体の中も外もキレイになれる、腸活のヒミツをご紹介

腸活でキレイになる Designed by Freepik

腸活は、腸内環境を整えることで、美肌や健康促進につながるといわれている話題の美容・健康法。腸内環境が乱れると老廃物が蓄積し、肌荒れの原因や生活習慣病のリスクを高めることにもなるのです。腸のことは何となく知っているようで深く理解している方は少ないのではないでしょうか。腸活を成功させるために、もう一度腸活とは何なのか見直してみましょう。

「腸内環境が良い」ってどういう状態?

腸内には約1,000種類、100兆個を超える細菌が生息しているといいます。これらを腸内細菌と呼んでいて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3つのタイプに分けることができます。この3つの菌がバランス良く保たれている状態を、「腸内環境が良い」といいます。腸に悪影響を及ぼす悪玉菌も完全にゼロにすることはできませんが、善玉菌や日和見菌のバランスが適正であれば、悪玉菌はあまり影響しないのです。
それでは、それぞれの菌の働きと特徴を理解しておきましょう。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌などが善玉菌です。健康に役立つ菌のことで、これらの菌は元々人の腸内にも生息しています。乳酸菌やビフィズス菌を活用したヨーグルトやサプリメントなどが売られており、人の腸内細菌から取り出して培養したものを食品に添加して健康対策ができる菌もあります。

悪玉菌

腸内環境が悪くなると悪玉菌が増加します。悪玉菌は有害物質を発生させ、毒素により健康を損なう可能性があります。大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌なども悪玉菌です。便秘がちな方は悪玉菌が増殖しやすいといわれています。また、加齢によっても悪玉菌が増えることがあります。

日和見菌

善玉菌、悪玉菌のどちらにもなりえる菌のことです。善玉菌が増えれば悪さをせずおとなしくしていて、悪玉菌が増えれば悪玉菌の働きに近くなり腸内環境は乱れてしまいます。腸内環境のなかで一番日和見菌が多く、善玉菌を優性に働かせることができれば、日和見菌も善玉の味方となってくれ、腸内環境は整うのです。

3つの菌は、比率が日和見菌が7.5、善玉菌が1.5、悪玉菌が1だとバランスが調っています。腸内環境が乱れると善玉菌が1、悪玉菌が2と割合が逆転し、同時に日和見菌も悪玉菌の味方をしてしまいます。逆に善玉菌が多ければ、悪玉菌の増殖は抑制でき悪影響は及ぼすことはないのです。

悪玉菌が増えると起きやすくなる不調

腸内でできるだけ善玉菌の割合を増やし、悪玉菌が増殖しない環境を作る必要があります。悪玉菌が増えすぎると、腸内細菌で7割もある日和見菌が悪玉菌のような働きとなってしまい、体に悪影響を及ぼします。悪玉菌が増えるとさまざまな体の不調とも関係してくるのです。

①肌荒れ

悪玉菌が増えると毒素が発生し、血液を通して全身に運ばれていきます。その時に影響を受けやすいのが肌で、本人もその変化に気が付きやすいものです。皮膚は排泄器官の一種のため、腸内環境が乱れて便と一緒に毒素を排出できなければ、肌がその役割の一部を引き受けるのです。よって、悪玉菌が増えるとニキビ、肌荒れ、吹き出物などが出やすう状態に。これは毒素を排出しようとする働きなのです。

②体臭がきつくなる

悪玉菌が増えると便秘になりやすく、便が腐敗してガスを発生させます。そのガスは全身へと運ばれ体臭へと変わります。悪玉菌が多くてもきちんと排便ができていれば体臭は強くならないのですが、悪玉菌が増加すると腸のぜんどう運動も弱くなるため、多くの場合は便秘がちになります。何日も便が出ない人は悪玉菌が増加して、体臭がきつくなっている可能性があるので注意しましょう。

③ポリープの発生

悪玉菌が増えると毒素が発生し、腸の壁にポリープができやすくなります。その一部ががん化することがあるため、腸内環境の乱れは見逃すことはできません。実は、善玉菌が多いと有害物質を抑えてくれるのです。年齢を重ねるごとに大腸がんになりやすいのは、加齢で善玉菌が減りやすいためです。

④免疫力の低下

腸内環境の乱れは免疫力にも影響を及ぼします。悪玉菌が多い人は風邪など感染症にかかりやすく、アレルギーを持っている方も多いようです。免疫力の低下は病気の原因にもなります。腸には免疫細胞が多く存在し、体内にある免疫細胞の約6割が腸と関係しているといわれています。

⑤代謝低下

腸内環境が乱れると老廃物が蓄積し、血液がドロドロ化していきます。腸に停滞した老廃物が血液内に入り込んでしまうのです。血液のドロドロは生活習慣病の問題にもなります。さらに腸から栄養がうまく吸収できなくなり、代謝が落ちて太りやすくなる可能性があります。

⑥心の不安定

幸せホルモンともいわれる「セロトニン」の合成には腸が関係しており、腸の乱れは心にも影響を及ぼすといいます。不安定な心の改善という点でも腸内環境を整えることが注目されています。デトックスをしたいならここ

次ページ腸活にかかせない食べ物とは?