整体院と整骨院、名前は似てるけどどこが違うの?

リラクゼーションをサービスとする店舗が増えている昨今、似たような名称から混同されがちなものが幾つかあるようです。
中でも最もまぎらわしいものとしては整体院と整骨院の二つでしょう。
身体を整える施術院として整体院、骨を整える施術院として整骨院、パッと見た感じ両者とも同じような雰囲気を感じます。
しかし名前は似ていてもこの両者はかなり大きな違いがあるということをご存知でしょうか。

まず整骨院に関して見ていきましょう。
整骨院にて受けることができる施術は柔道整復術という名称となっており、この柔道整復術として施術を行う者を柔道整復師と呼びます。
柔道整復師は国家資格もありますので、言うなれば国に認められた職業でもあるわけです。
柔道整復術は軽度の外傷程度ではありますが、その治療行為も行うことが可能で、医師資格と同様に治療を行うことができる資格となっています。
軽度の外傷として、骨折や脱臼、その他打撲や捻挫などが該当するものです。
もちろん柔道整復師の資格を得ていなければ、整骨院を開業することはできません。
整骨院に似た名称の施術院として接骨院がありますが、整骨院と接骨院は名称が違うだけで両者ともに柔道整復師が開業している施術院です。

では整体院とはどういったものなのでしょうか。
整体院を開業するにあたっては上記の柔道整復師のような国家資格は必要となりません。
整体で行われている施術は広義においてマッサージの一種と考えることができますが、マッサージ店を開業するための資格としてあん摩マッサージ指圧師と呼ばれる資格があります。
つまりはこのあん摩マッサージ指圧師の資格を持っていなければマッサージ店を開業することができないということになりますが、しかし整体院を開業するにあたっては上記の通りに何ら資格を必要としません。
これはなぜなのかと疑問に感じる部分だと思いますが、整体はあくまで整体としてのサービスであり、マッサージに似てはいるものの違う施術という認識になっているためです。
整体は分類上、マッサージの類似行為となっていますので、整体をサービスとして店舗を開くのであれば資格は必要ないという建前となっています。
もちろん、そういった建前があったとしてもあん摩マッサージ指圧師の資格を得て開業したほうが何かと有利な面もありますし、一般的に見れば整体もマッサージの一種と考えることもできるので、なるべくなら望ましいと言えるでしょう。
現状において、無資格にて開業しているような整体院も少なくありませんが、多くの場合ではあん摩マッサージ指圧師の資格を得て開業されています。

またこれも混乱しがちなケースではありますが、整体院を開業しているという方の場合でも柔道整復師の資格を持っていることがあります。
そんな整体院で行われている施術に関して、整体なのか柔道整復術なのかは実際に受けてみるまでわからないという部分もでてくるかもしれません。
もちろん不調や外傷など患者が抱える問題によって使い分けられることになるでしょう。

近年ではリラクゼーションがブームということもあって、それに関連する国家資格に注目が集まっています。
上記の柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師以外にも、はり師やきゅう師といった国家資格がありますので、場合によっては複数の資格を持っているという施術者も現在では少なくありません。