整体院、接骨院、鍼灸院のそれぞれの違いと特徴

整体院や接骨院、鍼灸院などなど日本に昔からある施術院について、いまいちそれぞれの違いや具体的な部分が見えてこないと感じてる方も少なくないのではないでしょうか。

名前から判断すれば整体院は整体を行っているところで、接骨院は骨を接ぐところ、そして鍼灸院は鍼および灸を行っているところと読むことができますが、実際にどのような施術が行われているのか、そしてその施術にはどんな効果があるのかは利用してみるまでわからない点もあります。

ではそれぞれの違いや、どのような施術が行われているのかについて見てみましょう。

整体院の特徴

まず整体院ですが、こちらは近年のリラクゼーションブームから比較的どこでも目にすることが可能となっている施術院ではないでしょうか。

整体そのものは特に免許などは存在しないために、マッサージの類似行為としての技術さえあれば誰にでも開業することが可能となっています。

実際に行われている施術についても、例えば整体に加えカイロプラクティックやオステオパシーなどが該当するもので、治療目的ではなくあくまでリラクゼーションをサービスとしている店舗となっています。

厳密にはあん摩マッサージ指圧師の資格を所持していないければ整体院を含めたマッサージをサービスとして提供する店舗を開業することはできないものの、マッサージそのものの法律上の定義があいまいだということから、現状では無資格でもあくまで類似行為であるならばその開業については違法性を問わることはありません。

接骨院の特徴

次に接骨院についてとなりますが、これは整骨院という呼称を使用している施術院もあることから、上記の整体院と混同されやすい部分があります。

整体と大きく違う点として、接骨院や整骨院では柔道整復術と呼ばれる治療行為が行われているのが特徴で、リラクゼーションを主なサービスとして営業されている施設ではありません。
この柔道整復術については柔道整復師と呼ばれる国家資格も存在しており、医師以外に唯一治療行為を認められた資格となっています。

そのために接骨院や整骨院は柔道整復師の資格を持っていない方には開業することが法律上許可されていません。

治療行為が可能ということから保険を適用することができるのも特徴です。
医師とは違って重篤な症状に対する治療行為はできませんが、主に外傷、例えばねんざや骨折、脱臼、打撲などの治療を行うことができます。

次ページ鍼灸院の特徴とは