鍼灸治療を活用して疾患を改善

鍼灸治療は広く知られている治療法の一つですが、実際具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

鍼灸治療のさまざまな効果

鍼灸治療の効果でまず挙げられるのは、自然治癒力の向上です。
自然治癒力とは、まさに自然と治癒させる力のことで、病気や体の弱っている部分があると、その部分を本来の健康な状態に保とうとして
自然と治そうとする機能のことです。
鍼灸治療を行うことで、この自然治癒力を向上させ、血液循環、内臓、免疫などその人が持っている本来の健康な状態に保つようにしていきます。

また、鍼灸治療の効果として挙げられるのが、鎮痛作用です。鎮痛作用とは、痛みを抑える働きのことです。
なぜ鎮痛作用があるかというと、鍼灸をすることで、痛みを制御させるホルモンが脳内で作られます。そのことにより、
脳へ痛みを伝える神経経路がブロックされ、痛みが抑えられます。また、患部の血流を適度に保つように調整します。
結果的に白血球を増加させ、痛み、疲労、炎症などの原因となる物質を、老廃物として処理する作用に繋がります。
鍼灸治療は、自然治癒力の向上、鎮痛作用などの効果がある為、継続して施術を受けることで体質変化が望め、自律神経系やアレルギー体質の改善に繋がります。

鍼灸治療が適している疾患

鍼灸治療というと、肩こり、腰痛などに効果的というイメージで、逆にそれ以外に何に効果があるかと聞かれると答えられる方はなかなかいません。
実際には様々な疾患に効果があります。WHO(世界保健機関)で、鍼灸療法に対する効果を認めた病気は以下が挙げられます。

呼吸器系 喘息・風邪および予防・気管支炎
循環器系 動悸・息切れ・心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症
神経系     頭痛・めまい・不眠・神経症・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系 五十肩・腱鞘炎・腰痛・関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
代謝内分秘系 痛風・脚気・貧血・バセドウ氏病・糖尿病
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・痔疾・胃十二指腸潰瘍
生殖、泌尿器系 尿道炎・膀胱炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道
眼科系     眼精疲労・仮性近視・疲れ目・かすみ目・ものもらい・結膜炎
耳鼻咽喉科系 耳鳴・難聴・中耳炎・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
小児科系 小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善・小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)

そもそも鍼と灸とはどのような物か

鍼と灸と聞くと、受けたことをない方は痛そう、怖いというイメージを持つ方が多いようです。しかし、鍼や灸を実際に受けている方の中では、
痛いや怖いという思いで受けている方はほとんどいません。それは、鍼灸治療の効果を理解し、安心して受けているからです。

まず、鍼は太さ0.16~0.18mmのものを使用しています。人の髪の毛で考えると、だいたい0.1mmですので、鍼は髪の毛より少し太いくらいということになります。
そう考えると、鍼は細いとイメージできるかと思います。材質はステンレス製で使い捨ての為、衛生面も安心です。

灸はもぐさを燃やして使用しています。もぐさの原料はヨモギです。ヨモギは昔薬草として使用されてきました。また、点火しやすく消えやすい
というのが特徴で、灸で使用するのに温度が適温というのも良い点です。
もぐさは急激な温度上昇はせず、少しずつ上がっていくので、熱いと感じることはほとんどありません。治療方法としては、直接ではなく、
もぐさを筒に入れて、棒で押し出して皮膚に貼るという間接灸を使用しています。急激な温度変化がないので、体の内側から温め
心地良いと感じられると思います。