からだがかゆくなってきた!かいてはダメ!?からだのかゆみの原因と対処方法!

季節の変わり目になると、からだがかゆくなることがあります。
からだがかゆくなると、掻かずにはいられなくなりますよね。ガリガリと掻いている時は気持ち良いかもしれませんが、後になると、皮膚が傷ついてしまうこともあります。
そうなると、見た目にも良くないですし、またかゆみが止まらなくなってしまいます。

からだのかゆみは何が原因で起こっているのでしょうか?かゆみを抑える対策をご紹介します。

<img src="itch.jpg" alt="背中を掻いている女性">

引用https://www.shutterstock.com

かゆみはどのようなしくみで起こるの?

かゆみが起きる原因は、実はあまり分かっていない部分があるのです。
その中で、原因物質と言われているのがヒスタミンです。皮膚がなんらかの刺激を受け取ると、皮膚にある免疫細胞がヒスタミンを分泌します。
ヒスタミンは痛みやかゆみを司る知覚神経に作用することで、かゆみが起こるようになります。

かゆい時にはかいてはいけないの?

かゆみがあると、皮膚の上をかいてしまいがちです。でも、それがかゆみの悪循環を起こしてしまうのです。
かいてしまうことで、皮膚が傷つき悪化してしまいます。その刺激によってさらにヒスタミンが分泌されてしまい、かゆみが増えていってしまうのです。

どうしてもかゆい時には、冷たいタオルや保冷剤などで冷やすと楽になります。寝ている間にどうしてもかいてしまいそうな時には、手袋をはめて寝るなどの工夫をすると良いでしょう。

<img src="towel.jpg" alt="タオル">

引用https://www.shutterstock.com

からだがかゆくなる原因って何?

からだがかゆくなる原因は一つではありません。大きく分けると、外的要因、内的要因の2つ。
それぞれの中にもさらに原因が見つけられます。自分のかゆみがどこからくるものなのかを知りましょう。

からだがかゆくなる原因その1 外的要因

私達の身体は毎日、外からの刺激を受けています。どのようなことがかゆみにつながるのでしょうか。

乾燥

私達の肌表面には、外的刺激(細菌、ウイルス、紫外線、ほこりなど)からからだを守り、水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」が備わっています。
しかし、この肌のバリア機能が低下すると、水分を保持できなくなり乾燥しやすくなります。そして、少しの刺激にも敏感になり、ヒスタミンが分泌されやすくなります。
そうなるとかゆみが生じ、皮膚疾患にもつながっていきます。外気が乾燥しやすくなる冬場は特に注意が必要です。

虫刺され

夏に蚊にさされてかゆくなる人は多いはず。しかし、その他にも様々な虫によってかゆみは引き起こされるのです。
ノミ、ダニ、ブユ、ハチ、クモ、アリ、シラミ、毛虫などたくさんの種類がいます。外だけでなく、家の中でも潜んでいるので注意が必要です。

紫外線

紫外線を浴びると、肌が黒くなるだけでなく、軽く炎症を起こしているような状態になります。
これは、肌のバリア機能を低下させてしまうことになります。そうなると、肌が乾燥しやすくなりかゆみが出てしまいます。

からだがかゆくなる原因その2 内的要因

肝機能低下

肝炎や肝硬変などの肝臓の病気で肝機能が低下した人は、肌には目立つような症状は見られなくても、強いかゆみが生じる場合があります。
全身がかゆくなり、かゆみ止めの薬も効きにくく、睡眠障害になる場合もあります。なかなか治らないかゆみで悩んでいる人は、肝臓に病気があるかもしれません。
医療機関を受診して相談するようにしましょう。

腎不全

腎臓はからだの老廃物や水分を排出する器官です。腎不全になり腎臓の機能が低下すると、血液中に老廃物が蓄積され、リン、カルシウム、副甲状腺ホルモンが多くなります。
それらが、血中のヒスタミンを増やすことになり、かゆみにつながるのです。

また、腎不全の方は透析を受けることによって、皮膚の水分量が減少し、乾燥しやすくなることもかゆみの原因となります。

栄養不足

無理なダイエットや偏った食生活をしていると、からだが栄養不足になります。特にからだや皮膚を作る、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足していると、肌が正常に作られずに、乾燥しやすくなり、かゆみが出やすくなります。

アレルギー反応

アレルギー反応は、からだが自分を守るため備えている「免疫機能」の過剰反応。いろいろなものにアレルギーの原因があります。
アレルギーの症状は、くしゃみや鼻水、頭痛、目のかゆみなど様々です。からだのかゆみも、アレルギー反応の代表的な症状です。

からだのかゆみにつながる、アレルギーの原因は次のようなものです。

  1. 食品
  2. 金属
  3. 化学物質
  4. 細菌・雑菌・ハウスダスト
  5. 植物
  6. 動物

ストレス

ストレスが溜まると自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまいます。そうなると、ヒスタミンが過剰に分泌されることになり、かゆみが増大してしまうのです。

そのかゆみは病気かも?皮膚疾患からくるかゆみ

かゆみの原因は様々。皮膚疾患に伴ってかゆみが出る場合もあります。それぞれ、似たようなかゆみの症状でも全く違う皮膚疾患ということも。

それぞれで対処の仕方も変わってくるので、なかなか改善が見られない場合は医療機関に相談に行くのが良いでしょう。

かゆみがある皮膚疾患その1 じんましん

じんましんは、赤みのある紅斑(こうはん)や盛り上がっているような膨疹(ぼうしん)
がたくさんできます。

アレルギー反応やストレスによって起こりやすくなります。

かゆみがある皮膚疾患その2 湿疹、皮膚炎

湿疹や皮膚炎にも様々な種類があります。

  1. アトピー性皮膚炎
  2. 接触性皮膚炎
  3. 脂漏性皮膚炎
  4. 皮脂欠乏性皮膚炎
  5. 痒疹

それぞれの疾患で原因や症状が違うので、それぞれに合った原因を知って治療する必要があります。

かゆみがある皮膚疾患その3 乾癬

乾癬はわずかに盛り上がった円形、楕円形の紅斑がからだ中にできます。発疹は頭からできることが多く、ひじやひざなど皮膚がこすれやすい部分に広がりやすくなります。

原因が分からない部分もありますが、肥満や糖尿病、高脂血症の人に多く見られます。免疫機能の低下や内臓の障害も原因ではないかとも言われています。

<img src="itch.jpg" alt="腕を掻いている女性">

引用https://www.shutterstock.com

からだのかゆみがある時はどうするのが良いの?

かゆみが出てしまった時には、かいてはいけません。では、かゆみに対してどのような対処をすればよいのでしょうか?

かゆみの対処方法を見てみましょう。

かゆみの対処方法その1 病院へ行く

病院に行くことで、原因や症状を正しく判断してもらうことができます。そうすることで、薬による治療をしやすくなります。

皮膚の炎症を抑えたり、乾燥を防いで保湿したりするような「外用薬」やヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬のような「内服薬」などが処方されます。

かゆみが治まったとしても、一時的なものかもしれません。自己判断をせずに支持された通りに正しく使用するようにしましょう。

かゆみの対処方法その2 スキンケア

かゆみを抑えるためには、自分で行うことができるスキンケアが大切になります。

  1. クリームやオイルで保湿をする
  2. からだをごしごしと洗いすぎない
  3. 日焼け止めをぬって紫外線を防ぐ
  4. 汗をこまめにふいて肌を清潔にたもつ
  5. 部屋に加湿器を置いて乾燥しにくくする

肌のバリア機能が低下して、乾燥することによってかゆみが出てきてしまいます。

肌を保湿する、肌にダメージを与えないように優しく扱うようにするなど、自分でのスキンケアが大切です。

かゆみの対処方法その3 食生活の改善

食物アレルギーによって、からだがかゆくなっているのであれば、アレルゲンとなる食品を避けた食生活をするようにしましょう。

アレルゲンが特定できていない場合は、病院でアレルギー検査をしてみるのも良いでしょう。

自己判断で食品を制限していると、偏った食生活になって栄養不足になってしまい、それがかゆみを引き起こすことにもなりかねません。

健康な皮膚を維持するためには、タンパク質やビタミン、ミネラルを十分に摂取して、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

かゆみの対処方法その4 生活習慣見直し

ストレスが溜まることも、かゆみの原因になります。よってストレスを溜めこまないようにする必要があります。

睡眠をしっかりとる、適度な運動をする、趣味などのリフレッシュする時間を取るなど生活習慣を見直してみましょう。

<img src="moisturizing.jpg" alt="保湿ミルクを持っている手">

引用https://www.shutterstock.com

からだのかゆみを減らして快適に過ごそう

からだのかゆみの原因は、いろいろな刺激によって「ヒスタミン」が分泌されることにあります。

その刺激は、外からの「外的要因」と内側の問題である「内的要因」とに分けられます。それぞれで、かゆみの症状も対処方法も異なってきます。

からだがかゆい時には、かいてはいけません。肌に傷がつくことで、さらにかゆくなるような悪循環になってしまうのです。応急処置としては冷やすようにしましょう。

次に自分のかゆみはどこからきているのかを見つけてみて下さい。自分で分からなければ、病院を受診することも良いでしょう。

からだがかゆいのは、我慢しているのもつらいと思います。かゆみを減らして快適に過ごせるようにしましょう。