【クライオセラピーとは】体を冷やしてダイエット?クライオセラピーの8つの効果

皆さんクライオセラピーってご存知ですか?
2017年に歌手のウィズ・カリファが体験動画をSNSにアップして話題になりましたが、そのクライオセラピーが、アメリカで今人気上昇中なんだそうです。
そこで今回は、日本ではあまり知られていない、クライオセラピーについてご紹介致します!

クライオセラピー

引用https://greatist.com

クライオセラピーとは

クライオセラピー(Cryotherapy)のCryoとは、日本語で「凍結」や「冷凍」と言う意味です。
マシーンの中に入り、温度を一気に摂氏-190度程まで下げるという全身冷却療法(Whole Body Cryotherapy略してWBC)です。
アメリカのクライオセラピーファンが言うには、クライオセラピーのマシーンの中でたった3分過ごすだけで、約500-800カロリー燃焼出来るとのこと。
そんな短時間で多くのカロリーを燃焼させられるんて、夢のようですよね。

クライオセラピーの8つの効果

いったいこのクライオセラピーにはどんな効果が期待できるのでしょうか。
アメリカで話題になっているクライオセラピーの効果をご紹介致します。

筋肉疲労の回復

クライオセラピーは、筋肉痛や関節痛に効果があると言われています。多くのアスリートやプロスポーツ選手が、怪我の治療にこのクライオセラピーを採用しているそう。
医師も筋肉痛や怪我をした際にアイシングを勧めており、それをすることにより血液循環が上がり痛みの軽減につながるとのこと。

2000年には、クライオセラピーが一時的にリウマチの痛みを取ることが出来ると研究により発見されました。
また、2017年にはクライオセラピーは筋肉の痛みを暖和するスピードを上げる効果があることも研究により発表されました。しかし、実はクライオセラピーよりも冷たい水に浸かることの方がより効果的とのことですが、それもそれでつらそうです。

すべての研究結果が、クライオセラピーに筋肉の痛みを癒す役割があると述べているわけではなく、重大な成果はまだ発見できていないとも言われています。

ダイエット効果

クライオセラピーだけで体重を落とすことは出来ませんが、ダイエットサポートは可能でしょう。
体を冷やすことで、より体は温かく保とうとするからです。
いくつかのクライオセラピー提供者は、少しの時間のクライオセラピーで、1日代謝を上げる事ができると断言しています。
体が寒さに反応することにより新陳代謝が体温調整し、最初に感じた寒さは長くは続かないそう。

そして何よりも、クライオセラピーは筋肉痛を和らげるため、直ぐにまたいつものフィットネスに戻れます。
それは筋肉痛でダイエットを休むことなく、運動を続けられるということにつながりますね。

炎症の軽減

炎症は感染症と戦う免疫システムのうちのひとつですが、時々、この免疫システムはオーバーに反応してしまいます。
慢性的な炎症は様々な健康問題につながります。例えばガン、糖尿病、うつ病、痴呆症、関節炎のような。
つまり、炎症を抑えることは健康面全体を向上させ、多くの慢性的な病気のリスクを減らしてくれます。
いくつかの研究はクライオセラピーを推奨していますが、それらの多くはラットで研究されたもの。人間への効果データが増えるといいですね。

認知症の予防

もしクライオセラピーが炎症を抑えることが出来るのであれば、痴呆症になるリスクも減少させることが出来るかもしれないとのこと。
2012年に、クライオセラピーには炎症と、そして痴呆症(軽度の認知障害、および他の加齢による認知低下を含む。)に関連する酸化ストレスを減らすことが出来る可能性あるとアメリカの新聞に書かれていました。

ガン予防や治療

全身冷却療法が炎症を抑えることができるであろうことから、それは癌になるリスクも少なく出来る可能性でもあるということ。
これまで、クライオセラピーが、発症してしまった癌を癒やすことが出来るという証拠はありませんでした。
しかし、メディカルクライオセラピーは特定な形態の癌に対して十分に確立された治療法です。
医師はクライオセラピーを使用し、皮膚や子宮頸部のがん細胞を凍らせて取リ除き、時には他のがんを除去することがあるとのことです。

偏頭痛の緩和

首に焦点を当てるクライオセラピーは、偏頭痛予防に効果があると言われています。
2013年に行われた研究では、偏頭痛を持っている人たちの首にクライオセラピーを行ったところ、痛みを消し去ることは出来なかったが、減少したとのこと。
偏頭痛では血管の広がりを抑えるためにカフェインを摂取したり、冷やしたりもするので、痛みの暖和には使えそうですね。

クライオセラピー

引用https://blog.bulletproof.com

気分向上

クライオセラピーが炎症を抑える効果があるという研究結果は、炎症に関連するメンタルヘルスにも効果があると示唆しています。
そして、クライオセラピーやメンタルヘルスに関するその他の研究もまた、この主張を支持しています。

2008年の研究では、クライオセラピーを受けたうつ病患者の3分の1が、症状の50%が無くなったと言います。これはクライオセラピーを受けていない人たちよりも遥かに高い減少であったそうです。

湿疹の症状を改善

湿疹として知られる慢性的皮膚炎は激しくかゆい乾燥肌を引き起こす可能性があります。
2008年に行われた湿疹の研究では、参加者に薬の使用をやめ、彼らにクライオセラピーを受けてもらいました。その彼らの多くに湿疹の改善が見られたそうです。
中には皮膚の小さな部分に凍傷を訴えた者もいたそうなので、注意が必要ですね。

クライオセラピー

引用http://www.ahchealthenews.com

動画紹介

さて、クライオセラピーに期待できる8つの効果をご紹介いたしましたが、-190度なんて一体どんな感じなのか想像もつかないですよね。
筆者もクライオセラピーは未経験なので、ここで経験者の手越祐也さんの動画をご紹介致します。

やはり寒そうです……。

クライオセラピーの安全性について

一般的には安全とされていますが、クライオセラピーに挑戦する前に医師に相談することが大事でしょう。
妊娠をしている方、お子様、高血圧の方、心臓に疾患を抱えている方はクライオセラピーを行うのは避けるべきです。
そして数分以上クライオセラピーを行う事も致命傷になりかねません。
慣れて心地良くなったとしても、クライオセラピー中に居眠りなんて絶対にしてはいけませんし、推奨された時間枠を超えないように各セッションの時間を計る必要があります。

まとめ

クライオセラピーの歴史はまだ浅いため、その効果はまだはっきりとは証明されていません。
しかし、クライオセラピーには色々な私達の悩みをサポートする未来が秘められています。日本でも、クライオセラピーを扱うサロンでは安全に施工を受けることが出来ますので、寒さに強い方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?