鍼灸で肩こり解消効果も?鍼灸治療によって得られる効果とは

鍼灸で肩こり解消効果

現代社会では仕事や日常生活で偏った姿勢などをとっていると、気付かないところで身体に歪みが生じてしまいがちです。
普段生活していて身体の歪みを感じたことはありませんか。今やほとんどの方がどこかしらに歪みがあると言われています。その歪みは、体のあらゆる部分に不調をもたらします。

私は2年前に親知らずを片方抜きました。その後歪みの度合いを酷くなり、顔の変形や、肩こりにまで影響してきました。
そこで思い立って鍼灸の先生に診てもらってきました。

部分的に悩みがある場合こそ、全体のバランスを整える

鍼というと痛いイメージもあり、一度行ったらやめられなくなってしまいそうなので、少し抵抗があったようですが、思い切って受けに行ってみました。

先生に聞いたところ、「鍼は痛くありません。鍼とマッサージやエステなどの決定的な違いは、どこに働きかけるかです。マッサージやエステは体の表面に対してのケアですが、鍼は体の深層部にまでケアをすることができます。その為、体が鍼の刺激に反応し、自分の力で回復することができます。
また、体内のエネルギー、つまり気の流れを整えることが、自律神経のバランス調整に繋がります。不調な点があった場合、根本的に改善させることができる鍼がおすすめです」とのことでした。

私の悩みは肩と顔周りにあるのですが、その辺りのケアをする場合は美容鍼の方が良いのかと尋ねてみると、「そんなことはありません。不調が出た部分に関係なく、まずは全体のバランスを整えます。
基本的に、不調な点があったとしても、原因はそこにあるとは限りません。
顔周辺は、内臓疲れによるくすみ、顎関節症によるたるみなど原因は色々考えられます。私達はカウンセリングの後に体を診て、どこに原因があるかを考えていきます。」と答えて頂きました。

施術は痛くなく、短時間で効果抜群

施術の流れは、簡単なカウンセリング後に体を診てもらいます。
先生は最初におなかに手を当て、腸が硬くなってますねと言いました。
私の不調は、現在は肩や顔に出ているが、元々の原因は腸の働きが悪くなっていることだと先生はおっしゃっていました。

「腸の働きが悪くなると、免疫力が低下してしまいます。また、あなたの場合は生活習慣の乱れにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっています。
この状態になってしまっている影響で、疲れが取れにくくなっていると考えられます。」

私は歯の治療の影響で肩こりになっていると思っていましたが、実際は腸の機能が低下していたからだったのですね。

しかし、実際に歯の治療後に肩が凝り始めたのは事実ですが、考えてみると腸はストレスを敏感に感じる臓器。歯の治療によるストレスで腸の働きが悪くなってしまったと考えられます。
このことを知らなかったら、そのまま肩と顔だけをケアし続けていたかもしれません。

マッサージの後は、いよいよ鍼治療です。
鍼はおなかに「ちくっとした刺激」を感じました。その後、鍼が抜かれてマッサージされたときにまた、「ちくっとした刺激」を感じました。
鍼は全身万遍なく行ってもらいました。
全体の時間は40分程で、鍼よりもマッサージの時間の方が長いという印象でした。また、痛い部分だけをケアしないということが印象的でした。

「右側が痛いからと言って、そこだけをケアしていたら、今度は反発的に左側に何かしらのトラブルが起こる可能性があります。
また、大抵は痛みのある部分が原因ではありません。東洋医学において、内臓の反射路を整えるといった意味でも、全体のバランスを診て治療を進めていきます。」

とても驚かされました。痛い箇所だけをケアしないということが大切なのですね。
初めての鍼治療を終えて、まったく痛みを感じることなく、不調を改善できたと思いました。

翌日には完全に肩のハリがとれて久しぶりの感覚でした。私の不調点はあまりよくなかったようで、
「週一で通った方が良い」と先生に言われました。予約はかなり埋まっていてなかなかとれないようですが、他にもたくさんの鍼灸師の方がいて、腕は確かなので、別の先生にも治療をしてもらいたいと思いました。