鍼灸師の資格とそのメリットとは

鍼灸師とは何ができる資格か

鍼灸師とは、鍼(はり)と灸(きゅう)を使用し、治療点を刺激し、痛みの改善や疲労回復に繋げる仕事です。
鍼灸師の資格は実際には、はり師・きゅう師の2つに分かれています。一般的に、どちらも取得する方が多い為、鍼灸師という名前が広く知れ渡っています。

はり師・きゅう師の資格を取得するにはどうすれば良いか

はり師・きゅう師の資格を取得するには、まず受験資格を得ることが必要になります。その上で、国家資格に合格すれば、無事資格取得ということになります。
資格に取得に関して、以下の条件を満たすことが必要とされています。
・大学に入学する資格(高卒・もしくは高等学校卒業程度認定試験合格)であること
・厚生労働大臣が認定した学校、養成施設を修了して受験資格を得ること
(当校のような専門学校に通い単位を取得すること)
・国家試験に合格すること

国家試験はどのような内容か

国家試験は、以下のような専門的な内容になります。
医療概論 衛生学・公衆衛生学 解剖学 生理学 病理学 臨床医学総論 臨床医学各論 関係法規
リハビリテーション医学 東洋医学概論 東洋医学臨床論 経絡経穴概論 はり理論 きゅう理論

国家資格を取得した場合、どのような職業につけるか

一般的には、鍼灸院が就職先となります。また、それ以外にも多くの就職先があります。
鍼灸師という国家資格を持つことになるので、鍼灸院で行う業務の他に、スポーツトレーナー、介護福祉施設、一般企業の専門性の高い部署など、
様々な場所で活躍することが期待できます。また、この資格は就職活動をしている上でも大いに役に立ちます。

鍼灸師の資格を持つことで得られる強みとは何か

高齢化が進んでいる現代において、今後さらに需要が高まっていくと考えられます。
手術や投薬治療に体力的、精神的に耐えられなくなってくる高齢者は少なくありません。
そうなると、自然と鍼灸の需要が増えてきます。今後、鍼灸師は活躍できる場がたくさんあるということです。
また、鍼灸師は自分の判断でどの施術を行うか決めることができます。これも1つの強みです。
なぜかというと、法により、理学療法士、作業療法士などは、医師の指示通りに施術を行わないといけないからです。
その点、鍼灸師は医師の指示ではなく、自分の判断で動けるというのが強みになります。
鍼灸師は保険治療も行うことができます。整体師やカイロプラクターなどは、国家資格ではなく、民間の資格の為医療行為としては認識されません。その為、保険治療も行うことができません。鍼灸院では、医師の診断書があれば保険を適用して治療を行うことができます。
一番の強みといっていいかもしれませんが、鍼灸師は独立開業をすることができます。自分の好きな場所に好きなように開業をすることができるのが鍼灸師の強みです。

鍼灸師の資格だけでなく、柔道整復師の資格を取得するメリットはあるか

はり師、きゅう師だけでなく、柔道整復師の資格もかなり役に立ちます。これらの3つの資格はそれぞれ共通している内容があり、全て取得した場合、今後の活動の幅が広がるのは間違いありません。
また、これらの資格を同時に取得することが可能です。しかし、柔道整復師の養成過程を終了している必要があります。
当校では、柔道整復学科を併設している為、鍼灸学科と柔道整復学科に同時に入学し、同時に卒業、同時に資格を取得することが可能になります。
また、これでは負担がかかるという方は、時間を調整し、受講期間を1年ずらし、試験を受ける年も1年ずらすという方法も可能です。
鍼灸学科・柔道整復学科を同時に受講する場合は、授業料が大幅に減免されるので、あとあと柔道整復師の資格がほしくなりそうな方は同時に受講した方がお得と言えます。