カフェイン中毒とは?予防法の「デカフェ」についても詳しくご紹介!

毎朝の習慣のように、仕事中の休憩時間に、コーヒーを飲まれる方も多いでしょう。しかし、コーヒーに含まれている「カフェイン」の摂り過ぎによって、中毒症状が起こることをご存知ですか?この記事ではカフェイン中毒による症状と、その予防法や治療法について詳しくご説明します。

カフェイン中毒とは

カフェイン中毒とは、カフェインを短時間に大量に摂取することで引き起こされる中毒症状を指します。
アルコール中毒と同じように、実はカフェインも短時間の過剰摂取は危険です。
目を覚まそうと、集中力を高めようとして、コーヒーなどのカフェイン飲料を摂取することもありますよね。しかしながら、今の状態を良くしようとカフェインを摂取したのに、逆に心拍数が増加して落ち着きがなくなったり、胃痛や吐き気を生じたりと言った症状を引き起こしてしまうことはないでしょうか。これがカフェイン中毒の主な症状であり、重篤の場合はパニック症状や痙攣を引き起こすこともあるのです。

では具体的に、どのようなものをどのくらい摂取することで、こういった中毒症状を生じるのでしょうか。まずは、カフェイン中毒の特徴についてご説明します。

<img src="2.jpg" alt="いろいろなコーヒー">

引用:https://foryourimages.com

カフェインはこんなものにも含まれている!

カフェインと聞いて一番思い浮かぶ身近なものと言えば、やはりコーヒーですよね。
しかしコーヒー以外にも、炭酸飲料・紅茶・お茶・栄養ドリンク・薬などにも、カフェインは含まれている場合があります。眠気覚ましのために栄養ドリンクを大量に飲んで、中毒症状を引き起こした方もいるのです。
紅茶には、タンニンというカフェインの効果を和らげたりする成分が含まれていて、リラックス効果も期待できたりしますが、だからと言って大量に摂取してはいけません。

どのくらいの量で中毒になるのか?

では具体的に摂取量をどのくらいに抑えれば良いのでしょうか。実は、明確な基準値が定められているわけではないのですが、1日当たり400mg程度なら安全だとされています。コーヒー1杯のカフェイン量が100~150mgであることから、コーヒーなら1日3杯くらいが適量でしょう。つまり、朝・昼・夜と3回程度の摂取で1日の安全摂取量に達してしまうというわけなのです。

また、こちらの数値はあくまで健康な成人の場合であり、体調によって、年齢によって、個人差によって、これより低い数値でカフェイン中毒の症状が出る可能性もあります。更には、紅茶・コーラ・お茶においても、1杯当たり40~75mgのカフェインが含まれていることを認識して、摂り過ぎに注意する必要があるでしょう。

大量摂取をすることで、急性カフェイン中毒になる危険性も!

急性カフェイン中毒は、カフェインを「短時間で大量に」摂取したことによって引き起こされる症状です。軽度の場合は、不眠・心拍数増加・頻尿・吐き気などで「少し体調がいつもと違うな~」と思う程度かもしれません。しかし、重度になると、頭痛・痙攣・動悸・歩行困難などの重篤な症状が現れることが多いのです。

具体的数値で言うと、1時間~3時間の短時間に1日の安全摂取量(400mg)程度を摂取してしまうと、発症リスクが高くなります。普通に生活していれば考えられない摂取量ですが、それに近い状況である場合には注意した方が良いでしょう。

カフェイン中毒で引き起こされる症状は?

カフェイン中毒で引き起こされる症状について、前項などで列挙して説明してきましたが、代表的な症状について、ここで詳しく説明していきます。

<img src="3.jpg" alt="コーヒーを愛しすぎてしまった男">

引用:https://foryourimages.com

そわそわして落ちつかない

カフェインには自律神経を刺激して、中枢興奮作用があるために、心や体が興奮してしまいます。特に体調が悪い時などに、動悸を感じたり、そわそわむずむずしたりといった症状を訴える方が多いのです。そのため自律神経が安定しない方は特に、摂取を控えた方が良いとされています。重症になると、ドラッグ中毒に似た症状が出ることもあり、心の病気を発症するリスクも高いのです。

夜、安眠することができない

夜、寝る前にコーヒーを飲んでしまうと、覚醒作用があるために安眠できない傾向があります。不眠の方の多くが寝る前にカフェインを摂取していることが多いのですが、コーヒーだけでなくコーラ・お茶などのカフェインを含む全ての飲料を考えてみてください。

こちらにも個人差がありますが、寝つきが悪く、眠れるとしても深い眠りが減ってしまって、目を覚ますことが増えてしまいます。カフェインの効果は、3~8時間とこちらにも差がありますが、思ったよりも長く持続しますよね。念のため、寝る前8時間はカフェインの摂取を控えた方が、より良質な眠りを得ることができるでしょう。

胃の調子が悪くなる

カフェインを飲むと胃がムカムカするという方もいますよね。これは、カフェインの作用に胃酸の分泌を促す効果があるためです。胃酸は強い酸性なので、盛んに分泌されることで胃の粘膜が荒れてしまい、炎症を起こしてしまうことがあります。
胃が炎症を起こした状態だと、消化がスムーズに進まずに胃もたれの原因にもなります。カフェインを摂るならば食べ物を胃の中に取り入れた食後の方が、胃液の分泌により消化が促進されるため安全です。胃の不快感が見られる場合は、カフェインの影響も視野に入れて考えてみましょう。

カフェイン中毒の治療方法

<img src="4.jpg" alt="溢れ出るコーヒー豆">

引用:https://foryourimages.com

カフェイン中毒・カフェイン依存を断ち切る場合には、対症療法が一般的です。カフェイン中毒は薬を飲むことで解決できるわけではありません。そのため、実際に起きている症状に合わせて、それを軽減させる治療を行なっていきます。
根本的な解決策にはならないのですが、あくまでもその時の症状を和らげる手段です。病院などで、患者さんの痛みを減らしたり、抵抗力を高めたりする治療がこれに当たります。

体内からカフェインが抜けていくことで、一般的にカフェイン中毒の症状は落ち着きます。カフェイン自体に利尿作用があり、体外に排泄されていくため、短時間の大量摂取でなければ中毒症状は起こしにくいとされています。しかし、誰でも起こる可能性があることを忘れてはいけません。

「デカフェ」を選ぶという選択肢もあり。

カフェインへの依存を予防するために、「デカフェ」を選択する方が増えています。「デカフェ」とは、カフェインを含む飲料からカフェインを取り除いた商品のことです。元々は欧米で積極的に導入されていた方法ですが、近年は日本でも注目されているのです。

カフェインが入っていないので寝る前でも楽しめる!

カフェインに伴うそわそわ・不眠などを引き起こすことなく飲めるため、寝る前に味わいを楽しみたい方におすすめです。味わいや風味は全く同じではありませんが、好きな飲料に近い味わいを楽しめるため、リラックス効果にも繋がるのです。

カフェインへの依存、中毒を避けられる。

デカフェ商品にはカフェインが含まれていないため、薬物依存ならぬカフェイン依存になるのを防ぐことができます。しかし、カフェイン以外の成分についても、あまり過剰に摂り過ぎた場合は決して良いとは言えません。1日3回コーヒーを飲んでいるならば、3回中1回をデカフェにする、今までカフェイン飲料を飲んでいた量をデカフェ飲料に変えるなど、工夫する程度に考えると良いですね。

カフェインには中毒性があることを理解し、大量摂取は避けよう!

<img src="5.jpg" alt="コーヒーで幸せの女性">

引用:https://foryourimages.com

カフェイン中毒の症状や危険性について、理解が深まりましたか?カフェインが持つ覚醒作用は、心や体を目覚めさせてしまうため、摂り過ぎると体に悪影響が及ぶことが分かりました。
仕事中に集中力を増すために、眼を覚まさせるために、ついつい習慣で飲んでしまうカフェイン飲料ですが、気になる症状がある方は摂取量を調整する必要があります。カフェイン量を少しずつ減らしたり、デカフェ飲料を取り入れたりしてみると良いでしょう。

適度な摂取でカフェインの良い面を生かせるよう、短時間に大量に摂取することは避けて生活していくことをおすすめします。また、この記事を読むことで「カフェイン中毒」が誰でも起こる症状であることを認識して、症状を引き起こさぬよう予防を喚起するきっかけとなれば幸いです。