鍼灸の効果とよくわかる基礎知識

私は体調が悪いときに鍼灸治療のお世話になっていますが、周りではまだまだあまり浸透していないようです。
鍼灸(針灸)について、全く聞いたことがないという方にもわかるように、基本的なことから紹介していきますので、これを機に鍼灸治療に興味を持っていただければ幸いです。

鍼灸の概要

鍼灸(針灸)とは、中国発祥の伝統的な治療方法です。今から約2,000年前には治療法は確立されていたと言われているので、数千年の歴史がある治療方法です。
鍼(はり)や灸(きゅう)を使用して、体のツボを刺激します。そうすることで、人間が本来もっている自然治癒力を向上させます。
鍼は専用の鍼、灸は蓬(ヨモギ)の葉から精製した艾(もぐさ)を使用しています。発祥の経緯は諸説ありますが、いまだに明らかになっていません。

刺す部位とすえる部位

鍼灸は、人間のツボを刺激して自然治癒力を高める治療法です。その為、通常はツボを狙って鍼を刺したり灸をすえます。例外としては、血管や神経を狙う
治療法もあるようです。血管や神経はツボと重なる部分もあるのですが、全くの別ものです。
古くから伝わる治療法を守る為、ツボを狙って刺激を与えていく鍼灸師がほとんどです。しかし、筋肉や神経の走行など、解剖学的な角度から考えて治療をする
鍼灸師もいます。この場合には、ツボの概念は全くありません。

東洋医学と西洋医学に基づく鍼灸

鍼灸は、東洋医学的鍼灸、西洋医学的鍼灸の2つ分けて考えられることがあります。東洋医学的鍼灸はツボを狙った治療法、西洋医学的鍼灸は解剖学に基づいた
治療法でツボを狙わない方法です。
解剖学的な思考は西洋だけでなく東洋にも存在しており、むしろ、西洋より東洋の方が解剖学的な思考が発展していたという説もあります。
西洋と同様に、東洋でも人体解剖は行われていました。その為、解剖学的な思考を西洋医学に結びつけるのは、浅はかだと思います。
多くの関係者が主張するように、中国や日本の医学関連の古典に解剖学図が存在しないのは事実です。しかし、人体解剖が行われていたのは事実であり、古典などの
資料に残っていないという理由だけで、東洋医学は解剖学的な思考は全くないとは言えません。ツボと解剖学的な思考は、並列関係にはありません。
ツボは解剖学的な思考から築き上げていった、人体(生命活動)の認識手法だと考えられます。その為、解剖学は構造的認識、ツボ(経穴学)は生命活動認識と、
全く別ものの学問です。

そもそもツボとは何か

正式名称は経穴(けいけつ)と言います。その為、つぼは俗称です。ここでは、ツボを分かりやすく理解する為、鉄道に例えてご説明します。
線路=経脈、駅=経穴、電車=血、人=気とお考え下さい。

・経脈(けいみゃく)
鉄道で言う、線路に相当します。経脈は、人間の体内で循環している物質やエネルギーの通り道となっています。都会と田舎で路線の数、面積に対する密度が違うように、
人間の体内でも経脈の密度は異なります。鉄道の地下鉄に相当する、深い部分を走る経脈も存在します。正経(せいけい)、奇経(きけい)と呼ばれる路線もあります。
正経は12本の路線で構成されていて、それぞれ連結されています。その為、一つの循環システムが形成されています。奇経は8本の路線で構成されています。
また、絡脈(らくみゃく)と言う、経脈間を繋ぐ線も存在します。これは、路線の間を走るタクシーに相当します。経脈は人体を縦に走っています。絡脈は経脈を繋ぐ役割を
担っています。この、経脈と絡脈を合わせて経絡(けいらく)と呼ばれています。

・経穴(けいけつ)
鉄道で言う、駅に相当します。駅は、電車が停車し、人が乗り降りする場所です。鉄道を利用する場合、必ず駅に行く必要があるように、
経脈を利用するには、必ず経穴を使う必要があります。駅には時刻表があり、その時刻表通りに電車が動いているように、経穴は経脈の流れをコントロールする要に
なります。病気の治療や体調管理の為にツボを使うのは、この為です。

・血(けつ)
鉄道で言う、電車に相当します。血は、人間の体内を流れている、赤い液体のことを言います。血液とほぼ同じ意味と考えて問題ありません。血液中のヘモグロビンは
酸素を運ぶ役割がありますが、それと同じように血は気を運ぶ役割があります。気は血がないと経脈を巡ることはできないので、血と気は大切な関係にあります。
人は鉄道以外の移動手段があるように、経脈を通らずに移動する気も存在します。

・気(き)
鉄道で言う、人に相当します。気は人体に指令を出すことで生命活動が行われています。人間が鉄道の管理をしているように、気は経脈の流れを管理しています。
また、気は経絡、経穴、血の3つの物質に支えられて活動しています。気は物質として活動することも認識することもできません。よく言われる「気を感じる」
というのは、心の動きや第六感的なものであるので、医学的な意味とは全く別ものです。この「気を感じる」というのは、東洋思想が生んだ一つの概念と
お考え頂ければ問題ありません。(関連≫気とは何か?)

・まとめ
ツボ(経穴)は診断に使われることがあります。それは、循環システムの変化が一番現れやすいポイントだからです。その為、循環システムを整える最適なポイントでも
あります。ツボは疾病の反応点、診断点、治療点と言うことができます。ツボを鉄道に例えてご説明しましたが、鍼灸師は鉄道で言う、鉄道システムを管理する
鉄道マンに相当します。

診察方法

診察方法には、4つの基本的な方法があり、それらは四診と言われています。

・望診(ぼうしん)
目で見て分かる情報で病状を判断することです。患者の姿勢や顔色などを見ています。望診は、患者が院内に入ってきた時から始まっています。

・聞診(ぶんしん)
耳や鼻で分かる情報で病状を判断することです。患者の声、体臭などの情報で判断しています。病気によって特殊な臭いを発する場合がある為、体臭も
一つの判断材料になります。

・問診(もんしん)
会話をして病状や病歴を聞きます。ここで病状を整理したり、患者の生活環境と病状の関係性などを医師が把握する為の大切な工程になります。
どのような病状なのか、それによってどのような悩みがあるのかなど、たくさんの情報を聞き出すことができます。

・切診(せっしん)
別名、触診とも言います。患者に触れることで分かる情報を集めます。「切」という字が使われているのは、元々「触れる」という意味があった為です。
触れることでとても多くのことが分かる為、四診の中で最も重要な工程になります。

鍼灸はなぜ効くのか

鍼も灸も、目的は、経脈の流れを整えることです。気血の流れが悪くなってしまうと病気に繋がりやすいと東洋医学では考えられています。
経脈の流れを整えることができると、人間の体内の循環システムを整えることに繋がります。
循環システムを整えることというのは、自然治癒力を高めるということに直結します。

なぜ痛みが軽減するのか

そもそも、痛みは経脈の流れが悪くなったときに発生すると考えられています。痛みのパターンは2つ挙げられます。
1つ目は、流れが悪くなり、気血が滞っている状態。これを実痛(じつつう)と言います。2つ目は流れに勢いが無くなり、
気血が不足している状態。これを虚痛(きょつう)と言います。実痛は、滞っている気血を散らすことが治療になります。
虚痛は、流れの勢いを取り戻すように誘導させることが治療になります。

間違えた認識

・鍼灸=高齢者
鍼灸と聞くと、高齢者が受けるものだとイメージする方は少なくありません。しかし、実際には鍼は乳幼児から受けることができます。乳幼児に対しては
針状のものは使用せず、擦ったり撫でたりする道具を使用するケースが多いです。灸は乳幼児に対してはほとんど行われていません。
また、高齢者が受けるより若年者の方が効果が出やすいです。高齢者になると、自然治癒力のレベルが低下している為、若年者の方が効果が出やすくなっています。
その為、どちらかというと高齢者よりも若年者のほうが効果を感じやすいと言えます。

・痛みや熱さ
鍼灸というと怖いというイメージがあるかもしれません。痛いのではないか、熱いのではないかというのが治療を受けたことのない方のイメージです。
しかし、痛くて熱い治療では、受ける人がどんどん減っていくに違いありません。それでもいまだにこの治療法が生き残っているのは、
痛みも熱さもないということです。現在では、鍼は最小限でとても繊細に作られています。注射針とは作りが違います。鍼の種類もたくさんあり、
治療する部位によって使い分けられています。灸も種類が色々あります。艾(もぐさ)の種類を使い分けることで、熱すぎて火傷しないように
工夫されています。直接肌にすえる灸を透熱灸と言い、これはとても小さなものです。鍼灸は痛くも熱くもなく、受けたらとても気持ち良い刺激と
感じることができると思います。

鍼の種類

鍼は大きく分けると2種類あり、刺す鍼と刺さない鍼に分けられます。

・刺す鍼
鍼の材質、太さ、長さによる違いがあり、様々な種類があります。
まず、材質は一般的にはステンレスです。ステンレスの鍼は使い捨てです。その他、金や銀の鍼がありますが、これらは使い捨てをしません。消毒をすることで
使いまわしますが、消毒には手間がかかります。金や銀は高級で人体にやさしい素材として知られています。
太さは最も細いもので直径約0.12mm、太いもので直径約0.24mmと幅があります。これらは日本の鍼の太さです。本場中国には、さらに太いものがあります。
長さは、最も短いもので約1cm、長いもので9cmあります。1cmの鍼では、実際に使用する場合1mm~5mm程度までの範囲を使用します。
9cmの鍼では8cm程度の範囲を使用します。鍼は長さ分の全てを刺すことはありません。また、9cmの鍼を使用することはほとんどありません。
だいたいの場合が5cm以内の鍼を使用します。人間の体に刺す深さは4cm程度です。
当院では1cm~4cmの鍼をよく使用しています。人間の体に刺す深さは3cm程度です。皮内鍼という、数ミリ程の鍼を体に刺したまま放置するという
種類もあります。

・刺さない鍼
子供は特に鍼に対して恐怖心を持っています。そんな子供の為に小児鍼という種類があります。これは、押したり転がしたり叩いたりして
使用します。体に刺すことはないので、痛みは全く感じません。また、使用する際には子供に恐怖心を与えない為、鍼灸師が隠して使用することが
ほとんどです。てい鍼と呼ばれる鍼もあります。これは、小児や抵抗のある大人に使用します。このてい鍼を上手く使って
様々な患者に対応する鍼灸師も存在します。

・補足
どの鍼を使用するかは、鍼灸師によって異なります。多くの鍼を使いこなす鍼灸師から、少ない鍼で色々な症状の患者に対応する鍼灸師まで様々です。
一概にどちらが良いと言うことはできず、使用する鍼の種類で鍼灸師の良し悪しを判断することはできません。

灸の種類

灸は皮膚にすえるものとすえないものの2種類に分類されます。

・皮膚にすえるもの
基本的には小さな灸を使用します。透熱灸と言われています。これは、ツボの反応を利用した方法で、反応が顕著に現れます。
使用する際には、患者が火傷しないように注意する必要があります。イボやウオノメの治療で意図的に火傷させる方法がありましたが、
最近ではこのような治療法は行われていません。

・皮膚にすえないもの
心地よい温かさを感じることができます。温めることを目的として使用するので、皮膚にすえるものに比べて効果もそこまで顕著には現れません。
皮膚にすえないものの中で2種類に分類すると、灸(火)と皮膚の間にものを入れて熱を緩衝させる方法と、灸と皮膚を離して使用して温める方法があります。

鍼と灸の効き方の違いとは

・鍼の効果
気血の流れが滞っている方に効果的です。鍼は気血の流れを改善することができます。
鍼の種類によって刺激の強さや鍼を刺す深さなどを調整できます。鍼の種類が豊富なので、鍼灸師によって使い方や効果が異なってくるというのも特徴の一つです。
多くの鍼灸師は、鍼をメイン、灸をサブとして治療をしています。

・灸の効果
熱を与えることで、冷えの改善に繋がります。使用方法によっては。炎症を抑える効果もあります。
皮膚の表面に刺激を与えることはできますが、鍼と違って深いツボに刺激を与えることはできません。
種類によっては家庭で使用することもできるので、慢性的な病気の治療に効果的です。