四十肩の予防法 頭痛改善にも効果的なストレッチ

四十肩と頭痛を予防する運動

四十肩は、関節の炎症により激しい痛みを招くと言われています。はっきりとした原因は分かっていませんが、肩の血行不良が原因のひとつと考えられています。そのため、1日パソコンに向かって仕事をする30代でも、四十肩になる可能性があるのです。四十肩になると、激痛があったり腕が上がらなくなったりするなど、生活をするうえで困ることが多くあります。では、四十肩にならないためには、どのような予防法があるのでしょうか。

四十肩の原因とは

四十肩や五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といいます。肩関節の周りが炎症を起こし、痛みが起こったり、肩の動かせる範囲が制限されたりすることが特徴です。肩関節は、広い範囲を動かせる仕組みになっています。それだけ構造も複雑で、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かす滑液包などがあるのですが、その分、炎症が起こりやすい傾向にあります。特に血行不良だと四十肩になりやすく、引きにくいといわれています。肩こりが原因で頭痛を起こるという人は、四十肩になりやすいので予防が大切です。

四十肩になりやすい人とは

四十肩は40代以降の人がなりやすいとされていますが、男女差や運動習慣などとはあまり関係がないといわれています。利き腕だから四十肩になりやすいといったことも基本的にはありません。ただし、若い頃にスポーツをしていて肩を酷使していた、肩を痛めた経験があるといった人はなりすいようです。

また、猫背など姿勢が悪い状態でいると体のゆがみが生じやすく、四十肩になりやすくなりす。さらに、睡眠不足や血行不良、偏食、ホルモンバランスが乱れるなどの要因が重なることで、四十肩が起こるきっかけになるといわれています。猫背などは頭痛の原因にもなりますので、正しい姿勢を保つことが大事です。

四十肩にならないためのおすすめ予防法!

はっきりとした原因がわかっていないため、「これをすれば絶対に四十肩にはならない」とはいえませんが、予防法は存在します。たとえば、ストレッチや適度な運動をすることです。運動をしているかどうかによって、四十肩が引くのが早いか遅いかにも関わってくるといわれています。ストレッチや運動は血行を良くしたり、猫背を改善することにも有効といわれており、頭痛対策にもなります。毎日、数分でもいいので、ストレッチをするようにしましょう。

運動習慣のない人は、長時間のストレッチは面倒になってしまうものです。そのため、簡単なストレッチから始めるのがおすすめです。

  • 肩を前後に回す
  • 両手を組んで上にまっすぐ伸ばす
  • 肩の上下運動をする
  • 腰をひねる
  • 肩甲骨を動かす
  • 股関節を動かす
  • 首を前後、左右に動かす
  • ウォーキングをする

まずは、できるものから始めましょう。誰でもできるラジオ体操などもおすすめです。

また、睡眠をしっかり取る、栄養バランスの取れた食事をする、過度な飲酒・飲食をしない、タバコは控える、体を冷やさない、毎日入浴をする、ストレスを溜めないといった生活習慣にも配慮することが大事です。その中に適度な運動を入れて、規則正しい健康的な生活をすることが望ましいといわれています。さらに、長時間同じ姿勢を続けない、猫背にならないよう姿勢を正すなどといった点にも注意しましょう。

四十肩の対処法まとめ

四十肩は時間が経てば痛みもやわらぎ、腕も動くようになります。しかし、痛みが起こっているときや痛みが引いたばかりのときに、無理して腕や肩を動かしたり、不規則な生活をしていたりすると回復が遅くなってしまうこともあります。無理なくできることから始めてみましょう。