自律神経失調症の原因と体への影響を正しく知る

自律神経失調症の原因と鍼灸治療の効果

自律神経の仕組み

自律神経というと誰しもよく耳にする言葉かと思いますが、厳密にいうとどのような神経のことなのか知っている人は少ないのではないでょうか。まず、神経というのは2つに大別されます。体性神経自律神経です。

体性神経は、体の各部位を意識をして動かすための神経です。自律神経は、循環器や消化器を動かしたり、体温調整をしたりなど、自分の意識とは関係なしに働いている神経です。
その為、普段生活している中で自然としている、呼吸、循環、消化、排泄、発汗、体温調整、睡眠などのコントロールに関わっています。

もう少し細かく見ていくと、自律神経は2つに大別されます。
交感神経副交感神経です。

交換神経、副交感神経の特徴と感情による変化

副交感神経が優位に働くと、血流が良くなります。また、睡眠や休憩しているときなど、リラックスをしているときに働く神経です。時間帯としては、夜に優位に働きます。

交感神経が優位に働くと血流が穏やかになります。仕事やスポーツの時など何かに集中しているときに働く神経です。時間帯としては、昼に優位に働きます。

また、感情の変化にも自律神経は影響します。緊張、驚きなど、気持ちが興奮状態になると交感神経が優位に働きます。この時、心臓の鼓動のはっきりと感じることができます。この緊張から解放されたときには、徐々に副交感神経が優位になります。この時、気持ちが落ち着いてきて、心臓の鼓動は特に感じられません。

以上のように、自律神経は、副交感神経と交感神経がお互いにバランスを取り合いながら、24時間365日活動しています。

自律神経失調症の原因とは?

自律神経失調症とは、簡単に言うと自律神経のバランスが崩れていることを言います。
交感神経と副交感神経は、相反する関係にあります。その為、この2つのバランスがとれていることがとても重要です。

自律神経は、その人の生活環境や、感情に影響を受けると言われています。

何が影響しているのか?

先程の内容にもありましたが、交感神経は昼、副交感神経は夜に優位に働くようにできています。
その為、不規則な生活や、体に負担のかかる無理な労働、悩みや心配事などの精神的な不安から、自律神経のバランスが崩れ、ほてり、冷え、頭痛、めまい、不眠症など様々な症状となって現れてしまう場合があります。

自律神経はホルモンバランスにも影響があります。自律神経のバランスが崩れてしまうと、女性では月経不順(生理不順)になる可能性があります。また、女性で更年期に差し掛かった方は、自律神経失調症にかかりやすいようです。

自律神経はどこでコントロールされている?

自律神経は、脳の視床下部という所でバランス調整されています。しかしここには、自律神経の調節中枢だけでなく、女性ホルモンの分泌に関わる分泌中枢や、怒り・不安などに関わる情動中枢もあります。

これら視床下部にある3つの中枢は、密接に関係しています。
その為、自律神経のバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンの分泌にまで影響を与えてしまいます。
女性ホルモンのバランスが崩れると、月経不順に繋がってしまう可能性もあります。

また、更年期になると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。その影響により、自律神経のバランスが崩れてしまうということも考えられます。
更年期障害では、夜になっても副交感神経が上手く働かず、交感神経が優位の状態が続いてしまう為、不眠やイライラに繋がってしまいます。

自律神経のバランスが崩れるとどのような症状がでるのか

自律神経のバランスが崩れると、体の様々な部分に症状が出る可能性があります。
頭、耳、目、皮ふ、消化器、循環器、生殖器、精神面など、自律神経はこれだけ多くの器官を司っています。
その為、自律神経失調症で現れる症状も様々です。疲労感、不眠、食欲不振、手足のむくみ、冷え、肌荒れ、肩のこり、腰の痛み、頭痛、月経不順、月経痛、イライラ、のぼせ、めまいなど。
これらの症状が複数重なって現れる場合もあります。