目がショボショボしているのは疲れ目?疲れ目の解消法と対策をご紹介!

最近はスマホやパソコンがなくては、仕事が進まない、日常の生活もできないというくらいの人が多いのではないでしょうか?そうなると、ずっと液晶の画面を見ていることになりますよね。目がショボショボしたり、乾いたりしていませんか?それは「疲れ目」といって、その名の通り、目が疲労しています…
疲れ目もそのままにしておくと、頭痛や肩こり、歯痛などの症状につながることもあり危険なことも…疲れ目の解消法や対策を知っておきましょう。

疲れ目の原因と症状

疲れ目の症状には、いろいろなものがあります。それぞれの原因と症状について見てみましょう。

長時間の目の酷使

目を長時間、酷使しているのは、次のような場合があります。

  • パソコン、スマートホンでの作業
  • 車の運転
  • 手元での細かい作業


パソコンやスマホでずっと画面を見ている人は、最近特に多いのではないでしょうか。このように、目をずっと酷使していると、「ドライアイ」の状態になります。

長時間目に負担がかかることで、瞬きの回数が少なくなります。通常の瞬きの回数の1/3にまで減ってしまうということも。目の表面を覆っている涙が蒸発したり、涙の分泌が減ったりして乾燥してしまうのです。

こうなると、目がゴロゴロとする違和感、ショボショボする、充血する、かすむなどの症状が見られるようになります。

メガネやコンタクトのレンズの度が合っていない

視力が悪い人は、メガネやコンタクトをしていますよね。日本人の3人に1人が近視であると言われています。近視の人は、毛様体筋という目の筋肉を調整する力が弱く、焦点を合わせにくい状態なのです。この毛様体筋のサポートをしてくれるのが、メガネやコンタクト。
しかし、その目の動きを助けてくれるはずのメガネやコンタクトの度が合っていないものを付けていると、毛様体筋の調整能力が弱くなったり、毛様体筋の負担になったりしてしまい、目が疲れてしまうようになるのです。
激しい場合は、吐き気や頭痛などの症状も引き起こしてしまいます。度がきつすぎても、低すぎても、目には負担がかかってしまうことになります。

病気によるもの

疲れ目は、次のような病気によっても起こる可能性があります。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • 脳の異常
  • 循環器系や消化器系の疾患

ただ、疲れているだけだと思っていると、目以外にも肩こりや頭痛、吐き気や歯痛など起こる場合もあります。目の病気のこともあれば、自律神経やホルモンバランスの乱れやその他の内臓疾患が重なっている場合もあるのです。

疲れ目の解消法

疲れ目の症状で、つらい、痛いという状態になってしまうと、日常生活にも仕事にも支障が出てきてしまいます。疲れ目の解消法をご紹介します。

ツボ押しをする

目の周りには、目の血行を促進させて、疲れ目を解消させてくれるツボがあります。空いた時間に押すだけで、目がすっきりとした感じになれますよ。

簡単にすぐに始められるので、試してみてはいかがでしょうか?

  • 晴明(せいめい):目頭のくぼみ。鼻の付け根の部分
  • 攅竹(さんちく):眉頭の部分
  • 承泣(しょうきゅう):まぶたの真ん中のすぐ下のくぼみ
  • 太陽(たいよう):こめかみの部分


ツボは力いっぱい押せば良いというものではありません。ゆっくりと力を入れて、2~3秒おしていき、ゆっくりと2~3秒かけて力を抜いていくというように、適度な圧をかけるのがおすすめです。
痛気持ち良いくらいならいいですが、「痛いくらいに押した方が効く!」と強く押していると、逆に肌や目へ負担になってしまい、疲れてしまう場合があるので気を付けましょう。

適正な度数のメガネやコンタクトをする

メガネやコンタクトを作る時、「はっきりと遠くまで見たい」という人が多いかもしれません。しかし、遠くまではっきりと見ようと思うと、度がきつくなりすぎてしまっている場合が多いのです。

そうなると、近くのものを見るためには、必要以上に目は労力を使っていることになり、負担になります。パソコンやスマホなど、近くのものを見る時間が多いので、必要以上にどのきついものにする必要はないのです。

8割近くの人がこの「過矯正」という状態になっているそうです。メガネを使う生活環境をしっかりと把握して、検査してくれる眼科やメガネ屋さんで、メガネやコンタクトは購入しましょう。

機械だけの検査や結果だけで、簡単に作ってしまわないようにしましょう。できれば、年に1度は定期検査、点検で度数の確認をした方が良いでしょう。

目薬を使う

目が疲れた時には、市販の目薬でも解消してくれる場合があります。

  • 目の潤いを与える成分
  • 目の充血を抑える成分
  • 目の調節機能を改善する成分
  • 目の炎症を抑える成分
  • 目に栄養を与える成分


疲れ目の症状によって、タイプが違う目薬が販売されています。自分の症状に合わせて選びましょう。

コンタクトをしている人は、そのままでも大丈夫なものと、そうでないものもありますので、確認するようにして下さい。

目薬を差していても、改善が見られないような場合は、眼科に相談するようにしましょう。

眼科へ行く

目が疲れているだけで、「いつものこと…」と放っておくと、症状が悪化してしまうこともあります。

疲れ目の症状が悪化する一方であれば、早めに眼科で診断してもらいましょう。目以外の病気が発見されることもありますし、正しい治療を行ってくれます。

疲れ目にならないための対策

疲れ目にならないようにするために、日頃から注意しておくこともできます。大切な目を守るために、普段から気を付けてみましょう。

目を休ませる

スマホやパソコンを気が付いたら、何時間も見ていたということがあるのではないでしょうか?
そうなると、目の周りの筋肉が疲れ、血行も悪くなり、疲れ目につながります。自分で時間を決めて、休憩する、目を閉じて休ませるなどするようにしましょう。
1時間使用したら、15分くらいの休憩をとるのがおすすめです。車の運転でも、2時間おきくらいの休憩をとるようにしましょう。

パソコン用メガネを使う

パソコンやスマホ、テレビなどの液晶画面から発生していると言われている「ブルーライト」が疲れ目の原因になっていると言われています。
ブルーライトは目のちらつきやまぶしさを感じさせていて、目に負担を与えているのです。そこで、そのブルーライトをカットすることができる「パソコン用メガネ」が販売されています。
ブルーライトをカットすることで、目への負担が軽くなり、疲れ目の症状が楽になるという声が多いのです。スマホを長時間使用する人にもおすすめです。

しっかりと睡眠をとる

質の良い睡眠は、身体の疲労を修復させる作用があるので、もちろん疲れ目の解消にもなります。目の周りの筋肉を休めることもでき、血行を良くすることができます。睡眠中は、目は無意識に動いていると言われていますが、それも筋肉をほぐすことにつながっているとも考えられています。

血行を促進する

目の周りを温めて血行を良くしてあげると、目の疲れが取れやすく、効果的です。目を温めてあげることで、目の毛様体筋がリラックスしますし、涙が出やすくなるので、目が潤うようになります。

濡らしたハンドタオルを電子レンジで約30秒から1分温めるだけでできます。アイピローやアイマスクなどでも、温めることができるグッズが販売されているので活用すると良いでしょう。

食事に気を付ける

疲れ目には、栄養バランスの取れた食事を心がけることも必要です。特に必要と言われているのが、次のような栄養素です。

ビタミンA

目の粘膜を保護する作用があり、網膜で光を感知するために必要です。

ビタミンB2

粘膜を保護する働きがあり、目の充血を防いでくれる作用があります。

ビタミンC

ビタミンCが不足すると目の充血の原因になると言われています。

アントシアニン

ブルーベリーに含まれていることで知られている、ポリフェノールの一つです。視力回復や抗酸化作用があります。サプリメントでも良く販売されています。

ルテイン

ルテインは、カロテノイドという植物に含まれている色素の一種です。抗酸化作用が高く、活性酸素から目を守ってくれます。

通常の食事ではなかなか補えない場合は、サプリメントとして取り入れるのも効果的です。「目の健康を維持する」というように、販売されているサプリメントもありますよ。

疲れ目を解消して健康な目を取り戻そう

私達の生活になくてはならない視力。毎日当たり前のように、酷使していませんか?目がショボショボする、乾く、充血するなど、いつものことになってしまっているかもしれません。しかし、そのままにしておくと悪化してしまうこともありますし、目以外の病気のことだってあるのです。多くの疲れ目の原因は、目の使い過ぎやメガネやコンタクトの度が合っていないということ。目を休ませてあげたり、ツボを押したりと、手軽に始められることからしてみましょう。

どんどん疲れ目の症状が悪化してしまう時には、眼科へ行って診察をしてもらうようにしましょう。自分での対処だけでは分からないこともあります。毎日使う大切な目。疲れ目を解消して、健康な目を取り戻して下さい。そして、快適に仕事や日常生活を送れるようにしましょう。