、ホルモンバランスを調整する作用があります。

ビタミンEは抗酸化作用が高くホルモンバランスを整える作用があります。

適度な運動をする

運動をすることで、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを排出することができます。

また、筋肉を付けることで、血液の循環も良くなり冷えの改善にもつながります。適度な運動はリフレッシュにもなるので、ストレス発散にもつながります。

身体を温める

身体を温めることで、卵巣機能を上げることができ、女性ホルモンのバランスが整います。次のようなことに気を付けましょう。

  1. 腰周り、お腹周りを温める服装をする
  2. ゆっくりとお風呂に入る
  3. 冷たい飲み物、食べ物を摂らない

質の良い睡眠をとる

男性ホルモンは交感神経が優位の時に増えやすくなります。よって副交感神経が優位になって質の良い睡眠がとれている場合は、男性ホルモンを減らすことができるのです。

夜遅くまでスマホを見ていたり、食事を遅い時間にしたりしていると、ぐっすりと眠ることができません。

なるべく早めに仕事や食事を終わらせて、ゆっくりとベッドに入ってぐっすりと眠るようにしましょう。

男性ホルモンを減らすとデメリットもあるの?

全てのホルモンがバランスよく分泌されることが理想です。女性も少量であっても男性ホルモンは必要なので分泌されています。

少なくなりすぎても支障が出てきてしまいます。男性ホルモンを減らすデメリットに次のようなものがあります。

  1. 太りやすくなる
  2. 筋肉が低下する
  3. やる気や集中力がなくなる

ただし、女性の場合は男性ホルモンが減ることによるデメリットよりも、増えることによるデメリットの方が多くなります。

男性の場合は、男性ホルモンが少なくなることによって、「男性更年期障害(LOH症候群)」
という症状が出るようになります。

引用https://www.shutterstock.com

適切な量の男性ホルモンにしよう

女性にも少量分泌されているという男性ホルモン。その男性ホルモンが多くなることで、女性らしさが少なくなり、外見でも内面的にも男性っぽくなることがあるというのです。

食生活や生活習慣の乱れを改善し、自律神経や女性ホルモンのバランスを整えることで増えてしまった男性ホルモンの分泌を減らすことができます。

男性ホルモンが減ることで、美肌や健康的な髪、丸みのある身体など女性らしさを回復させることができます。

男性ホルモンが減るデメリットよりも、増えるデメリットの方が多くなります。男性ホルモンを増やしすぎないように、女性ホルモンのバランスを整えるようにすると良いですね。

男性ホルモンの分泌量を適切な量にして、女性らしさを保つようにしましょう。