苦しいお腹の張りの原因は便秘!?絶対知りたい便秘の原因と解消方法

最近、お腹が張って苦しい、下腹部が出てくる、お腹が硬い感じがするなど、思い当たる所はありませんか?気が付けば便が何日も出ていないということがあるかもしれません。ぽっこりお腹になっていれば、見た目も気になりますよね。早く解消したいけど、なかなか改善できなくて悩んでいる人が多い便秘。便秘も放っておくと身体にも肌にも良くないことが起こることも…そこで今回は、便秘の原因から解消方法までご紹介します。

便秘の症状

排便の回数は個人差があるので、便秘だと感じる症状、状態も人によって違います。1日出ないだけで、苦しいと感じる人もいれば、1週間くらい便が出なくても平気な人もいます。便秘の定義は「自分で満足できない排便の状態」です。一般的には、「週に3回未満しか排便がない」状態が便秘の目安とされています。感じる症状も下のようにいろいろとあります。

  • お腹が張る(腹部膨満感)
  • お腹が痛い
  • 排便時の不快感
  • 頭痛
  • 胃痛、胃もたれ
  • ニキビ、肌荒れ
  • むくみ
  • 疲労
  • 肥満
  • 口臭や体臭の悪化
  • イライラ、うつ状態

便秘に悩むのは、女性の方が多く、高齢になるほど増加する傾向にあります。しかし、男性でも便秘に悩んでいる人もいます。便秘の症状は、お腹が張る、苦しいという状態だけでなく、肌荒れや頭痛など、身体全体の不調にもつながります。そして、精神的にも影響が出てくる場合もあるのです。

便秘の原因

便秘にはいくつも原因があり、人によって異なります。そして、大きくは「機能性便秘」と「器質性便秘」に分けられます。では、便秘の原因について詳しく見ていきましょう。

機能性便秘

もっとも一般的な便秘と言われているのが、「機能性便秘」です。腸の働きが低下することで起こります。その原因は次のようなもので、はっきりと分からない場合もあります。

  • 偏った食生活
  • 水分摂取ができていない
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス

機能性便秘の中でも大きく2つの種類に分けられます。

排便回数減少型

排便の回数や排便の量が減ることで、腸に便が溜まってしまってしまう状態です。お腹が張ったり、痛みを感じたりしてしまいます。これは生活習慣やストレスが大きく関わっていると言われています。腸の動きが悪くなってしまうと、どんどん腸の中に便が溜まり、水分がなくなり固くなってしまい悪循環です。また、食事量が少ない、食物繊維の摂取が少ないということがあると、排便の量自体が減ってしまうので、徐々に腸全体の動きが悪くなって、回数が減ってしまいます。

排便困難型

すっきりと便を排出できない状態を排便困難型と言います。骨盤底筋群の低下、腹圧低下、直腸感覚低下などが原因であげられます。便意を我慢している、運動不足などが関わっていると考えられます。

器質性便秘

器質性便秘は、胃や腸、肛門などの消化器系の病気が原因になって便秘になっている状態を言います。重篤な病気の場合もあるので、自己判断をしないようにしましょう。内科系の病気によって、内臓の機能にも不調が出ることで、便秘につながることもあります。
器質性便秘の原因になる病気には次のようなものがあります。

  • 大腸がん
  • クローン病
  • 腸閉塞
  • 腸捻転
  • 糖尿病
  • パーキンソン病

過敏性腸症候群という便秘や下痢を繰り返してしまう病気の場合もあります。器質性便秘は、激しい吐き気や腹痛、血便、発熱などを伴うのが、機能性便秘と違う点。こういった場合は、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

薬の副作用によるもの

病気の治療によって服用した薬の副作用によって便秘になる場合があります。「薬剤性便秘」と言います。抗コリン薬や抗うつ薬が良く知られています。抗生物質でも腸の常在菌まで死滅することで、便秘になる場合もあります。

便秘の解消法

便秘の原因や症状によって、便秘の解消方法も変わってきます。間違ったケアをしていると、症状を悪化させてしまうことにもなります。自分に合った解消方法を実践しましょう。

薬による治療

便秘を改善する薬にもいろいろな種類があります。市販されているものもありますが、症状に合わずに便秘の解消にならず、逆に体調を崩してしまうという人もいます。
便秘薬には次のようなものがあります。

刺激性下剤

刺激性下剤は、腸の粘膜を刺激して、蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで排便を促すことができる薬です。効き目が強いですが、腹痛を伴うこともあり、長期間使用を続けると効果がなくなり、薬の量をどんどん増やしてしまうということもあります。

浣腸剤

浣腸剤は肛門から直接薬を入れて、腸に刺激を与えるという薬です。最も即効性があるので、すぐに排便を促す場合に使用されます。

塩類下剤、膨張性下剤

塩類下剤は、腸内に水分を集めて便を柔らかくすることで、大腸の蠕動運動が活発になり、排便しやすくなる薬です。くせになりにくいタイプなので、継続して使用しやすい薬剤です。

便秘薬の注意点

便秘薬は手軽に手に入れることができます。しかし、使い方を間違えると、健康を損なう場合もあります。飲む場合は、説明書をきちんと読み、用法用量を正しく守るようにしましょう。自己判断をせずに、便秘が改善されないようであれば、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

生活習慣の見直し

規則正しい生活をしていることも、便秘の解消には大切になります。規則正しい生活を送ることで、身体の自律神経が正常に働くので、腸の働きも調節することができます。

忙しくてトイレに行く時間を確保できないことで、便秘になる場合もあります。毎朝決まった時間にトイレに座ってみるなど、排便の習慣をつけることもおすすめです。

運動をする

お腹の腹筋が弱くなっていると、腸の動きが悪くなってしまいます。また、身体全体の筋肉量が落ちることで、代謝が下がり、腸の機能も悪くなり、便秘につながります。

腹筋を鍛える、ウォーキングをするなど運動を行うようにすることで、腸の動きを活性化させることができます。

食事の改善をする

1日3回、栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。無理なダイエットでの食事制限をすると、食べる量が極端に少なくなるので、便ももちろん出ない状態になります。また、栄養バランスが偏ってしまうと、腸の働きが悪くなり、便が腸に溜まってしまうことになってしまいます。

便秘の改善に必要と良く言われるのが、「食物繊維」です。食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。水溶性食物繊維は便に水分を与えて、柔らかく排出しやすい状態にします。不溶性食物繊維は便のカサを増やして、腸の蠕動運動を良くすることができます。どちらかの食物繊維に偏るのではなく、2つをバランスよく摂取することが大切です

また、発酵食品を摂取することもおすすめです。発酵食品に含まれている乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌が増え、排便を促してくれるようになります。水分もしっかりと摂取して、腸の便を柔らかい状態にして腸を通過しやすいようにしておきましょう。

ストレス解消

ストレスが溜まってしまうと、自律神経が乱れてしまうことで、腸が正常に働かなくなってしまいます。イライラしたり、不安を抱えてしまっている時には、自分のリフレッシュできることをしたり、休息をとったりとストレス解消やリラックスをするように心がけて下さい。

ツボを押す

便秘解消に良いとされるツボがあります。何も使わなくても、空いた時間にツボを刺激するだけで良いので簡単です。力強く押せば効くというものでもないので、ゆっくりと圧をかけるようにして、ほぐすようにしていきましょう。

大腸愈(だいちょうゆ)

大腸愈は自律神経の緊張を緩めて、便秘の解消に期待できるツボです。腰骨の一番出ている付近の背骨から、指2本くらい離れた所の左右1か所ずつにあります。

両手で握りこぶしをすくって、その上に大腸愈に当たるように仰向けになります。ひざを曲げて、足を立てて、ゆっくりと握りこぶしに体重をかけるように左右に動かすと刺激しやすいでしょう。

天枢(てんすう)

天枢は、おへそから指の幅3本分外側にある、お腹のツボです。左右同じ位置にあります。お腹が軽くへこむくらいに、人差し指、中指、薬指の3本の指で押しましょう。大腸の動きを良くしてくれるツボです。

マッサージをする

便秘のときには、腸の動きを良くしてあげることが大切なので、外からマッサージをすることは効果的です。腸の形に沿って、「の」の字を書くように時計回りにマッサージをしてあげましょう。強く押すのではなく、手の平全体を使って、優しくさするようにします。マッサージクリームやオイルを使っても良いですし、仰向けになって服の上からさするようにするのも良いでしょう。

便秘を解消してすっきり快適に過ごそう!

女性に多い便秘ですが、男性でも食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどで便秘になる場合があります。便秘はお腹が張って苦しいですし、そのまま放っておくと、頭痛や疲労、肥満などの症状に悪化することもあります。解消するには、まずは原因を知ること。もしかしたら、重い病気の場合もあります。激しい痛みや血便を伴うような場合は、病院で相談するようにしましょう。

それ以外の場合は、自分の生活習慣などを振り返ってみて、自分に合った解消方法を始めてみましょう。簡単に始められるものもありますよ!便秘薬も便利ですが、自己判断で使用せず、正しく使用するようにしましょう。苦しい便秘を解消して、すっきりとした身体で毎日を快適に過ごしましょう。