急性期と慢性期の五十肩の特徴と対処方法を学ぼう

五十肩の特徴と対処法

ある日突然、肩に急激な痛みが走った!という経験がありますか?それはもしかしたら五十肩かも……。ただし、五十肩といっても50代の方ばかりがなるものではありません。現在では30代にも増えており、症状がひどいと頭痛や腰痛なども伴い日常生活もままならないものです。対策をしっかり知っておきましょう。

動かすだけでも痛い急性期

五十肩の特徴的な症状は、腕を動かしたときに起こる激しい痛みです。もし、肩が重い、肩が痛むなど、我慢できる程度の痛みなら、それは肩こりの延長かもしれません。

五十肩の急性期と言われる時期は、腕を動かさなくても痛むことがあり、夜中などは痛みで目が覚めてしまうこともあります。ひどいときには、二の腕や指先にまで痛みやしびれが出たりすることもあるようです。このような激しい痛みはそう長くは続きません。数日で治ることがほとんどです。しかし、間違った対策をしていると痛みが続くことがあるので注意が必要です。

重要なのは、痛みがあるのに無理に腕や肩を動かそうとすることです。このまま動かさないと、筋肉が固まって肩こりや頭痛を起こすのではないかと思い、何とか動かそうとする人もいますが、それは逆効果になります。急性期で痛みが激しいのは炎症による場合が多いので、まず冷やすのがよいとされています。

腕が上がらなくなる慢性期

ひどい痛みがおさまってくると、今度は腕が上がらなくなってきます。痛みがおさまったからといって、無理に動かしてはいけません。動かすと痛みがぶり返してしまうことがあります。

五十肩の慢性期では、筋肉が収縮し硬くなっているため、関節を動かしにくくなり、頭痛などを起こしやすくなります。腕を上げる動作、後ろに回す動作ができなくなり、着替えや髪の毛を洗うといった日常の動作がしにくくなります。

この時期になると、頭痛や腰痛、肩こりなどもひどくなることがあります。対策としては、無理をしない程度に肩を動かす運動をするようにしましょう。簡単にできる運動を紹介します。

肩甲骨を動かす

肩甲骨を上下に動かします。さらに外に広げる、内側に寄せる、回転させる、といった動きをゆっくりしてみましょう。

猫のポーズで背中のストレッチ

床に四つん這いになり、息を吐きながら猫のように背中を丸めたり、息を吸いながら背中をそらしたりします。

腕を大きく振って歩く

通常のウォーキングよりも意識して腕を大きく振って歩きます。速度はゆっくりで大丈夫です。

簡単にできるツボ押しで五十肩対策

いつでもどこでも、簡単にできるのがツボ押しのメリットです。五十肩や頭痛に効果的といわれるツボが、臑兪(じゅゆ)です。肩甲骨の外側、少し下にあるくぼみがそのツボです。また、首の付け根と肩先の真ん中にある肩井(けんせい)、肩甲骨の中央にあるくぼみが天宗(てんそう)です。背中にあるツボは自分で押すのは難しいので、パートナーなどに手伝ってもらうといいでしょう。

押す時には指の腹を使い、やや強めに刺激します。3~5秒程度押す、離す、再度押す、を繰り返します。ただし、痛みがある場合は、強く刺激すると痛みが増してしまうことがあるので、さするだけにしておきましょう。

五十肩の対処法まとめ

五十肩の場合、ストレッチやツボ押しをやりすぎないことが大事です。やればやるだけ早く改善すると思ってやりすぎてしまうと、痛みをぶり返してしまうことがあります。

どれくらいやればいのかは個人によって違うため、焦らず無理のないように、腕や肩、背中などを動かすことが大事です。できれば、整形外科などで専門医の指示を仰いで行うと安心でしょう。