腸活の方法を学んで、健康的でキレイな調子の良い体作りへ

腸活で健康な体作り

腸は第二の脳といわれるほど、体の調子を左右するとても大切な臓器です。最近、腸の働きを正常に保ち、より活発に働けるように促す「腸活」という言葉をよく耳にします。では、腸活とはどのようなやり方で実践できるのでしょうか。

腸の状態をチェック

腸活のやり方を知るうえで、自分の腸の状態を把握しておくことは大切です。肉や油もの、甘いものを多く摂取している場合、腸に良い生活を送っているとはいえません。また、深夜の食事など不規則な生活や、夜更かし、運動不足、睡眠不足なども腸の状態を正常に保つには適しません。

その他にも、胃もたれなどで不快感を抱くような場合も腸内の環境は良くないといえます。こうしたことに該当する方は今すぐにでも腸活によって体質を改善していく必要があるでしょう。

腸活の方法

腸活の基本的なやり方は、適度に水を飲むことから始まります。水を飲むことによって、体の老廃物をしっかりと流すことができます。水分が少ないと老廃物を流しきることができず、体内に停滞してしまうのです。

また、体への負担を考慮する場合には、冷たい水ではなく、常温か白湯にするとよいでしょう。飲む量としては、一日に2リットルが目安とされています。飲みすぎても水分代謝が落ちてしまってかえって体にはよくないので、適度な水量を摂取することが大切です。

定期的な食事

腸活の食事はバナナ

食事のペースは体内のリズムを左右するとても大事な要素です。忙しい毎日の中で、特に疎かになりがちなのが朝ごはんかもしれません。もし、時間がなくてしっかりと食事をすることができないとしても、バナナなどの手軽に食べられるフルーツを摂取しましょう。

スムージーなどにして飲むのもよいのですが、できれば固形のものを食べることで腸の働きをより活性化させることができます。ただし、朝から油ものなどの高カロリーな食事をしてしまうと胃に大きな負担をかけることになりますし、腸の働きにも悪影響が出ますので注意しましょう。

また、腸を一度リセットするために、食事量を減らすなどしてみることもおすすめです。腸の状態が一旦戻ってきたと感じたら、少しずつ食事を通常のものに戻してみましょう。なお、腸をリセットしようとして全く食べないことは逆に体に負担をかけますので、自分の判断だけで安易に行わないようにしましょう。

腸活に適したものを食べよう

何を食べるかの選択も腸活の効果を考える上で無視できません。ヨーグルトは腸活のイメージも持ちやすい食べ物のひとつですが、ほかにも納豆、みそ、ほうれんそう、ニンジン、ゴボウ、りんごなど、腸の働きを活発にさせるものはたくさんあります。

普段の献立の中に意識して取り入れることで、より腸にとって良い食生活にしていくことができるでしょう。

1日2回が理想!適度な運動

腸活には運動も欠かせない

あまり時間がなくても体を動かすことは大切です。運動とまではいえないような些細なことでも、体にとっての効果は期待できます。

例えば、意識して歩いてみることや、掃除を行うことなどです。デスクワークの方は体を動かす機会を作ることが少ないかもしれませんが、通勤時間を上手に使い運動の時間として活用することもできるかもしれません。少しの工夫で運動の時間を作れる可能性は大いにありますので、ちりも積もれば山となるの精神で、生活の中に取り入れてみましょう。

まとめ

このように腸活のやり方は、普段の生活に簡単に取り入れることができそうなものばかりです。腸の働きが良くなれば、健康はもちろん、美容にも高い効果が期待できます。

無理のない範囲で、自分のできそうなものから少しずつ実践してみましょう。意外に早く腸活の効果を実感することができるかもしれません。