鍼灸治療の治療法と東洋医学の考え方

鍼灸治療はツボを鍼や灸で刺激することで改善を促すという、古来から伝わる独特の治療法です。
誰もが耳にしたことはある有名な治療法ですが、実際に受けたことがある人や詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。
ここでは鍼灸治療を考え方などの基本から説明していきます。

鍼について

鍼治療というと、痛い、怖いというイメージを持っている方がいるかもしれません。それは鍼治療を受けたことのない方のイメージで、実際に受けてみると
基本的には痛みはありません。ケガの状況によって、痛みを出すような治療法もありますが、初めて受ける方にはそのようなことはほとんどありません。
鍼治療はアスリーツにも広く知れ渡っていて、ケガの回復や、筋肉のコンディショニングの為に効果的に行われています。

鍼治療でよく使われる手法は3種類あります。刺したあとにすぐ抜く「単差し」、刺してから10~15分程度置いておく、「置鍼」、鍼を刺したあとに
低周波の電流を流し、筋肉の血液循環を良くする「パルス鍼」です。これらの手法は、それぞれ患者の症状によって使い分けられます。また、同じ患者でも
症状の改善に伴い、手法を変えていくことがあります。

鍼の効果は、血行の促進や「気」のバランスを整えることです。体内のエネルギーの流れと言われている「気」は、体のバランスに影響しています。
鍼治療は、鍼を体に刺して行うので、その刺激の強さを調整することが大切になります。稀に1回の治療で症状が改善する方もいますが、基本的には何回か治療を重ねて
症状を和らげていくこととなります。一番重要なのは、体に負担をかけず治療の効果を出していくことです。
1回の治療で効果が出ると思っている方は、すぐに効果が出なかった場合、「自分には合わない」「鍼は効かない」と思ってしまいます。
基本的には継続して治療をしていくことで症状の改善が期待できるので、すぐに諦めてしまわないことをおすすめします。

灸について

灸(きゅう)治療も、あまり馴染みがないかもしれません。灸治療は、痛みの改善にとても効果的です。灸の種類もたくさんありますが、
「温灸」という灸が一般的に使用されます。温灸は、皮膚に直接艾(もぐさ)を乗せない為、間接的に熱を体に伝えます。火を使っている為、多少の熱さは感じますが、
ヤケドをするようなことは絶対にないので、安心して灸治療を受けることができます。

鍼灸は、痛みの改善に特化した治療法です。体に痛みがあった場合に鍼灸治療は効果的なのですが、痛みの種類も様々です。骨が折れていたり、筋肉の繊維が切れていたり、
内臓の疾患を持っていたり、それらが原因で二次的に痛みが出ているケースがあります。鍼や灸は、一時的な痛みの改善にはとても効果的です。しかし、根本的な原因の改善には
向いていません。根本的な痛みの原因を改善せずに、鍼や灸でごまかしながら競技を続けてしまう選手もいます。これは鍼灸治療の間違った活用法です。
クレーマージャパンスポーツ医科学センターでは、このような間違った活用をしないように、鍼灸治療を行う場合も痛い部分だけでなく、全身を診ながらその選手に
どの治療法が一番合っているかを考えて進めていきます。オステオパシーやマッサージなどの鍼灸以外の治療法も必要に応じて行います。
治療後には、競技復帰に必要なリハビリテーショントレーニングや復帰後のトレーニングプログラムも充実しています。

東洋医学の考え方について

鍼灸は、東洋医学が基礎になってできたと考えられています。その為、西洋医学とは違う観点で体を診ています。東洋医学では、人間の体は本来バランスがとれていて
健康な状態を保っていると考えます。そのバランスが崩れたときに、体に様々な変化が現れ病気に繋がると考えられています。そのバランスを示す概念について、
2つご説明します。

・陰と陽
この世の万物は、互いに対極にある2つの概念で支えられています。男と女、光と陰、プラスとマイナス、裏と表などです。この概念は人間の体にも当てはまると考えられています。
この対極にある2つのバランスが崩れたときに病気が起こります。
体の健康に関わる2つのバランスは「陰陽」と言われています。陰はマイナス、陽はプラスに傾く現象とお考え下さい。この陰陽の間を
行ったり来たりしているのが「気」です。東洋医学では、「陰の気は下に向かい、極まれば上に昇る。陽の気は上に向かい、極まれば下に降りる」と言われています。

不眠症を例に考えると、私たちは、昼間は「陽」の気が盛んで、夜は「陰」の気が盛んになっています。このバランスが何らかの影響で崩れてしまい、
夜になっても「陽」の気が盛んな状態が不眠症です。

・虚と実
東洋医学では、こうした陰陽のプラス・マイナスの状況を表すのに「虚・実」という概念で考えます。
「虚」はマイナス、または低下している状態を表わし、「実」はプラス、または向上していることを表わします。普通に考えると
「実」が良く「虚」が良くないと思ってしまいますが、実際にはそうでなく、両者のバランスがとれているということが一番大切になります。
例えば、頭痛の影響で肩がこっている場合は、上半身の「実」、腹痛で冷え性があるのは下半身の「虚」です。このような方がいたら、
施術者は、上半身の「実」を上げ、下半身の「虚」を上げるようにコントロールしていきます。

東洋医学では、陰陽のバランスを虚・実で判断し、健康な状態にしていくことが基本になります。また、ツボの概念もポイントとなります。
ツボにはそれぞれ、どの部分を虚にする、または実にするといった特性があります。そのツボに鍼、灸で刺激を与えて体に変化を及ぼしていきます。

・五行
この世のすべての物質を、それぞれの性質によって5つに分類したものを五行と言います。また、これらが互いに及ぼす影響の関係をまとめたものです。
東洋医学では、万物は性質ごとに木、火、土、金、水に分類されると考えます。これらは、互いに補う関係にあります。
木は火を起こし、火は灰から土になり、土は固まって金(ゴールドに限らず鉱物全般という概念)となり、金には水が寄ります。
その水で木が育つ、という考え方です。このように物質が補い合う関係性を「相生」と言います。
一方でこのような関係性もあります。木は道具となって土を耕し、土は水をせき止め、水は火を消し、火は金を溶かし、金は道具となって木を切るという考え方です。
このような反発しあう関係性を「相克」と言います。
五行には、互いに補う関係性(相生)と反発しあう関係性(相克)があると考えられています。

この五行の考え方は、人間の体にも当てはまります。木は「肝」、火は「心」、土は「脾」、金は「肺」、水は「腎」と考えられています。。
ここでの肝は肝臓に、腎は腎臓に関わっていますが、東洋医学と西洋医学では臓器の考え方が少し異なります。
この、東洋医学と西洋医学の違いについて説明すると、また別の話に発展してしまうので、
ここでは人間の体の各部位が五行に当てはまっているということを把握しておきましょう。

例えば火に当てはまる「心」が強くなると(実すると)、その影響は金に当てはまる「肺」に出ます。その為、「肺」の調子が悪いからといって、肺だけを見るのではなく、
関係している「心」の状態も見ておきます。また、「心」の虚と実のバランスを整えるように施術をするとともに、「心」に影響を与えている、木に当てはまる「肝」の
バランスも整えていきます。このように、悪い部分があるからといってそこだけを見て治療するのではなく、体全体のバランスを見て、根本的に病気やケガを改善していくのが
東洋医学の考え方であり、治療法なのです。