気になる足のむくみは簡単リンパマッサージで解消!

むくみ解消にはリンパマッサージ

女性につきものの悩みである足のむくみ。長時間の立ち仕事やデスクワークで、仕事終わりには足がパンパンに張ってる……なんてことありますよね。

そんなむくみを解消できる方法のひとつとして「リンパマッサージ」があるのをご存じですか?そこで今回は、むくみが起こる体のメカニズムと、自宅で簡単にできるリンパマッサージをご紹介します。

それでは、なぜ足がむくんでしまうのか、その原因から見てみましょう。

むくみの原因は水分

足のむくみは身体の余分な水分が溜まることによって起こってしまう症状となっています。
体内の余分な水分はリンパ液によって運ばれ、やがては身体の外へと排出されることになりますが、もちろんこの際にリンパ液の流れが悪いと、そうした余分な水分を排出するという機能が損なわれてしまいます。

排出されずに身体に溜まった水分は、やがて重力に従い徐々に身体の下の方に集まっていき、結果として末端である足まで移動することになります。

女性がむくみやすい理由とは?

ではなぜ足のむくみは女性に起こりやすい症状となっているのかというと、リンパ液はリンパ管という血管のように身体に張り巡らされた器官の中を通っています。

しかしリンパ液は血液のように心臓によって送り出されているというわけではなく、その周囲の筋肉などによる動きから流れる力を得ているために、男性と比べ筋力の劣る女性はリンパ液を流すための力を得にくくなっているためです。

上記のメカニズムから足がむくんでしまうことによって、だるさを感じてしまったり、普段より太くなってしまうためにもちろん見た目も良くありません。
普段履いている靴がむくみによって履けなくなってしまうといった経験を持つ方も少なくないのではないでしょうか。

リンパマッサージはむくみ以外にも効果が!

足のむくみ以外の悩みに関してもリンパマッサージは効果があります。

例えば、手足の冷えの解消、便秘、アンチエイジング、ダイエット、デトックス効果、免疫機能の向上などの良い影響を得ることができますので、足のむくみでお悩みの方以外でもリンパマッサージを行うメリットは十分にあると言えるでしょう。

リンパ液は余分な水分の他にも、細胞から出た老廃物や、病原体を排除する機能も持っていますので、リンパの流れを整えることによって上記の効果が得られるというわけです。

簡単リンパマッサージのやり方

では実際に具体的なリンパマッサージの行い方を解説していきます。

1. 足の裏

足の裏からマッサージを始めることになります。
足の裏を刺激するというマッサージとしてリフレクソロジーがありますが、リフレクソロジーの考え方では足の裏の反射区と呼ばれる部分を刺激することで、身体の各部のトラブルを解消することができるというものです。

ですが、足の裏を刺激する際に強い痛みを感じるという方もいると思いますので、リンパマッサージにて足の裏をマッサージする場合は、あまり強く押しすぎない程度に留めましょう。

2. 足の甲

次は足の甲に移り、なるべく丁寧にかつ全体的にまんべんなく圧力を指で加えていきます。
足の甲は骨がありますので、なかなか押しにくい場合もあるかと思いますが、リンパの流れを整えるだけでなく、むくみ解消のツボも存在していますのでしっかりと押していきましょう。

3. 足の指

足の裏、足の甲が終われば今度は足の指を揉んでいくようにマッサージを行います。
その際には付け根の部分から先へ向かい、引っ張りながらも滑らせるようにしてつまんでいきます。

4. 膝裏

足全体のマッサージが完了すれば、次は足首から膝裏へとリンパの流れを整えましょう。
膝裏は特に膝窩リンパ節と呼ばれる、リンパ節が集中している部分となっています。

足首から両手を使い、互い違いでさするように膝裏へと上げていきます。

なかなか初めての場合では、手全体を使ってマッサージすることは難しくありますので、なるべく指先から手の平の付け根まで使えるように意識しつつ行うと良いでしょう。

膝から上

最後には膝から上へのマッサージとなりますが、膝窩リンパ節と同様に、足の付け根には鼠径リンパ節と呼ばれる部分が存在していますので、この場合もリンパ節へと流れるように意識しつつ行っていきます。

足首から膝裏へのマッサージと同様に、さするように手全体を使って流しあげて行きましょう。

足の裏からここまでの行程を各部分10秒~15秒をかけて行うことで十分に足のむくみ対処することができますが、もちろん一度行っただけではその効果は体感しにくいですので、なるべく毎日一分づつマッサージを継続していくことをおすすめします。