マッサージ前後に飲むお酒は危険!?お酒とマッサージの関係性をご紹介します

お酒を飲んだとき、マッサージってしていいのか迷いますよね。
会社帰りや飲み会、旅行先の旅館や近所の健康ランドでも飲酒する機会って結構ありますが、飲酒前後に時間を作ってマッサージに寄る方が増えています。
実は、このお酒とマッサージの関係がとても危険なんです。今回はお酒とマッサージの関係性についてご紹介致します。

マッサージ前後にお酒って飲んでいいの?

あなたはマッサージとお酒と聞いてどんなことをイメージしますか?ふたつともまったく別の物なのであまり結びつかないかも知れませんが、リラックスして気持ち良くなるものという感じでしょうか。お酒とマッサージにはふたつとも血行促進を促して、血流を良くする効果があります。ひとつひとつは健康にそれほど悪影響を与えることはありませんが、マッサージ前後の飲酒に関しては血行が良くなることでアルコールが全身に回り過ぎてしまい酔いやすくなります。
アルコールによる急激な危険症状を引き起こす可能性がありますので、気をつけながらお酒とマッサージは別で楽しむ方が良いでしょう。

お酒

引用https://www.shutterstock.com

マッサージ前後にお酒を飲むとどんな症状になるの?

マッサージ前後にお酒を飲むと危険症状を引き起こす場合があると分かりましたが、具体的にはどんな症状になるのか気になりますよね。
「私はお酒が強いから大丈夫!」と過信しすぎると大変なことになる場合がある参考にしてみてくださいね。

アルコール中毒を引き起こす

お酒とマッサージによる症状で1番注意が必要なのが急性アルコール中毒です。マッサージをすると血行促進して体が温まりますが、その前後にお酒のアルコールを摂取すると血流が良くなっているので血液中にアルコールが早く増加してしまいます。血中のアルコール濃度が急に増加すると急性アルコール中毒を引き起こす可能性が高くなります。急性アルコール中毒になると、呼吸困難や誤飲でのどを詰まらせたり急に目の前が真っ暗になって意識消失になるなど「死」につながる場合があります。

頭痛、めまい、吐き気がする

お酒を飲んで頭痛やめまい、吐き気などを経験したことがある方は多いはず。お酒の量や体調にもよりますが、マッサージで血行が良くなった状態ではアルコールが全身に回りやすく、血中のアルコールが肝臓で分解されるときアセトアルデヒドと言われる有害物質を生成することで頭痛やめまい、吐き気の症状が引き起こされます。

むくみやすくなる

お酒を飲むと頻繁にトイレに行きたくなることってありますよね。これは、アルコールを摂取することで尿の排出をコントロールしている抗利尿ホルモンの働きを低下させてしまうからなんです。摂取したアルコールの水分を尿として大量に排出するため、体は脱水状態になってしまいます。この結果、失われた水分を補おうとまた多くのアルコールやお茶などを飲んでしまい、逆に水分の取りすぎになりむくみの原因になるのです。

むくみ解消のリンパマッサーについて知りたい方はこちらの記事がおすすめ☆

足をおさえている女性

引用https://www.shutterstock.com

次の日揉み返しで体が痛い

マッサージのみであれば、押したり揉んだりの施術は全身の硬くなった筋肉のコリをほぐし、血流を良くしてリラックス効果を高める気持ちの良いものです。ですが、お酒を飲んだ後は感覚神経が普段よりも鈍くなることが多いので、施術中の痛みや効果を感じにくくなります。また、アルコールにより血管が拡張した状態では施術することで逆に体がだるくなってしまう場合があるのです。このためマッサージの翌日は揉み返しの痛みに悩まされることになるのです。

お酒とマッサージによる症状の改善方法は?

もし、お酒とマッサージで体に影響を及ぼす症状が出てしまったら、早めの対処をして改善したいですよね。手軽にできて予防や改善に役立つ方法がありますので試してみて下さい。

水分補給をする

お酒により酔いが回ってしまったら、水分を補給することが大切です。
症状にもよりますが脱水症状の改善には体への吸収が早いスポーツドリンクがおすすめです。また、アルコールの分解を促進してくれるしじみの味噌汁も効果的ですよ。
お酒を飲んだときに引き起こる頭痛の原因は、お酒により血管が拡張するため。その際には、カフェインを摂取して血管を収縮することで症状の改善が期待できるコーヒーやお茶もいいでしょう。また、予防としてお酒を飲む前にコップ1杯の水を飲んで水分補給したり、サプリをあらかじめ飲んでおくのも良い手です。

頭など患部を冷やす

先程述べた、血管の膨張により引き起こされる頭痛の改善方法には、濡らしたタオルなどで頭の痛い部分を冷やすこともおすすめです。
冷やすことで拡張した血管が収縮されて症状が治まることが期待できるので試してみて下さいね。

翌日にエステサロンやマッサージに行く

マッサージ前後のお酒は体に悪影響を与える場合がありますが、翌日に行くエステやマッサージは効果的でおすすめですよ。アルコール摂取により水分を取りすぎた結果、翌日にむくみが出てしまう方は多いのではないでしょうか。むくみは体内の余分な水分や老廃物なので早めに改善したいものです。エステやマッサージでは、リンパマッサージで血流を良くして利尿作用を促したり、フェイシャルやフットマッサージなど気になる箇所を集中的にケアして、体に溜まった毒素を排出しやすくしてくれます。

全国のリラクゼーションサロン検索&予約なら【EPARKリラク&エステ】がおすすめ。
オトクなキャンペーンもやっているので安くマッサージが受けられます。

【EPARKリラク&エステ】

フットマッサージ

引用https://www.shutterstock.com

マッサージ前後に飲むお酒の注意点は?

特にお酒の弱い方は少しのアルコールであっても体内で分解する能力が他の方と比べて低い場合があるので、マッサージとの組み合わせは極力避けるようにして、危険を回避することをおすすめします。

まとめ

お酒とマッサージの関係性について色々紹介してきましたが、今まで知らなかったという方もいるのではないでしょうか?
私も「少しくらいなら大丈夫かな?」と組み合わせをしてしまったことがありましたが、確かに頭がぐるぐる回ってふらふらした経験があります。
お酒を飲むとむくんで足が痛くなったりしてついマッサージに行きたくなりますが、飲んだその日はなるべくであれば避けましょう。
そして翌日などにサロン予約をして、しっかりとむくみや疲れをケアしてあげてくださいね。

リラビーではあなたの街のリラックス情報も掲載しています☆
【リラビートップページ】