股関節の痛みにはストレッチが効果的?女性に多い原因とは?

股関節が痛いということはありませんか?股関節が痛いと歩く時でも座る時でも気になりますよね…放っておくと治るというものではありません!もしかしたら、病気の可能性も考えられます。股関節の痛みの原因を知って、ストレッチをしてみませんか?

股関節が痛い時にはどうするの?

階段を上っている時、長時間歩いた時、しゃがむ時などに「脚の付け根が痛い!」と感じることがありませんか?
それは股関節に痛みがある状態です。毎日の動きの中で、知らず知らずのうちに股関節には負担をかけてしまっています。
股関節が痛い時にはどうしたらよいのでしょうか?
また、股関節に痛みを生じるのは女性が多いというのです。その原因は何なのでしょうか?
股関節の痛みの原因、改善するためのストレッチの方法について見てみましょう!

股関節はなぜ痛くなる?そのメカニズムを知ろう

股関節は、歩く、立つ、走る、飛び上がる、昇り降りなど日常の様々な動きに関わる大きな関節です。

<img src="2.jpg" alt="ジャンプする女性">

引用:https://foryourimages.com

健康な股関節は、骨盤の下の方にある臼蓋(きゅうがい)というくぼみに、大腿骨頭という太ももの骨の先端の丸い部分が、きれいにはまるような形になっています。
その骨の周りは、弾力のある関節軟骨で覆われています。そして、周りの太ももやお尻の筋肉によって前後左右、回転させるなどの動きがスムーズに行えるようになっています。

股関節に痛みが出ている状態は、病気・外からの衝撃・加齢などによって、関節軟骨がすり減ったり、周りの筋肉や関節が炎症を起こしたりすることで起こるようになります。
その他にも、骨密度を維持する女性ホルモンのエストロゲンの減少など、女性特有の症状も股関節の痛みの原因になります。
股関節に痛みがあると、それを補おうとするために腰に負担がかかるようになり、腰痛にもつながるようにもなってくるので注意が必要です。

股関節の痛みは治せるの?

股関節の痛みが増すと、歩くこともできなくなるので日常生活に支障が出てきてしまいますよね。
それでは、股関節が痛くなってきている場合にどのように対処するのが良いのでしょうか?
完治までいかなくても、その痛みを和らげることはできます。
股関節の痛みを和らげる方法をご紹介します。

運動をする

股関節の痛みが激しい時には、運動はできませんが、股関節の周りの筋力を強化させることは、股関節への負担を減らすことができます。
はじめは、軽めのストレッチ、プールでの水中運動、ウォーキング、自転車運動などが良いでしょう。
症状や病気によって、運動の仕方や量は変わってきますので、医師や理学療法士に相談しながら行ってください。

薬を使う

痛みが強い場合には、痛みを抑える鎮痛剤、炎症を抑えるような抗炎症薬が用いられます。湿布、外用薬、内服薬、注射などその方法もさまざまあります。
ただし、根本的な治療ではなく一時的なものになるので、痛みを抑えて動いているとさらに関節軟骨がすり減らし症状が悪化させてしまうという可能性もあります。

薬を過信することなく、医師と相談しながら、十分注意をして使用する必要があります。

生活習慣の改善

股関節に痛みを抑えるには、日常生活での股関節にかかる負担を極力減らしてあげることが良いでしょう。次のようなことに気を付けて見て下さい。

  • 体重管理をする(太らない)
  • トイレは洋式トイレにする
  • 布団よりベッドにする
  • 重いものを持たない
  • 長い距離を歩かない
  • 適度な運動をする
  • 栄養バランスの整った食事をする
<img src="4.jpg" alt="適度な運動">

引用:https://foryourimages.com

手術を行う

関節が炎症などによって破壊されてしまっている、骨折をしているなどという時には、骨
や関節を再建するという手術が行われます。手術には次のような方法があります。

  • 人工関節置換術
  • 関節固定術
  • 骨切り術

股関節の痛みに効果的なストレッチって?

股関節の痛みを抑えるための方法の一つにストレッチがあります。

ストレッチをすると、筋肉を強化することができますし、関節の動きをスムーズにすることもできます。血行促進にもなるので、健康的な方法です。
ストレッチなら自分でも手軽に行えそうですよね。股関節の痛みの改善になるストレッチにはどのようなものがあるのでしょうか?

股関節の痛みに効果的なストレッチその1 ヒップリフト

  1. 仰向けに寝て、脚を肩幅に開いてひざを立てて三角にします。
  2. 息を吐きながら、ゆっくりとお尻を締めるようなイメージで上に上げます。この時に太ももに力が入っていると良いでしょう。無理に高く上げようとしなくても良いです。
  3. 腰を上げたら、そのまま3秒キープして、ゆっくりと息を吸いながら下ろします。

お尻の大殿筋を中心に、腹筋や脊柱起立筋などの体幹を鍛えることもできます。

股関節の痛みに効果的なストレッチその2 大殿筋

  1. うつ伏せになります。腰に負担がかからないように胸の下にクッションを置いて行うのも良いでしょう。
  2. 床からゆっくりとひざを曲げないように持ち上げます。高く持ちあげようとするよりも、お尻に力が入っていることを確認しましょう。
  3. ゆっくりと足を下ろします。

脚を高く落ち上げると、腰に力が入ってしまいます。腰が痛い人はこのストレッチは止めておきましょう。

股関節の痛みに効果的なストレッチその3 大腿四頭筋

  1. 足を伸ばして仰向けに寝ます。両ひざの下にクッションや丸めたバスタオルを入れます。
  2. 片足ずつひざの下のクッションをつぶすように、下方向に力を入れます。
  3. そのまま5~10秒くらいキープします。反対の足も同じように行います。

太ももの前側の筋肉を強くする効果があります。

股関節の痛みに効果的なストレッチその4 腸腰筋

  1. 椅子に浅めに座ります。なるべく背筋を伸ばしておきましょう。
  2. 足踏みをするように、ゆっくりと片足ずつ上に持ち上げます。そのまま5秒キープします。
  3. ゆっくりと元に戻します。反対の足も同じようにして、交互に行います。

腸腰筋は、骨盤から下腹部辺りにある筋肉で、股関節の動きに関わる筋肉として大切なのです。

<img src="5.jpg" alt="ストレッチしてリラックス">

引用:https://foryourimages.com

ストレッチの注意点ってある?

股関節の痛みの改善に良いストレッチをあげましたが、痛みが強い時には無理に行ってはいけません。安静にしておきましょう。
痛みがある程度治まっていたり、痛みの程度が軽い時に、できる範囲で行うようにしましょう。自分で判断できない場合は、医師や理学療法士に相談することをおすすめします。
また、股関節に痛みを感じていなくても、筋肉や関節を柔らかくしていることは、健康に良いことです。毎日の習慣にして、いつまでも健康に歩けるようにしておきましょう。

(参照元:http://www.stryker.co.jp/health/hip-oa/
:https://style.nikkei.com/article/DGXKZO14980000W7A400C1NZBP01?channel=DF140920160919)

ずっと続く股関節の痛み、もしかしてあの病気が原因かも……

股関節の痛みを和らげるストレッチの方法をご紹介してきましたが、このストレッチを続けていても痛みが緩和されないことがあります。
その場合、もしかしたら痛みの背後に病気の可能性があるかもしれません。
ここからは、女性に多い股関節の痛みから考えられる原因について見ていきます。

<img src="3.jpg" alt="医者が相談">

引用:https://foryourimages.com

股関節の痛みの原因その1 変形性股関節症

変形性股関節症は、臼蓋と大腿骨頭を覆っている軟骨がすり減って、炎症を起こしたり骨が変形したりして起こります。
原因が分からないという場合もあれば、先天性の股関節脱臼や「臼蓋形成不全」という股関節の発育が悪いことが原因のこともあります。
変形性股関節症は股関節のトラブルの中では一番多く見られ、圧倒的に女性に多い病気です。男性の約7倍に上ります。

(参照元:http://www.nhk.or.jp/kenko/atc_293.html)

股関節の痛みの原因その2 関節リウマチによる股関節症

関節リウマチは、関節に痛みや腫れが出るような炎症がおきます。ひどくなると軟骨や骨が破壊されて、変形してしまうこともある恐ろしい病気です。
原因は、私達の身体に備わっている免疫機能が誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまうことで、炎症が起きているからだと考えられています。免疫機能の異常なので、関節の痛み以外にもだるさや、発熱などの症状も見られます。
関節リウマチは女性の方が多く発症する傾向にあります(男女比1:4)。

(参照元:https://chugai-ra.jp/about/about02.html)

股関節の痛みの原因その3 骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨密度(骨量)が低くなることで骨がもろくなる病気です。少し衝撃でも骨折しやすくなってしまいます。
骨粗しょう症は50歳以上の閉経後の女性に多く見られます。それは、骨密度を維持する働きがある女性ホルモンのエストロゲンが、閉経すると分泌が減少してしまうからです。
骨粗しょう症になると大腿骨頸部骨折が起こりやすくなります。つまずいたり、転んだりといった小さな衝撃でも、骨折してしまうことがあるので注意が必要です。

(参照元:http://www.stryker.co.jp/health/hip-oa/
:http://www.msd.co.jp/healthcare/osteoporosis/what-disease/home_4.xhtml)

少しでも違和感を感じたら、迷わず医者に相談してください

ここまで、股関節の痛みの原因であるかもしれない病気について見てきました。
もちろん、股関節の痛みが病気とまったく関係ない場合もあります。しかし、痛みが続いて少しでも違和感を感じたなら、迷わずに医者に診てもらうことをおすすめします。

女性はストレッチで股関節を強化しよう!

毎日私達は歩く、立ち上がる、昇り降りをするなどの動きをしています。それらには全て股関節の動きが関わってきています。
そして、股関節に痛みが出る原因は、股関節の変形や炎症、エストロゲンの減少による骨粗しょう症など、圧倒的に女性に起こることが多いのです。

股関節の痛みを改善するために、ストレッチは効果的です。手軽に行うことができるので続けやすいですよね。
また、股関節の痛みが起こる予防としてストレッチを行っていることもおすすめです。毎日の習慣にしてみて下さい。
それでも痛みが緩和されずにずっと続くような場合は、病気が原因の可能性もあるので医者に相談してみることをおすすめします。

それでは、股関節を強化していつまでも健康的に快適に暮らせるようにしておきましょう。