鍼灸ではどのような施術が行われているの?

鍼灸ではどのような施術が行われている

リラクゼーションと言えば、マッサージが非常にポピュラーで、現在では実に様々なマッサージの種類を目にすることができます。

このマッサージに関する資格として、あん摩マッサージ指圧師と呼ばれるものがありますが、これと同様のジャンルとも言えるもう二つの資格があることをご存知でしょうか。

それは、はり師ときゅう師のことで、これにあん摩マッサージ指圧師を加えた三つの資格を持つものを、三療師とも呼んだりもします。

最近では美容鍼など行っているところも増えてきているものの、マッサージと比較すると多くはありませんので、はり師やきゅう師についてあまりどんなものかよくわからないという方も多いかと思います。

鍼灸院の施術内容とは?

はり師ときゅう師はそれぞれに独立し区別されはいるものの、実際に施術を行っている施設においては兼業していることも多くあります。

いわゆる鍼灸院と呼ばれるところですが、それ以外でもクリニックといった医療機関にて鍼や灸の技術を取り入れている場合も最近では目にすることができます。
では実際にどのような施術が行われているのかについてを見てみましょう。

鍼の特徴

まず鍼についてとなりますが、冒頭でも述べたように美容鍼など、女性の美容を向上させる目的を持つという鍼も最近では増えてきています。

一般的な裁縫などで使用されている針とは違い、非常に細くて長いステンレス製の鍼が治療に用いられます。
この鍼をいわゆるツボと呼ばれる部分へと刺し込むのですが、その際に金属もしくは合成樹脂でできた円形の器具が使用されることがあります。

これは管鍼法と呼ばれる手法で、この管鍼法によって鍼を刺し込んだ際の痛みを緩和することができます。
施療院によってはこの管鍼法を用いない場合もあり、管鍼法以外では刺鍼法と呼ばれる主に中国にて普及していた技術が使用されることが多いようです。

次ページ実際の施術内容とは?