カッピングではどのような効果を得ることができるのか

近年の健康ブームからマッサージが流行を見せており、いたるところでリラクゼーションを主なサービスとしているマッサージ店が増えてきています。

こうしたサービスも実に多岐にわたっており、中には器具を用いたリラクゼーションを提供しているところも最近では少なくなく、例えば美容鍼が代表的なものでしょう。

器具を用いたリラクゼーションとしてカッピングも話題となっている一つですが、カッピングを受けたことがないという方にとっては、皮膚の表面を吸うだけで一体どんな効果が得られるものかと懐疑的な部分もあるのではないでしょうか。

カッピングの特徴

カッピングによって皮膚の表面を吸い付けることで、その部分に血液が集中し皮膚が鬱血と呼ばれる状態へとなります。
カッピングではこの鬱血した状態の皮膚の色によって、現在の健康状態が判別できるとされています。

もし血行に問題がなく身体が健康であれば、カッピングで鬱血した部分は濃いピンクとなりますが、血行が悪く不調であるとドス黒い紫色になってしまうそうです。

また施術者から見ると、カッピングした状態によって身体のどの部分が悪くなっているのかということも分かってくると言われています。

肩こりといった筋肉の部分的な不調がある、なんだかお通じが悪い、肌の悩みがある、ストレスを感じている、夜に眠ることができないなどの問題を抱えている方の場合は紫色になってしまうことが多くあります。

カッピングで得られる効果とは?

主にカッピングを行うのは背中の部分ですが、カッピングを行うことによって具体的にどのような効果が得られるのかが疑問ではないでしょうか。
カッピングは前述の通りに血液を吸い付けるために、血流を改善させることができます。

東洋医学においては血流が悪いことを瘀血と呼び、この瘀血が原因となって身体に様々な不調を及ぼしてしまうと考えられています。

つまりカッピングはこの瘀血を改善させる効果を持つことから、原因に対処することで身体のその他の不調へと対応することができるというわけです。
カッピングの施術を行っているところでは、ただ吸い付けるだけというところもあれば、吸い付けた部分の血を抜く施術を行っているところもあります。

カッピングでわかる不調のサイン

カッピングにて改善効果がある不調の内容としては、肩こりや腰痛など各部の慢性的な痛みやだるさ、生理痛や冷え性といった女性特有の悩み、ニキビなどの肌荒れ、消化器官系の不調の他、ダイエットも実践することができるそうです。

カッピングの施術を受けてみた方の意見を集めてみると、施術を受けた直後にスッキリしたという意見が非常に多く目に留まりますので、リラクゼーションとして見れば十分な効果があると言えるでしょう。

身体に慢性的な不調を抱えている方の場合でも、何度か継続してカッピングを受けることで改善することができたという話も耳にすることができます。
施術そのものにかかる時間は短く、カップを吸い付ければあとは数分程度待つだけとなっていますので、忙しくて時間が無い方でも利用しやすいメリットもあります。

カッピングのデメリット

カッピングの一つ残念な点としては、施術の跡が残ってしまいます。
ですので、例えば温泉旅行やリゾートへの旅行などにて、肌を露出する機会があるという場合は、その直前には受けないことをおすすめします。

専門的にカッピングを行っている施設も現在ではありますが、エステサロンなどでもカッピングを採り入れているところが少なくないようです。

マッサージだけではなんだか不調が改善されない、またはちょっと変わったリラクゼーションを体験してみたいという方は、是非カッピングを受けてみてはいかがでしょうか。