カッピングで残った痕は健康状態のバロメーター

いまいちマッサージを受けただけでは肩こりや腰痛などの不調が解消されない、そんな方におすすめしたいのがカッピングと呼ばれるものです。
現在多くのリラクゼーションをサービスとして提供している店舗では様々な手法が取り入れられており、それぞれに身体の不調を解消する効果があると謳っていたりしますが、やはり個人差があるもので、色々なリラクゼーションを受けてもどうにも不調が続いてしまうという場合は一度カッピングを試してみて下さい。

現在、カッピングを受けてみたいと考えるのであれば、最近ではカッピングを行っているリラクゼーション店も少なくありませんので比較的簡単に見つけることができるでしょう。
またインターネット上の通信販売サイトなどにて、自宅で手軽にできるカッピングキットなども販売されていますので、こちらを購入してみるのもいいかもしれません。

そもそもカッピングとはなにかについてですが、リラクゼーションの多くは手技にて身体に圧力を加えたりするものが主な内容となっていますが、カッピングの場合は名前の通りにカップ状の器具を使用し、この器具の中の空気を抜いて肌に吸い付けるというものです。
吸い付ける主な箇所としては背中が多く、背中の全体の複数箇所へとカップを吸い付けることになります。

器具を吸い付けた直後は肌が盛り上がり、その箇所が鬱血した状態となってしまうために、カッピングの施術を受けると痕が残ってしまいます。
このカッピング痕の肌の色によって身体の健康状態がわかるとされ、カッピング痕の色が濃い紫であればあるほど身体は不調な状態であると言われています。
また濃い色であればあるほど長期間痕が残ってしまうそうで、最長では二週間程も残ることもありますので、温泉などで肌を露出する機会があるという方の場合は、その直前にカッピングを受けることは避けたほうが良いかもしれません。
逆に健康な状態であれば、カッピング痕は赤みが差す程度しか残らず、期間も短く済むことが多いようです。

ではカッピングの具体的なその効果とは、と気になる方も多いと思います。
カッピングによって得られる効果には、疲労回復、代謝機能の促進や、肩こりなどのだるさや痛み、冷え性といった不調を改善する他、円形脱毛症やストレスにも良いとされ、ダイエットも実践することができるそうです。

なぜカッピングによってこうした効果を得ることができるのかというと、簡単に言えばカッピングは血流を促進させる働きがあります。
カッピングによって吸い付けた箇所は血管が収縮することになりますが、その後に器具を外すと再び血管が元に戻り拡張しますので、収縮によって塞き止められていた血液が勢い良く流れていきます。
これがカッピングの仕組みとなっており、複数回受けることによってその効果は累積していき、より身体の不調の改善効果を得ることができます。
また一度カッピングを受けただけでも爽快感があったりと、リラクゼーション効果も抜群となっています。

血液中にコレステロールやまたは老廃物などが多く含まれていることによってその流れが悪くなってしまいます。
これを東洋医学では瘀血と呼び、身体の不調を招いてしまう原因であるとされています。
もし瘀血となっている状態であると、前述のとおりにカッピングを受けた痕がドス黒い紫色となることから一目で判別することができます。
この瘀血を解消するというのがカッピングの本来の目的です。
変わったリラクゼーションを受けたみたいという方や、または慢性的な不調に悩まされているという方は、最寄りにてカッピングを受けてみて下さい。