運動不足からダイエットまで!ラジオ体操で効果がでる5つの症状とは?

毎日寒い日が続いていますね!みなさんはいかがお過ごしですか?休日には室内でゲームや読書をして、一日過ごされる方も多いのでは?お正月に食べ過ぎて体重が戻らなかったり、運動不足を感じているけど外に出てまでは……。という方におすすめなのがラジオ体操です。今日はラジオ体操の効果を紹介していきます。

ラジオ体操ってどんな体操なの?

ラジオ体操は80年以上前からある体操です。今や日本の国民的な体操と言っても過言ではありません。みなさんはラジオ体操と聞くとどんなイメージがありますか?小学生の夏休みにみんなでやったけど、大人になってからは全然してないっていう方が多いんじゃないでしょうか?ラジオ体操には性別年齢問わず手軽に運動が出来るように、主に3種類の体操で構成されています。各体操では座ってできるプログラムもあり、個人の目的や体調に合わせて体操の種類を選べるのもおすすめです。

ラジオ体操第1とラジオ体操第2の違いは?

ラジオ体操の代表的な運動としてラジオ体操第1とラジオ体操第2があります。それぞれの体操では13の運動要素が取り入れられ、効果的な全身運動を目的としています。では、具体的にはどのような部分が違うのでしょうか?まず、第1は子供からお年寄りまで誰でも取り組みやすい構成となっています。軽快なリズムに合わせて運動をすることにより、全身の関節や筋肉をバランスよく動かすことが出来ます。

老夫婦の体操

https://www.shutterstock.com/


第2は企業の職場で取り組むことを目的に作られた体操なので、運動対象は基本的に大人になります。第1よりも関節や筋肉を激しく動かし跳躍を多く取り入れたダイナミックな運動です。運動量が多いので体を鍛えて筋力を強化するのに適しています。

みんなの体操とは?

第1と第2のほかに“みんなの体操”という体操があります。あまりなじみがないかも知れませんが、体の不自由な方やお年寄りが取り組みやすいようにゆっくりとしたリズムに合わせて運動することが出来ます。また、普段あまり運動をすることがない方もみんなの体操から取り組んでみてもいいでしょう。この体操の特徴は8つの運動要素がありひとつひとつの動きがゆったりと丁寧にできることです。このことにより、体に負担をかけず無理なく体操を楽しむことが出来ます。リズムはゆっくりですが、全身体操なのでしっかりすることで運動効果はかなり高くなります。
   

ラジオ体操が効果的!5つの健康効果とは?

ラジオ体操は主に3種類ありますが、共通して言えるのは体全体を動かす全身運動をするということです。効果的な全身運動により、ラジオ体操には色々な健康効果が期待できます。各運動の動きによって効果のある症状を紹介していきます。

ラジオ体操で効果的な症状その1|代謝が上がる

ラジオ体操は1セット約3分間の全身運動で、400箇所以上の筋肉を動かすことが出来ます。体を両足でジャンプしたり、手足の曲げ伸ばしや駆け足を繰り返し行うことで筋力を強化して、人間が本来持っている基礎代謝をより高めることが出来ます。基礎代謝が上がることにより、脂肪燃焼効果アップにつながります。

ラジオ体操で効果的な症状その2|肩こり、腰痛の改善

肩こりや腰痛の原因として、長時間椅子に座ったり、目の疲れ、冷えによる筋肉の硬化、腰を曲げての作業などによる慢性的な血行不良が挙げられます。ラジオ体操では血行促進を促す運動として、腕を前後に回す運動は肩周りの関節や筋肉を柔軟にして、肩こりや首筋のコリを軽減できます。また、体を前後や斜めに曲げたり回す運動も腰回りの筋肉を柔軟にして、腰の癖や圧迫を取り除きながら筋力アップができ、腰痛を改善します。

肩こりの女性

https://www.shutterstock.com/

ラジオ体操で効果的な症状その3|冷え性、むくみ改善

冷え性やむくみの改善もラジオ体操で効果が期待できます。冷えの原因は血行不良からくるので、全身運動をすることにより血流を良くして体全体を温めます。手足の先まで血流が届くようになると冷えを感じにくくなります。むくみも体の血流が良くなることにより、腎臓の機能が高まるので、体内に滞っていた余分な老廃物や水分を排出することにより改善されます。

ラジオ体操で効果的な症状その4|柔軟性UPで姿勢が良くなる

体を柔らかくしてキレイな姿勢を作るには、ラジオ体操で左右対称バランスよく体を動かすことが大事です。適度な筋肉をつけ正しい姿勢に矯正することができます。パソコンやスマホの操作で知らぬ間に首や背中に負荷がかかり、猫背やストレートネックに悩んでいる方は作業の途中に休憩時間を作って体操してみてはいかがでしょうか?

ラジオ体操で効果的な症状その5|便秘解消

ラジオ体操ではお腹を横にひねったり、伸ばして腸に直接働きかける運動があります。便秘でお悩みの場合、腸を刺激することで解消を促します。特に、ねじる・伸ばすの動きを意識しながら体操するとより効果的です!また、朝起きてすぐ体操をしておくと、朝食後の腸の活動がより活発になるのでおすすめです。

ラジオ体操はダイエットにも効果があるの?

ラジオ体操により基礎代謝が上がり、カロリーも消費できるのでダイエットの効果も期待できそうです。では、ラジオ体操の具体的な消費カロリーと他の運動と比べるとどれくらい消費カロリーに違いがあるのかを見ていきましょう。

1セットあたりの消費カロリーは?

ラジオ体操の1分当たりの消費カロリーは3~6kcalです。ラジオ体操第1が3分でラジオ体操第2が3分30秒なので、合わせて6分30秒体操したとすると、なんと消費カロリーは30kcal程度になるんです!しっかり取り組むと結構なカロリーを消費できることが分かりますよね。ラジオ体操第1とラジオ体操第2を合わせても1日6分30秒程なので続けやすいのではないでしょうか?

運動別消費カロリーでの比較

運動別1分当たりの消費カロリーを比べてみました。

  • ラジオ体操  3~6kcal
  • ウォーキング 2~4kcal
  • ランニング  7~10kcal
  • 腹筋     6~9kcal
  • 腕立て    3~5kcal
  • スクワット  5~7kcal

ラジオ体操はウォーキングよりも消費カロリーが高いことが分かります。ランニング程の運動量ではありませんが、ダイエットにも効果的です。

ダイエット効果

https://www.shutterstock.com/

ラジオ体操はいつやっているの?

そろそろ、ラジオ体操をやってみたいと思っている方も出てきたのではないでしょうか。でもここでふと、「いつやってるの?」と気になってきますよね。ここではラジオ体操がやっている時間を紹介していきます。

毎日決まった時間にしたい!

ラジオ体操と言えば、早朝というイメージがあると思いますが、テレビやラジオでは朝以外にも一日のうちで何回か放送しています。テレビでは一日3回6:25~6:35、9:55~10:00、14:55~15:00の時間帯で放送しています。朝が忙しい主婦の方は家事が一段落した時間帯もあるので取り組みやすいですよね。ラジオ第一では朝6:30~6:40に放送しています。それ以外の放送時間帯はラジオ第二で行っています。朝の時間帯は長時間ラジオ体操をやっているので、運動効果を高めたい方にはおすすめです!

自分のペースで取り組みたい

時間を決めてしまうと忘れてしまったときや出来なかったときに続かなくなる可能性がありますよね。時間に縛られないでラジオ体操を自分のペースで取り組みたいという方は、インターネットやYouTubeで動画をいつでも見ることができ、好きな時間に運動することができます。パソコンやスマホで手軽に再生でき、ラジオ体操の種類を自由に組み合わせ出来るのでいつでもやりたいだけ出来ますよ。

まとめ

おなじみのラジオ体操について紹介してきましたが、しっかり取り組むことで健康やダイエットなど色々な効果を期待できることが分かりましたね。天候に左右されず室内でも手軽に取り組める体操ですので、始めたくなった方は今日から毎日続けてみてはいかかでしょうか?