「鍼灸」と「針」って違うもの?

鍼灸と針は違う?

鍼と針の違いとは?

「はり」というと通常は「針」と書くのが普通ですが、鍼灸治療などの「はり」は「鍼」と書くのが一般的です。この違いはいったいどこにあるのでしょうか?そこでここでは少し「鍼」と「針」の違いについてご説明します。

鍼灸治療は「はり・きゅう」治療のことであり、「鍼灸」と書いて「はりきゅう」と読めますが、一般的には「しんきゅう」と読まれています。そもそも、なぜ「針」ではなく「鍼」という感じが使われるようになったのでしょうか。
意味としてはどちらも「はり」を表します。同じ意味で読み方も同じなのに2つ感じが存在しているのは、少し不思議に思われるかもしれません。

実は、現在日本の治療用の「はり」は「鍼」の文字に統一されています。日本鍼灸師会や全日本鍼灸マッサージ師会でも公式に発表されている文書上で、「鍼」と記載されています。
その為、日本の「はりきゅう」治療は「鍼灸治療」に統一されているということになります。
「鍼」と記載されている場合には、治療の「はり」を表し、「針」と記載されている場合には、その他の縫い針や注射針などの針を表しているということになります。

一方、中国では全て「針」という漢字で統一されています。実際には簡体字を使用していますが、ここでは省略します。
日本の鍼灸師や鍼灸の学生にとって、治療で使用する「はり」は「鍼」と区別されています。
その為、日本の鍼灸関係者にとっては「鍼」というと直径0.2ミリ前後の非常に細いものと認識があり、「細いもの」「やさしいもの」という印象を持っています。

「針」の漢字のイメージは「縫い針」です。その為、「鍼」とは逆の「太いもの」「痛そうなもの」という印象を持っています。一般の方の中でも、特に鍼灸治療を受けたことがない方は「鍼」でも「針」でも痛そうなものという印象があるようです。

鍼灸で使用する「針」は素材、形状などが工夫されています。それは、身体への負担を少なくする為です。
次に、鍼灸治療で使用する「針」と、裁縫針や注射針の違いについてご説明していきます。

針の素材

鍼灸治療で使用する針の素材は、ステンレス、銀、金の3種類です。一般的には、ステンレス製の針が使用されています。

このステンレス製の針は、鉄、クロム、ニッケルなどが合成されていて、錆びにくい特徴があります。
また、刺しやすく折れにくい特徴があり、扱いが容易です。価格も安く、滅菌処理をする場合にも耐久性に優れているのが良い部分です。
その反面で、金、銀と比較すると、刺したときに痛みを感じやすいです。ステンレスは、柔軟性、弾力性に少し劣るという悪い部分もあります。

銀を含んだ銀鍼と金を含んだ金鍼は、柔軟性、弾力性があり、刺した時の痛みが少ないという特徴があります。
そして、身体に馴染みやすいという特徴もありますが、耐久性が無い、価格が高い、扱う際に技術が必要という短所もあります。特に、金より銀の方が安いのですが、錆びやすい為手入れを頻繁に行う必要があります。

ステンレス、銀、金以外にも、アルミ鍼があります。アルミ鍼はあまり普及していませんが、軽くてたわみが少ないという特徴があります。灸頭鍼という針の上にもぐさをつけて使用する手法に適しています。

注射針との違い

・針の太さ

鍼灸で使用する針と、注射針では太さに差があります。その為、鍼灸で使用する針は刺してもほとんど痛みがありません。
注射針は、採血などで使用される一般的なものは、0.7~0.9mmの太さがあります。鍼灸の針はよく使われている太さで0.14mmと、注射針の3分の1以下の太さになります。
針が細ければ細いほど、針を刺した際の皮膚の抵抗が少なくなる為、痛みも少なくなります。

鍼灸の針の太さは、0.14mm(0号)が一番細く1号上がるにつき0.02mmずつ太くなっていきます。一般的に治療で使用されている太さで0.34mm(10号)までとなります。
中国の針では、0.46mmまで使用されているようで、ヨーロッパではさらに太い針が使用されているようです。
また、使用する針の太さは、治療する箇所によっても変わってきます。顔など繊細な箇所には細い針、肩や腰など大きい筋肉の箇所には太めの針を使用します。
それだけでなく、施術者が患者の症状や体調も、使用する針の太さの判断材料になります。

先端の形

針の先端の形にも工夫が成されています。注射針は、液体を体内に注入するため、中は空洞で先が尖っています。
鍼灸の針はその必要がないので、先端は丸く、痛みを感じにくい構造になっています。