短期間でダイエットを成功させるには?ダイエット法と成功のポイントをご紹介!

ダイエットを試みても続かない。そんな方も多いのではないでしょうか。
ダイエットは、長引けば長引くほど心が折れてリタイアしやすくなります。そんな方にオススメな、短期間でスパッと体重を落としてしまう方法もあるんです。
今回はリラビーから、健康を損なわず、短期間で効果が現れやすいダイエット法をご紹介します。

https://www.shutterstock.com/home

短期間ダイエットを成功させる為のポイント

短期間でダイエットを成功させるためには、以下の点に気をつける事が大切です。

計画をきちんと立てる

短期間ダイエットを行う際には、1週間、2週間、1カ月というように、ご自身で期間を区切り、その期間内で最大限の効果を得ることができるように準備しておきましょう。
これを行うことにより、ダイエット期間中のメニューが作成しやすくなるだけではなく、栄養管理も楽に行えるようになります。
また、メニュー作成の際には栄養バランスをしっかり考えて、1日の摂取カロリーが1200キロカロリー程度で収まるように注意しましょう。

運動時間を確保できるか確認

短期間ダイエットは、もちろん摂取カロリーを制限しなければなりません。それと同時に運動を行って脂肪の燃焼を促すことも大切です。
そのためには、1日当たり30分程度の運動時間が必要と思われますので、まずは1日あたり運動に割く時間を確保できるかどうか、事前に確認しておきましょう。
運動時間の確保がどうしても難しいのであればカロリー制限のみということになりますので、この場合では思うようなサイズダウンを狙うことができないことがあります。

体重に捉われない

短期間ダイエットには、大幅な体重の減少を求めることはできません。
たとえば、1週間ダイエットであれば最大で1㎏、2週間では最大で2㎏程度しか落とすことができません。
もちろん、無理なカロリー制限をすればそれ以上の減量が可能かもしれませんが、必要な栄養素を摂取しないダイエットは体調不良の原因になるだけではなく、リバウンドの原因になることもあります。
短期間ダイエットには、空腹感に耐える期間が短いというメリットがありますが、短期間で終了させるため、大幅な減量は期待することができません。
つまり、過度な期待をしないことが大切であるということです。

メソッドに従って正しく行う

○○ダイエットというダイエット法は数多く存在していますが、これらのダイエットを行うに当たっては、必ずダイエット法ごとのメソッドに従う必要があります。
それは、それぞれのダイエット法には痩せる理論が存在し、我流でアレンジしてしまうと思うような効果を得ることができなくなる可能性が広がるからです。
たとえば、間食禁止のダイエットを実践する際に、「これくらいなら食べてもかまわないだろう」という自己判断によって間食をしたとしましょう。
これが1回であればまだしも、「これくらいなら」が1日に何回も重なったら、本来計画していた1日の摂取カロリーの許容範囲をはるかに超えることも考えられるわけで、間食禁止ダイエットの意味がなくなってしまいます。
ダイエットを実践するからには、必ず何らかの縛りがありますので、それぞれのダイエット法のメソッドに従って正しく行うことを心がけましょう。

https://www.shutterstock.com/home

短期間ダイエットにチャレンジしてみよう!

それでは、短期間でダイエット効果が現れやすい3種類のダイエットをご紹介します。

脂肪燃焼スープダイエット

1週間の短期決戦ダイエットです。大幅な減量効果を狙うことはできませんが、何種類もの栄養素を摂取するダイエットですので、ダイエットで起こりがちな肌荒れの心配ないでしょう。
また、このダイエットはもともと医療機関で考案された方法ですので、きちんとメソ
ッドに従って行うのであれば、安全性が高いダイエットであるといえるでしょう。

【脂肪燃焼スープダイエットのやり方】

・用意するもの…キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、セロリ、トマト、ホールトマト缶、コンソメスープの素、塩コショウ

    1. 具材とコンソメスープの素を鍋に入れて、野菜が隠れる量の水を注いで煮込みます。
    2. 具材に火が通ったらできあがりです。

 

    • 塩コショウで味を整えていただきましょう。

このダイエットは1週間のスケジュールに沿って行いますので、以下を参考に実践してみてください。

      1日目…スープ+バナナ以外のフルーツ
      2日目…スープ+豆類と糖もろことを除く野菜
      3日目…スープ+ジャガイモ以外の野菜+フルーツ
      4日目…スープ+パナナ3本+500mlのスキムミルク
      5日目…スープ+肉または魚+トマト(6個まで)
      6日目…スープ+牛肉+ジャガイモ以外の野菜
      7日目…スープ+玄米+野菜+フルーツジュース

必ずこのスケジュールを守りましょう。

このダイエットは、食べられないというストレスから解放されますし、1日ごとにメニューが決まっていますので、栄養バランスを崩すことなく行えるというメリットがあります。
また、このダイエットを実践するに当たっては、前日の24時間はアルコールの摂取を控え、生理中には実践を控えてください。
そして、食間には飲み物を飲むことができますが、その際には水やお茶、ブラックコーヒーなど、カロリーを気にする必要がない種類を選びましょう。
このダイエットは1週間という期間を守って行いますが、続けて行いたいのであれば中
2日間を空けて行うように注意しましょう。

https://www.shutterstock.com/home

8時間ダイエット

アメリカ発祥のダイエットで、24時間のうち8時間以内に食事を済ませ、残りの16時間を水などカロリーがない飲み物だけで過ごすという方法です。
このダイエットは、8時間の中で摂取する食事の量や内容に制限が設けられていませんので、ご自身によるダイエットメニュー作成に自信がない方や、どうしても好きの食べ物を我慢できないという方におすすめできるでしょう。
また、○時~○時というような時間の指定がありませんので、不規則な生活を送っている方にも適しているダイエットであるといえそうです。
このダイエットは16時間の間に内臓に休息を与え、消化吸収機能を高める効果を期待できるほか、便秘解消効果も期待できます。
ただし、カロリーがない飲み物だけで過ごす間には、確実にカロリーを摂取する必要があります。
この部分にさえ注意を払えば、最もストレスが少ないダイエットであるといえるでしょう。
このダイエットは毎日行ってもかまいませんが、期間を決めて行うほうが目標を達成できる確率は高くなります。

https://www.shutterstock.com/home

置き換えダイエット

1日1~2食を置き換え用ダイエット食品に置き換えるという方法です。
このダイエットはご自身で1日の摂取カロリーを計算しなくても自動的にカロリー摂取を抑えることができるというメリットがあります。
ただし、上記でご紹介したダイエットよりも費用がかかる可能性がありますので、この方法でダイエットを行うのであれば、1~2週間程度の期間を設定し、無理のない予算の範囲内で行うことをおすすめします。

https://www.shutterstock.com/home

まとめ

ダイエットは、1に計画、2に実践です。
そして、どのような方法でダイエットを行うにせよ、方法が確立されているダイエットを行うのであれば必ずそのメソッドに従う必要があります。
今回は、比較的簡単に行える3種類のダイエットをご紹介しましたが、そこには注意しなければならない点もいくつかあります。
短期間でダイエットを成功させたいのであれば、そのダイエットの性質をよく理解した上で、正しいメソッドで実践することを心がけましょう。