鍼灸治療の副作用と好転反応

鍼灸治療の副作用とは

薬を服用したり治療を受けたりするときに、どうしても気になってくるのが副作用の問題です。
東洋医学は、現代医学に比べると、副作用が少ないというイメージがありますが、ほんの少しだけ副作用は起こると言われています。

東洋医学の好転反応「瞑眩(めんげん)」

瞑眩とは、東洋医学の考え方で、治療後に起こる一時的な症状の悪化や倦怠感のことを言います。この症状は、副作用とは違う好転反応として捉えています。

鍼灸治療は体内のバランスを整え、自然治癒力を向上させる効果があります。身体は状態を良くしようとしているときに副交感神経が優位になるという反応があります。このときに心地良い身体のだるさを感じます。この反応があったら、身体を休めることで回復が早まると言われています。

慢性的な腰痛、肩こりがある方は注意

慢性の腰痛や肩コリがある方の場合、鍼灸治療をした後にその痛みが増すケースがあります。この反応も瞑眩で、今まで筋肉が硬くなっていて血行不良に繋がっていたと考えます。その為、痛みすら感じなかったのですが、鍼灸治療により血行不良が改善され、痛みやコリを感じるようになったのです。痛みが出たからといって、一概に悪いと考えるのは良くありません。

別の箇所が痛くなってきたけど、これは?

また、治療した箇所と別の場所が痛くなるケースもあります。これは、複数痛い箇所があった場合、すべての箇所で痛みを感じることができない為です。最も強い痛みは感じることができても、他の痛かった箇所は痛みを感じていませんでした。鍼灸治療により、強い痛みの箇所が改善されると、2番目に強い痛みを感じていた箇所に痛みを感じるようになります。これも決して悪いことではなく、治療の効果が出ている証と言えます。

鍼の代表的な副作用

鍼治療は他の治療と比較すると副作用は少ないですが、代表的な症状を以下に挙げます。

  • 鍼を刺した時の痛み
  • 鍼を抜いた後の痛みやかゆみ
  • 鍼の痕が残ってしまう
  • 出血(微量)
  • 皮下出血
  • めまいやふらつき
  • 疲労感や倦怠感
  • 吐き気
  • 眠気

しかし、以上のような副作用は発生する可能性は極めて低いです。

鍼治療を受けたときの体調によっても副作用が起こるか起こらないかが変わってきます。過度の睡眠不足や疲労状態、空腹時、飲酒後などに治療を行った場合、脳貧血や気分が悪くなることがあります。鍼治療のみに関わらず、施術を受ける場合には、体調が万全な状態で受けるようにしましょう。

また、初めて治療を受ける方の場合、過度に緊張してしまい、同じように副作用が起こることがあります。
もし、治療中に気分が悪くなってしまったときはその場ですぐに先生に伝えるように心がけましょう。

灸の副作用について

次に灸治療の副作用についてご説明します。灸治療で予想させる副作用は以下の3つです。

  • 火傷
  • 灸痕
  • 灸あたり

火傷、灸痕は、現在ではかなり少なくなってきていますが、昔の大きいタイプの灸や、皮膚に直接灸を乗せる手法の場合に起こります。

最近では灸も小さいタイプになったり、間接的に灸を乗せたりするようになったので、熱くない、痕のつかない方法が主流になってきています。それでも火傷や灸痕を心配している方は、灸の先生に相談をして、極力、副作用が起こらないように注意をして治療をしてもらうようにしましょう。

灸あたりって何?

灸あたりとは、一度に多くの箇所に灸をすえた場合に起こります。症状としては、倦怠感や熱っぽさです。運動後の筋肉痛のような感じで数日で回復するので、無理をせずゆっくりと休むようにしましょう。

他には、重度の糖尿病の方、多量にステロイド剤を摂取している方、免疫抑制剤を服用している方などは、免疫力が低下している可能性があるので、火傷や灸痕などの副作用には注意しましょう。

総まとめ

体質の問題によっても副作用は起こると言われていますが、経験豊富な先生であればあまり心配する必要はありません。
しかし、薬を服用している場合には副作用を避けることはなかなか難しいので、施術を受ける前に必ず先生に伝えるようにしましょう。

以上のように、鍼灸治療で副作用が起こることは非常に稀なケースですので、あまり重く考えず、気軽に治療を受けるようにしましょう。それでも不安がある方は、必ず鍼灸師の先生に伝えて、不安が無い状態で治療を受けるようにしましょう。